fbpx

iPhoneに「ハッカーに追跡されています」が出たら?原因と解決策を実際の画面からやさしく解説

iPhoneの偽警告詐欺「あなたのiPhoneはハッキングされています」に注意
iPhoneのブラウザを乗っ取って「ハッカーに追跡されています」「ハッキングされている可能性があります」などの偽警告を出す不正広告詐欺が多発しています。
結論から言うと、iPhoneの方はiOSの厳重なセキュリティのおかげで、大きな危険はありません。
「実際にクリックしたら」の実例と共に、被害の実態や原因、偽警告表示を削除する方法、またもしも「インストールしてしまったら?」まで、やさしくお答えします。
「この記事の対象機種はiPhone、iPad」です。
Androidやパソコンでの同様の警告は緊急性・危険性が高いため、下記の記事をご覧ください
しつこい広告は「Load28.biz」にやられているのかも!不正な通知の削除方法と対策は?
対策を探して「ハッカーに追跡されています」「ハッキングされている可能性があります」などで検索すると、信頼性の低いセキュリティーツールを勧誘する海外サイトが複数出てきます。十分にご注意ください!
/ins>

iPhoneに突然表れる「ハッカーに追跡されています」はなんだ??

サイトを見ていると突然現れる「ハッキングの警告」をクリックしてみると?

iPhoneの偽警告「お使いのiPhoneがハッキングされている可能性があります!最近疑わしいサイトを閲覧したため、サーバー犯罪者による隠されたスクリプトを介してこのiPhoneにある個人データが窃盗された可能性があります。個人データが窃盗されると、犯罪者はこのApple IDにリンクされているその他すべてのAppleデバイスにアクセスできるようになり、デバイスは脆弱になります。何も対処しないとお使いのデバイスが本日ブロックされる場合があります。」

iPhoneやiPadを見ていて突然現れる

「お使いのiPhoneがハッキングされている可能性があります」

「ハッキング警告」「ハッカーに追跡されています」

の警告は、はたして本物でしょうか?

真偽を確かめるため、安全なテスト環境で、警告通りに「OK」をクリックするとどうなるか?確認してみました。

どのボタンを押しても同じで、画面は先に進んでしまいます。

iPhoneに突然現れる「ハッカーに追跡されています」をクリックしてみたらどうなる?

  1. ご使用のiPhoneがハッキングされました。デバイスでのすべての操作がハッカーにより追跡されています。すぐに対処が必要です。→「OK」
  2. ご使用のiOSデバイスに関する重要な通知をお読みください。→「OK」
  3. ハッカーに追跡されています!ご試用のiPhoneの接続がハッキングされ、誰かに追跡されています。このページを閉じないでください。この問題が2分以内に解決されない場合、ハッカーに身元が明かされ、閲覧履歴やフロントカメラの写真がすべての連絡先に送信されます。→「接続を保護」
  4. 推奨保護アプリをインストールするため、AppStoreにリダイレクトされます。インストール後、アプリを開いてiPhoneを修理します。→「OK」

結局、iPhoneの公式アプリストアApp Storeに誘導される

「推奨保護アプリをインストールするため、AppStoreにリダイレクトされます。インストール後、アプリを開いてiPhoneを修理します」の偽メッセージ
クリックしていくとアップルの公式アプリストア「App Store」の、特定のアプリに誘導されました。

もちろん詐欺サイトではなく、正しいApp Storeです。

しかし、すすめられたアプリは??

 

インストールをすすめられたのは、あやしいアプリ

一見、安全で便利そうなアプリだが?

