fbpx

iPhoneは安全?Androidと比較してiPhoneの安全性の高さを知ろう

iPhoneを安心して使うイメージ
スマホ選びは価格や性能スペックだけでなく「安全性」についても比較しましょう。「iPhoneはAndroidスマホと比較して安全だ」と言われます。
「Androidでは注意すべきアプリ権限の許可がiPhoneでは安全な理由」「iPhoneではバックグラウンドでの位置情報の使用を許可メッセージがどうして出てくる?」などiPhoneとAndroidの違いを安全性の観点から、乗り換え・移行検討の参考にもなるよう、やさしく解説します。
/ins>

Androidはアプリの権限に注意が必要。iPhoneは?

先に「Androidのアプリ権限」についてご説明しました

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

Androidスマホを使っていると、しばしば「権限を与えることを許可しますか?」のメッセージが出てきます。よく読まずに「許可」してしまいますが、本当にそれで良いのでしょうか?スマホには「便利と引き換えで個人情報を渡している」というリスク[…]

アプリの権限とは?わからなくて不安

Androidスマホに新しいアプリをインストールする時、「このアプリに○○の権限を与えることを許可しますか?」と聴かれますが、「安易に許可すると危ない」のです。

なぜならAndroidアプリは「ユーザーの許可」さえもらえれば、アプリ側がデータを勝手に使う事ができてしまうからです。

Androidでは、アプリ権限許可は、データを悪用されるリスク避けるため、慎重に判断しなければなりません。

ただしこの説明はAndroidスマホについてのみが当てはまる内容で、iPhoneは仕組みが全く異なり、iPhoneにはこのような危険は少ないです。

本日はiPhoneのアプリ権限だけでなく、Androidとの設計思想の違いから、iPhoneとアプリの高い安全性についてご説明します。

公式アプリは厳しい審査を受けているはずだが、、、、

iPhoneとAndroid。公式アプリの違い

iPhoneとAndroid、どちらも所定の審査を通過したアプリだけを公式アプリとして、

  • Androidは「Google Playストア」
  • iPhoneは「App Store」

で配布しています。

一見同じように見えますが、アプリ配布前の審査の内容はiPhoneとAndroidでは大きく異なります。

実は審査の厳しさはAppleの方がはるかに厳しく、アプリの権限だけでなく、さまざまな項目がチェックされて、不審なアプリはまず採用されません

Appleのアプリ審査は厳しい

Appleは、創業者のスティーブ・ジョブズの強力なリーダーシップにより、「スマホもOSもすべて自社Apple製品だけで固める」という「垂直統合」事業モデルを採用しています。

iPhoneだけでなく、Appleが生産するパソコンや周辺機器に至るまでこの考え方は徹底しています。

たとえ充電用ケーブルでも、Appleの審査を受けてアップルの指定した部品を使ったものが「Apple MFi認証」製品として販売されているほどです。

iPhoneはこの原則がもっとも強く貫かれている製品です。

しかしアプリだけは、多種多様なアプリを早期に揃えなければユーザーの期待に応えられません。
Apple自らだけのアプリ開発はあきらめ、外部での開発も解禁しました。

それでも「あくまで自社製品に準ずる厳しい審査を通過したアプリだけを公式アプリとして配布する」というAppleの思想が強く反映されてています。

Appleの独自の審査基準

Appleは以下5つの観点の審査基準をガイドラインとして明文化し、「アプリ開発者が守ること」を、具体的に詳しく説明しています。。

またアプリの審査は、すべてApple社員が手作業で「ガイドラインに沿っているか」を慎重にすすめています。

そのためiPhoneアプリの審査には長い時間がかかると言われています。

  1. 「安全性」
    被害を出さないか。人種、宗教、暴力等の問題を助長しないか。子供向けの配慮はあるか。
  2. 「パフォーマンス」
    動作の安定しているか、機能は正しいか。不要・不正な機能はないか
  3. 「ビジネス」
    課金内容やアプリ内広告は正当か
  4. 「デザイン」
    Appleらしいデザインか、独自性があり他の模倣でないか
  5. 「法的事項」
    使用される各国の法令を守っているか。プライバシーの配慮・正しいデータの使用をしているか

