fbpx

クリーナーアプリ、最適化アプリを安易にスマホには入れてはいけない!~広告目的の不要アプリに注意

スマホの「クリーナーアプリ、最適化アプリ、メモリークリーナーアプリ、クリーンアプリ、ブースターアブリ」などが「あなたのスマホを快適にします」との宣伝をしばしば目にします。
本当にクリーナーアプリが必要なのか?効果や意味があるのか?最新事情を元に分析すると、「広告代稼ぎが目的」のアプリや不正を働くクリーナーアプリもあり、とてもおすすめできません。
正しく安全にスマホとアプリを使うための情報をAndroidiとPhoneそれぞれについてご説明します。
/ins>

クリーナーアプリとは何か?

突然現れる「クリーンアップ」「バッテリーが発熱」などの表示は本当か?

スマホを使っていると突然、

「スマホのクリーンアップが必要かもしれません」
「スマートフォンの動作が遅い場合があり、バッテリーはすぐに放電する場合があります」
「スマートフォンを最適化するには、メモリをクリアしてください」
「あなたの携帯電話のRAMを掃除してください」
「お使いの携帯電話が弱fileで過負荷になっていることが検出されました」
「Phoneでcleanerを更新するよう推奨します」
「警告!システムが過負荷です。ジャンクファイルをクリーンアップしてください」
「デバイスの速度を低下させ、フリーズを引き起こし、バッテリーを放電し、プロセッサーを加熱します」

などの警告が表示されることがあります。

警告からは、「スマホ内に余計な物が詰まっているので、遅くなったり発熱している。すぐにクリーナーで掃除した方が良い」と読み取れ、解決策としてクリーナーアプリに誘導されます

これらの通知は、本当でしょうか?

アプリストアでも目立つ多数のアプリがある

クリーナーアプリの定義

Androidの公式ストアで無数に存在するクリーナーアプリとは、

  • スマホ内部に保存されているプログラムやデータのファイルやメモリーの内容を整理する。
  • 不要なデータを削除して、空きスペースを増やす

などの効果により、スマホをトータルに快適に使用できるようにするアプリのようです。

アプリの名称としては、

「クリーナー/最適化/メモリークリーナー/キャッシュクリーナー/クリーン/ブースター」

など、効果をイメージできる様々な呼び方のアプリが存在しています。

なおiPhoneは構造上クリーナーアプリは必要ありません。
App Storeでも配布はされていません。

 

クリーナーアプリの効果

各アプリには多数の、なぜか同じような効果についての宣伝が並んでいます。

  • スマホの容量節約
    ・・「ゴミや不要なデータ、ジャンファイルを削除」「空き領域を開放」など、
  • スマホの省エネ対策
    ・・「省電力」「バッテリー寿命改善」など、
  • スマホの高速化対策
    ・・「スマホの高速化」「RAMブースト」など、
  • スマホの発熱対策
    ・・「冷却」「CPUクーラー」など、

さらには

  • スマホのセキュリティ対策・・「無料のアンチウイルスを提供」「ウイルスのクリーニング」など、
  • スマホの動作監視・・「システムを監視」「パフォーマンスを最適化」「不要な通知をミュート」など、

などと、読んだだけではまさに「夢のアプリ」のように思えます。

 

クリーナーアプリに感じる疑問?

しかしその反面

  • 広告宣伝がやたらに目立つのはどうして?
  • 「夢のような効果があるアプリ」が、なぜこんなにたくさんのメーカーから提供されるのか?
  • そんなに効果があるなら、どうして元からスマホに入っていないのか?