インストールをすすめられたのは、セキュリティとは無関係の「安全にWifi接続のために使うVPNアプリ」「書類を撮影してFAXするスキャナーアプリ」そして「広告をブロックするアプリ」です

もちろんすべて公式ストアの「公式アプリ」です。

しかもアプリの説明だけ見ると、役に立ちそうで評価の平均も高く、感謝のユーザーレビューばかりが目立ちます。

しかし、、、?

iPhoneに突然現れる「ハッカーに追跡されています」をクリックしたら怪しいアプリのインストールをすすめられた不審なアプリ

Appleから「ユーザー保護強化の情報未提供」の警告が表示されている

しかし、どのアプリも、下にスクロールしてみると、「Appのプライバシー。個人情報の取り扱い提供されていません」とアップルからの注意・警告が表示されています。

iPhoneに突然現れる「ハッカーに追跡されています」をクリックしたらインストールをすすめられた不審なアプリはアップルからの警告がついていた

ここは決して見逃してはいけません

この注意は、このアブリが、「2020年12月8日以降アプリ開発者に求められることになったユーザー保護強化の情報提供」に未対応なことを示しています。

「新規アプリは提供開始時」、また「以前から公開されていたアプリは次回のアップデートまで」に、アップルが求める情報を提供することが必須となっていますが、このアプリはまだ提供していないと警告しているのです。

Appleは以前より、「ユーザーの名前、メールアドレス、電話番号、位置情報といった個人情報」は慎重に扱ってきましたが、一層扱い方を明確にするために、「Appのプライバシー」の表示をアプリ制作者に義務づけました。

かなり前から、情報提供を求められていたのに「いまだに手を付けていないアプリは、目的や個人情報の扱いについて信用できない」可能性が高いです。

有名アプリでも、この注意表示は多く残っていますが、制作元が信用できない無名アプリの場合は十分な注意が必要です。

 

さらにレビューを詳しく調べるとあやしいアプリ!!

高評価のレビューも、機械翻訳を使ったような不自然な日本語で、明らかに「ヤラセ」レビューと分かります。
さくらレビュー

さらに低評価の★のレビューを見ると、苦情や非難ばかりで、

「便利な機能は見せかけで、実は広告目的、ユーザーに高い課金を強いるグレーなアプリ」

と分かります。

上の「アップルからの警告」とあわせて考えると、インストールしてはいけないアプリと判断すべきです

不正なアプリへの批判レビュー「絶対インストールしないでください。詐欺です」
不正なアプリへの批判レビュー「Appleに報告しました。サイドボタンを押させて課金させます」」

 

iPhoneの「ハッカーに追跡されています」は偽警告、「警告詐欺」だった

警告はすべてウソ、安全なiPhoneには一切危険はない!

上記の検証から、iPhoneに突然現れる「ハッカーに追跡されています」は、

「不正に広告に誘導し、グレーなアプリに誘導することでアフィリエイト収益をもくろむ不正な偽広告だ」

とわかりました

つまり「2分以内に」「身元が明かされ」「すべての連絡先に送信されます」は、すべてあなたを惑わせて、アプリをインストールさせるためのデタラメに過ぎません。

不正な広告で誘導されたアプリは決して入れてはいけない!

広告代でアフィリエイト収入を得ること自体は合法で問題ありませんが、偽の警告で誘導することは明らかに不正です。

またこのような不正な手段で誘導されるアプリが正しいもののはずがありません。

「しつこい広告を出す」「不必要なサブスク課金を要求する」などの被害につながります。

決して相手にしてはいけません!

 

iPhoneの詐欺警告は巧妙で、アンドロイドより信じてしまいやすい!

偽警告を出す手法は、「警告詐欺」と言われるポビュラーなものですが、iPhoneの偽警告は、Androidやパソコンに表示される、下のようなあやしいニセ表示とはずいぶん異なります。

警告詐欺が出す偽のウイルス感染

iPhoneはセキュリティが厳重で、偽造された画像を簡単に表示させる事が出来ません。

そこで犯人は、iPhoneのOS(iOS)に含まれているデザインや機能を使って、偽警告を出してきますので、一見すると本物のようです。

うっかりするとだまされてしまいますので、十分にご注意ください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

ネットをしているとiPhoneの画面に突然「お使いのiPhoneに○件のウイルスが検出されて、システムは破損しています」などの警告が現れることがあります。これらはアプリの広告収入目当ての偽警告なのであわてないでください。しかし、警告の先[…]

では、

「警告は本当に心配はないのか?」

「うっかりインストールした」「課金してしまった」

「どうしてこんな広告が出でくるのか?使い方が悪いのか?」

「どうしたらこんなイヤな警告を見ないで済むのか?」

など、偽警告への対処方法は次のページをご覧ください