かなり厳しい審査のため、アブリが一回で審査を通過することはまれ。
しかも「約4割のアプリは再審査の結果。最終的に却下されている」とも言われています。

またアプリ審査を受けるためには年額99ドルの会費を毎年支払って「Apple Developer Program」に登録する必要があります。

iPhoneは公式アプリ以外はインストールできない

iPhoneのアプリはApp Storeでしか配布されておらず、iOSの仕様により、App Store以外からアプリをインストールすることは絶対にできないように作られています。

iOSの設定をどう操作しても、勝手にアプリを入れることはできません。

どうしても他のアプリを入れたい場合は、非公認の危険な手段を使うしかありません(後述)。

他にもiPhoneの安全へのこだわりは多数。しかし自由度は減ってしまった

iPhoneの安全性は、アプリの取り扱い以外にも、さまざまな面で徹底的に工夫されています。

たとえばiPhoneにはSDカードのような外部メモリーを追加することはできませんが、これも安全思想の表れです。
またアプリがおかしな動作をしたり、外部から不正なプログラムが侵入しても、本体には決して悪影響を与えないような構造もiPhoneの特性です。

しかし、その分iPhoneは自由度や拡張性は失われていて高額となっています。

iPhoneの安全性はAppleの設計思想に基づいている

上記のように、審査だけでなく、アプリを使うOSの設計思想も、Phoneはかなり安全性を考慮したものです。

Androidは自由度を高める思想で作られているため、そこまでの厳しさはなく、ここが両社を比較した場合、安全性に大きな差を生み出しています。

また以上のような厳格な仕組みは、iPhoneの安全性を守っているだけではなく、Appleの高収益を支える基盤にもなっています。

ただし、その厳格なビジネスモデルが災いして、アップルの製品は高価で自由度がないため、次第に人気が低下しています。

多くの国では、iPhoneのシェアはすでに2割を割っているところが多いです。

日本だけがiPhoneのシェアが64%とアメリカより高い例外的な国です。

Appleもこの問題は承知しており、近年安価なiPhoneも販売されるようになりましたが、なかなかシェアには反映しません。

Androidのビジネスモデルでは?

後追いのAndroidはAppleとは対照的な戦略

2007年1月世界で最初にスマホを実用化したのはAppleです。

Androidは遅れること1年半、2008年9月に誕生しました。

「垂直統合」モデルのAppleへの対抗上、

  • 「AndroidOSと規格はGoogleが無償で配布するが、搭載するスマホは各社が自由に作ることができる」
  • 「配布したAndroidOSの改造も許す」

という「水平分業」の事業モデルを採用しました。

水平分業で広げる戦略は徹底しており、たとえばまたアプリの審査にかかる費用についても、「年会費99ドルかかるApple Developer Program」に対して、Androidでは「一回限り25ドル支払いで済むGoogle Play Developer」が用意されるといった具合です。

その結果、Androidスマホは、普及機から高級機まで無数の機種が生まれ、バラエティあふれる膨大なアプリが開発されました。

その結果全世界のスマホに占めるAndroidのシェアは80%を超えました。

 

Androidアプリにも厳しいガイドラインはあるが、、

Androidのアプリ審査は以前は緩いと言われていました。

確かに人手を介さず、オンラインで審査するような時期もあったようですが、現在は強化されて人間も審査に関わっていますし、ガイドラインも明確に定められています。

それでも依然としてAppleに比較すると審査が甘いようで、不正な動作をするアプリが、しばしば研究者に発見されて指摘を受け削除するなどの問題が発生しています。

 

Androidは、公式アプリ以外のアプリもインストールできてしまう

Androidでは、決して推奨はされていませんが、今でも設定を「提供元不明のアプリのインストールを許可する」に変更することで、公式ストア以外で配布されるアプリもインストールできます

これを逆手にとって、外部のサイトに誘導して不正アプリをインストールさせようとする詐欺が後を絶ちません。

とうとう女性からの性的な誘いで不正アプリを入れされる手口も登場してしまいました。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

「人の弱みにつけ込む」は詐欺の常套手段ですが、オンラインでも多発しています。これらの詐欺は、知っていればだまされませんが、初心者や年配者といったデジタル弱者がまじめに受け取ってカモになってしまう例が多発しています。今回は主に[…]

セクストーション詐欺のイメージ

つまりAndroidは高い自由度の代償に、どうしても不正アプリが生まれる確率も高くなっています

iPhoneにも不正アプリの危険は存在する。

iPhoneの不正アプリの実際

さて、厳密な審査を通過したiPhoneでも、不正とは言えないまでも「怪しいアプリ」はまれに発見されています

アプリ自体は正しい作りで審査を通しておいて、アプリ上でガイドラインに外れる行為、たとえば「禁止されている広告を見せて、外部に誘導し、非公認アプリを入れるように誘う」手口です。