など、率直な疑問や不審も感じてしまいます。

 

 

クリーナーアプリは本当に効果があるのか

スマホの不具合はクリーナーアプリでは解決しない

スマホの主な不具合は以下の4点に集約されます。

  1. 「遅い」
    ・・・スマホの動作が遅く、不安定になる事がある
  2. 「短い」
    ・・・バッテリーの消耗が早く使用時間が短い
  3. 「熱い」
    ・・・スマホが発熱して、異常な動作を起こす。
  4. 「危ない」
    ・・ウイルスや不正アプリで被害を受ける

クリーナーアプリでもこれらの「不具合を直します」と宣伝しているものが多いですが、不具合それぞれの原因とクリーナーアプリで解決できるのか?を探ってみましょう

 

1.スマホが「遅い」理由と対策

  1. スマホのCPUが遅い
    現在発売されている機種では、よほど重たいゲームアプリでも使わない限り、CPUの性能は十分なレベルです
  2. スマホのOSやアプリの不具合
    プログラムの欠陥(バク)や相性が原因で、次第に減っていますが、今後もなくなることはありません。プログラムが修正されるまで改善は望めません。
  3. スマホ内のメモリーやファイルの不整合や断片化
    かつてはデフラグ(=デフラグメンテーション)と言われて、大きな問題でした。しかし今ではOS自体が自動的に不整合や断片化を解消するようになりました。

 

「遅い」問題はクリーナーアプリでは解決できません。しばしば宣伝に書かれていますが「容量不足」は今のスマホが遅い原因にはなりません。今スマホの容量はかなり余裕がありますし、本当に容量が不足したときは OS自身が対処するようになっています。

 

2.スマホが「短い」理由と対策

  1. バッテリーの故障、寿命
    バッテリーも高性能になり容量も増えてきましたが、まだ問題は解消されていません。今後数年の間に、新しい高性能バッテリーが作られるまで変わらないはずです。しかし今の機種では「通常の使用で困るほどバッテリーが保たない」ことは、故障以外にはありません。
  2. スマホのOSやアプリの不具合により暴走し無駄な電力を消費している
    アプリのプログラムの欠陥(バク)や相性が原因のため、次第に減っていますが、なくなることはありません。アプリが修正されるまで改善は望めません。再起動することや、問題となるアプリを使用しないことで解消できます。

 

クリーナーアプリでは1.は解決できません。2.については、クリーナーアプリが強制的にプログラムを停止させることで解決する可能性はありますが、高度な制御が必要なため、クリーナーアプリが解消できるとは思えません。

 

3.スマホが「熱い」理由と対策

  1. バッテリーの故障、寿命
    まれですが、バッテリーの故障で異常な発熱をすることがあります。リチウムイオン電池の障害は爆発や火災にもつながります。個人が対処できる問題ではないため、使用を停止しメーカーに持ち込むなどの慎重な対応が必要です。
  2. スマホのOSやアプリの不具合により暴走し無駄な電力を消費している
    OSには暴走したアプリを強制終了させる仕組みが備わっていますが、まれにコントロールできなくなることがあります。その場合はスマホを再起動することで、ほとんどおさまります。
  3. CPUが酷使される重たい作業をしている。
    動画編集やゲームなどまれなケースです。そのようなアプリはプログラムに問題があるため、スマホ側では対処しようがありません。

 

この問題も2.と同様はクリーナーアプリでは解決できません。再起動しても異常発熱が治まらない場合は、バッテリーの故障の恐れがあるため、使用を停止しましょう。

 

4.スマホが「危ない」理由と対策

  1. 不正なアプリやプログラムをいれてしまった
  2. ユーザーがだまされて重要情報を漏らしてしまった
    今のスマホはかなり安全になっていますが、ユーザーがだまされて不正なアプリをインストールするのは防ぐことができません。ユーザーの意識向上が求められます。
    外部からの攻撃は、iPhoneはセキュリティはかなり高く安全ですし、Androidも信頼できるセキュリティ対策アプリを導入することでほぼ完全に防ぐことができます。
iPhoneはそもそもセキュリティアプリを導入できないため、クリーナーアプリはセキュリティに関係ありません。
Androidの場合は信頼できるセキュリティ機能を持っているアプリなら解決に役立ちますが、高い技術を持つ大手専門企業がばく大な開発費を費やして競い合っているセキュリティ分野で、「低コストな無名クリーナーアプリが信頼できるのか?」十分に考慮する必要があります。

 

