fbpx

今すぐFacebookに「追悼アカウント」を設定すべき理由とは?

事故や急病で急死された方のSNSアカウントがそのまま残ってしまう悲しい例を目にします。SNSは私たちのコミュニケーションの柱ですが、死後の扱いが未整備のため、備えをしておかなければ本人にも残された家族にとってもつらいことになってしまいます。
代表的なSNS「Facebook」の死後のアカウントの扱いについて徹底的に調べてみました。
ぜひご自身の問題としてお考えいただき、必須のデジタル終活として「追悼アカウントの設定」だけは今すぐ実現ください。

あなたが亡くなっても投稿は規約に縛られて、遺族は何もできません!

各種アカウントはルール上、本人以外の利用は一切禁止されている

FacebookもLINEもTwitterもSNSはもちろん、世の中の大部分のデジタルサービスのほとんどが原則としているルールが「一身専属」、すなわち「アカウントは本人のみに所属する」というルールです。

したがって、もしも本人が事故や急病で亡くなった場合は「アカウントは使用できなくなり、結果としてサービス上のデータやコンテンツは消滅してしまう」ことが原則となっています。

「形がなく、容易にコピーができる」というデジタルの特性を考えると、「プライバシーの保護」「秘密情報の保護」という点からは一身専属のようなルールは必要と思います。
しかし他の資産や財産と同様、デジタルデータと言えども価値のある情報は、本人の死後、「相続する権利も必要性」も明確にあるはずですが、現状は「一身専属」のルールを盾に例外が認められることはほとんどなく、結果的にデジタル資産の消滅に繋がっています

これは著しく片手落ちであり、不当なことと言えるでしょう!

貴重なデジタルデータや思い出が日々失われている

この頃大きな無料ホームページや無料ブログサービスの閉鎖が相次いでいます

これらのサービスには数十~数百万のユーザーが書き込んだ情報が含まれており、中にはここだけにしかなかった貴重な情報もあったはずです。しかし
「サービスの担当者がいかに価値を見いだした」としても、
 「投稿した本人の家族が価値を知って存続したいと願っても」
本人が不在となったデータを勝手に保管したり移転することはできません

結果的に膨大な量の情報が消滅してしまっています

かつて人々が記録した日常のデータは、例えば「日記」というような形で紙の上に残り、長い年月の後、貴重な資料や文化遺産として愛されている物もあります
それらに比べて、デジタルデータの扱いはあまりに乱暴で、何も考えられていないかのようです。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

2019年12月ついにYahoo!ブログが閉鎖されました。無料サービスの終了が相次ぐ中で、長い間ネット上に蓄積されたコンテンツが無造作に失われています。しかし運営側のルールや対策は未整備で今後も同様な事例が繰り返されるでしょう。「デジタ[…]

オンラインのデータを自ら守るイメージ

「一身専属」の制約を超えるには自ら備えておくしかない?

「一身専属」の是非や法律論をここで議論するつもりはありませんが、貴重なデジタル情報や個人の生きた証であるネット上の情報を「いかなる場合でも一切手が加えられない」。結果「消えても構わない」とするのは、あまりに無責任な行為です。

ユーザーにとっても人類の未来にとっても、放置されるべきではないとと考えています。

 

【次ページ:Facebookがはじめた対策「追悼アカウント」とは?】