ただし普通に使っている限り、一般の方が被害を受けるようなことは考えられません。

唯一巻き込まれるとすれば、iPhoneを非公式手段で改造(脱獄)したケースです。

やってはいけないiPhoneの脱獄とは?

iPhoneの脱獄(Jailbreak)とは「非公式な方法で、iOSを改造し、非公認アプリを入れる」行為です。

脱獄は、iPhoneの知られざる欠陥(脆弱性)を利用したもので、オンライン上には脱獄を紹介するサイトや、脱獄をすすめるツールがいろいろと流通しています。

さらに「iPhoneの脱獄」を前提とした、多数の非公認アプリも配布されています。

iPhoneは審査が厳しく、Androidのようにカスタマイズができません。
たとえば、愛本の画面デザインを変えることは一切できませんが、非公認アプリを使うと、Androidのように自由にデザインに変えることもできてしまい、とても便利に使えそうに思えます。

しかし非公認アプリには、表向きの動作と異なり、陰で不正を働くようなアプリも多く、そもそも脱獄するだけでiPhoneの安全性に穴を開けることになり、大きな危険性を抱えてしまうことにもなります。

賢明な方は、決してiPhoneの脱獄に手を出してはいけません。

iPhoneを、より安全に使用するためには

念のためiPhoneのアプリ権限を確認しよう

iPhoneのアプリの権限の確認

以上のご説明の通り、iPhoneでは「脱獄」などせずに、普通に使っている限り安全です。

Androidでは注意すべきアプリの権限も、iPhoneでは、Appleが認めた正当な範囲でしか使用されないため、特に注意はありません。

しかし念のため、権限を確認したい場合は、

  1. 「設定-プライバシー」を選択し、
  2. 中に並ぶ「権限名のアイコン」を選択する

と、該当の権限を許可しているアプリを確認できます。

左の例では、「写真のアプリ」を選ぶと、写真の閲覧や書き込みを許可している、FacebookやGoogleフォト、Gmailといったアプリが確認できます。

もしも許可したくない物があれば、アプリを選択し、「なし」にすれば、権限を取り消すことができます。
しかし権限をいじるとアプリの正常な動作ができなくなってしまうことが多いため、通常は変更する必要はありません。

 

「位置情報の利用許可」の確認について

iPhoneの位置情報確認画面

またiPhoneでは2019年10月のiOS 13へのバージョンアップ以降、左の画面のように「パックグラウンドでの位置情報の使用を許可したままにしますか?」がしばしば出てくるようになりました。

Appleが、「アプリがユーザーの個人情報を使う基準を厳しくして、位置情報使用の状況について自動的に通知する」ことにしたためです。

この通知は一回「許可」にしても、定期的に表示されるようになっています。

位置情報は個人がどこに行っていたのかすべて分かってしまいますから、かなり大切な個人情報です。

それだけにAppleがそれだけ「個人情報の利用」に対して神経質なほど気を遣っている証拠です。

同様に通知される情報は以下のようなものです。

  1. ユーザーの位置を取得追跡するアプリについては定期的に通知される
  2. アプリによる現在位置の確認を「1回だけ」「使用中だけ」にも限定できる
  3. Bluetoothにアクセスしようとするアプリを拒否できる

基本的には「使用中のみ許可」で良いですが、常に位置情報を取得した方が良いアプリには「常に許可」としてください。

あまり神経質に考える必要はありませんが、「今こんな情報を提供しているんだな」と確認できる良いきっかけだと好意的に上取っておきましょう。

まとめ:
Appleの個人情報保護の姿勢は高く評価でき、子供やシニア向けスマホとしてオススメです

世の中のIT企業の中で、Appleほどユーザーの個人情報保護に気を遣っている会社は少ないです。

Appleの姿勢は徹底しており、アメリカ政府相手では「たとえテロ犯人であってもプライバシーは守る」「国からの要請でも守る」と明言して対立しています。

スマホの選択に当たっては、いろいろな選択肢がありますが、特に未成年者やシニア・高齢者など、自力でスマホの管理が難しい人たちのためにはiPhoneは適切な選択です。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

ガラケー(フィーチャーフォン)をスマホに交換させるキャンペーンを目にします。スマホの方が便利そうですが、「高齢者の皆さんにとって無理はないのか?本当に変えないと困るのか?」。シニアの方が使えなければ後悔するだけです。セキュリティや使い勝[…]

ガラケーをスマホに交換、戸惑う年配者