スマホの初期はクリーナーアプリが必要な時代もあった

発売当初のスマホは不具合だらけ

はじめてスマホとしてiPhoneが売り出されたのは2007年、Androidは2008年です。

発売されてしばらくの間、スマホは遅くて使い物にならず、機能も限られてきました。

次第に機能が増えるにしたがい、スマホの動作は重くなり、メモリーも常に不足し、バッテリーの容量も追いつかず、しばしば発熱して、とても快適とは言えない時代が長く続きました。

上で説明した4つの不具合も常について回り、ユーザーに対処が求められました

クリーナーアプリが生まれた背景が「この不具合の多発」にあリました。
昔はクリーナーアプリを使うことで、たしかに容量が回復し、動作が速くなりました。

急速に進んだ技術革新

しかし、2015年頃を境にして、各種の技術革新が進み、スマホは急速に高性能化しました。

スマホOS「AndroidとiPhoneのiOS」がたび重なるバージョンアップによって、高性能になり、過去のものとは比べものにならないほど安定するようになりました。

スマホ本体も、数年前は想像もできなかった、パソコン並以上に高性能なCPUと十分な量のメモリーが搭載されることが普通になりました。

またアプリの「データや写真はクラウドに保存すること」が当たり前となり、本体の容量アップとあわせると、容量の悩みはほとんどなくなりました。

改善と進歩はますます進み、新OS、新機種が発表されるごとに、レベルが高まっています。

現在は、よほど格安な機種を除いては、動作に「遅い」「短い」「熱い」「危ない」の不満を持つことはなくなりつつあります。

もし、今そのような不具合があるとすれば、よほど「古い機種」か「故障の可能性が高い」と考えられます。

 

元々のスマホにクリーナーアプリが用意されていない理由を考えよう

クリーナーが本当に必要なら標準機能として用意されているはず

ご存知の通り、Android対iPhoneの競争は激烈です。

またAndroidのスマホメーカーもシェア争いで激しい競争をしています。そのような中では、そもそも「必要な機能なら、元々のAndroidOSやiOS、スマホ本体にもクリーナーアプリが組み込まれている」はずです。

そうでないということは、GoogleもAppleもスマホメーカーも「クリーナーや最適化アプリは必要ない」と考えられます。

 

 

どうしてこんなにクリーナーアプリが多いのか

クリーナーアプリの配布目的は広告収入

アプリ制作には大きな手間やコストがかかりますので、そこには必ず目的があります。

当たり前のことですが、多くのアプリは、善意ではなく、アプリに掲載される広告収入を目当てに制作されています。

広告代はたくさんの人に見られて初めて収益になりますので、「写真・動画編集」「占い」「ミニゲーム」など「少ないコストで、できるだけたくさんのユーザーを集まりそうな分野」に、同じようなアプリが集中します。

 

クリーナーアプリは「宣伝」しやすい

クリーナーアプリは以下の理由でアプリ制作者には魅力的な分野に違いありません。

  • 一昔前のスマホにあった不具合の多さがユーザーの記憶に残っている。
  • 「安全」「安心」「快適」のキーワードは初心者や高齢者など、スマホの知識が足りないユーザーに受け入れてもらいやすい。
  • アプリの開発コストが安い(後述)

その結果、アプリストアには各種クリーナーアプリが乱立することになり、どのアプリも同様な誘い文句でユーザーを募っています。

中には、「同じアプリの名称とデザインを変えただけ」のような不審なアプリも見られます。

またクリーンアプリの乱立は、ユーザー獲得のために「行き過ぎた広告宣伝」(後述)を引き起こしています。

 

 

クリーナーアプリを入れることによる弊害

クリーナーがかえってスマホの動作不良を招く危険がある

上でご説明した通り、当に必要なら標準機能に組み込むはずですが、AndroidもiPhoneも各スマホメーカーもそうしないのは、クリーナーアプリにはリスクがあるからです。

クリーナーアプリは、スマホ内のファイルやメモリーの内容をから、不必要なものを見分けて、整理したり削除します。

たしかにスマホの中には、「いつ消しても構わない、無害な使われていないファイル」もあります。

しかしその量は決して多くなく、ほとんどは何らかの役割があってファイルは作られています。

各クリーナーアプリが独自に「削除してはいけないファイル」のリストを持っていて、それにあわないファイルを削除する作りになっていると思われますが、膨大なスマホの機種やユーザーのアプリ使用状況を網羅するリストなど作れるはずはありません

その結果「削除してはいけないファイルやデータを消してしまう」危険が常につきまといます。

そこでクリーナーアプリは削除前に必ず「ユーザーの判断」を求めますが、スマホのファイル構造など知らないユーザーに削除の判断を求めることは、責任を逃れる逃げ道を示しているに過ぎません。

 

不正アプリが目立つクリーナーアプリ

詐欺広告の誘導先の多くはクリーナーアプリ

スマホを使っていると、しばしば「スマホのクリーンアップが必要」「クリーナーのアップデートをおすすめします」「システムが過負荷です」「システムのクリーニング(クリーンアップ)が必要です」などの、セキュリティ警告のポップアップや通知が出てくることがあります。

これらはすべて「ユーザーを虚偽の警告で惑わしてアプリをインストールさせ、広告収入を得る」という「警告詐欺」なのです。

詳しくは以下の当ブログ記事をご覧ください。
表示される原因や止まらない警告を削除する方法をご案内しています。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

iPhoneのブラウザを乗っ取って「ハッカーに追跡されています」「ハッキングされている可能性があります」などの偽警告を出す不正広告詐欺が多発しています。結論から言うと、iPhoneではiOSの厳重なセキュリティのおかげで、大きな危険はあ[…]

iPhoneの偽警告詐欺「あなたのiPhoneはハッキングされています」に注意
ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

Androidのスマホを使っていると「アンドロイドクリーナーのアップデートをおすすめします」とか「システムが過負荷です」「システムのクリーニング(クリーンアップ)が必要です」などのポップアップ画面が表示され、システムやメモリーのクリーナーア[…]

クリーナー広告詐欺に注意

これらの警告詐欺の行き先のほとんどは、公式ストアで配布されている「クリーナーアプリ」です。

クリーナーアプリを入れるとどうなってしまうのか?

これらのクリーナーアプリをインストールすると、

  1. 勝手に「通知領域に自身の通知バーを設定」し、
  2. 異常はないにも関わらず、ひんぱんに「CPUの温度が上がったなどの警告を通知する」ようになります。

しかも、その度にクリーナーアプリ自体を高価な有料バージョンにするようしつこく営業され、非常にうっとうしい思いをします。

不正な広告を使って誘導するようなアプリは、やはりそれだけのもの。邪魔なだけで、何も役にたちません。

クリーナーアプリをのユーザーレビューは「批判的レビュー」を必ず確認しよう

アプリの評価は「4.2」と高いですが、ユーザーレビューは「かえって重くなった」「通知が多くうざい」「ウイルスをインストールするようなもの」と非難のレビューばかりが目立ちます

この手の不正アプリは、さくらを使って見せかけの好レビューばかりを並べますので、必ず批判的なレビューを必ず確認して下さい。

 

クリーナーアプリは広告代だけが目的の不要なアプリが多数混じっている

以上の事から、ご紹介したアプリは、クリーナーとは名ばかりで、

容易にスマホから取得できる温度などのデータを使って頻繁な警告を出し、その度に掲載される広告料収入獲得を狙っている不正なアプリ

と推測されます。

もちろん、中には正しいアプリもあるでしょうが、残念ながらグレーなアプリが目立つのが現状です。

【注意・危険】クリーナーアプリはスマホの「権限」を要求する

これはiPhoneはほぼ関係なく、Androidに関する注意となりますが、クリーナーアプリはスマホの内部深くを探索するため、「スマホのデータや機能を操作するための権限」をいろいろと要求してくるものが多いのです。

当記事では詳しく説明しませんが、権限を許可するということは、そのアプリにスマホの内部やデータを自由にスマホ内を触らせることに他なりません

もしも怪しいアプリだった場合は、権限を悪用して、あなたの大切なデータを盗取してしまう可能性もあります。

この意味からも「クリーナーアプリは本当に必要なとき以外は入れるべきではない!」と考えられます。

ぜひ以下の記事もご覧ください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

Androidスマホを使っていると、しばしば「権限を与えることを許可しますか?」のメッセージが出てきます。よく読まずに「許可」してしまいますが、本当にそれで良いのでしょうか?スマホには「便利と引き換えで個人情報を渡している」というリスク[…]

アプリの権限とは?わからなくて不安

 

不正活動を行う偽クリーナーアプリも摘発されている

上記のようにグレーなクリーナーアプリについてご説明しましたが、実は過去、何度もクリーナーアプリは不正なウイルス感染などの被害を引き起こしています。

Google Play上で配信されていた「クリーナー」「ブースター」といった、スマホの機能向上をうたうアプリに、多数の不正アプリが含まれていたことが確認されました。これらの不正アプリは、2017年ごろから活動しており、合計で47万回以上ダウンロードされていました。現在これらはGoogle Playストアから削除されています。

クリーナーやブースターは、「不要なファイルの整理や削除によってデバイスのパフォーマンスを向上させる」という宣伝文句で人気のAndroid向け実用アプリです。しかし今回発見されたアプリは、「モバイル広告詐欺(Mobile Ad Fraud)」を行い、さらに別の不正アプリをダウンロードし感染させることが判明しました。解析によると、この不正活動によってダウンロードされる可能性のある不正アプリやデータは、合計3,000種に及んでいました。

■引用:トレンドマイクロis702より

 

以上の事から、当ブログの結論としては、「クリーナーアプリを入れる必要はない。むしろリスクや弊害の方が多い」です。

 

スマホの不調をクリーナーアプリなしで直すには?

最強の対策は「ときどき再起動すること」

スマホが「遅い」「バッテリーの減りが早い」などと不具合を感じたときは、「再起動する」が最適です。

スマホもパソコンも、内部では無数のブログラムが組み合わさって動いています。

通常はそれぞれのプログラムは支障なく連携して働いていますが、プログラムのミスによって、ゴミのように不具合の元が少しずつ溜まってしまいます。
そしてある時から全体の動作に悪影響を及ぼすことがあります。

こんな時は「再起動」することで、ほとんどの場合全体の不具合はなくなります。

パソコンは使用しないときは終了しますが、スマホは常に起動したままです。
特に不具合を感じなくても、1週間に1度ぐらい再起動することで、調子よく使うことができますよ。

 

キャッシュの削除は、今では必要ない

クリーナーアプリの宣伝文句には必ず「不要なキャッシュを削除」という項目があります。

スマホやパソコンのプログラムは、高速に処理するために、使用するデータをその都度ネットなどから取得するのではなく、1度使ったデータは溜めておいて、あとから使い回すようにしています。

このような仕組みをキャッシュといい、スマホの中の各種アプリもブラウザーも、普通にキャッシュデータを作って、スマホの中に溜め込んでいます。

このキャッシュデータがだんだんと増えて、スマホの容量を圧迫し「動きが遅くなる」「変な動作をする」原因になると言われていました。

しかしこれは昔のことで今のスマホでは以下のようにキャッシュについては神経質に考える必要はありません

  • スマホの保存容量が大きくなったため、キャッシュのデータ量が全体の容量を圧迫して障害になることは少なくなった。
  • スマホのOSがキャッシュを自動的に削除して、適切な量に調整する機能を持つようになった。
  • キャッシュには重要な意味があるものもあり、不用意に削除するとかえって良くないこともある。

どうしても削除したければ、クリーナーアプリを使わなくても、スマホの設定の機能で削除もできますが、通常に使っている限り必要ありません。

 

 

どうしてもクリーナーアプリを入れたいときは、おすすめアプリは?

とは言ってもどうしてもクリーナーアプリを使いたい場合は、大手の信用できるアプリ製作会社が作ったアプリを選択下さい。

上記で紹介したような「ポップアップ広告がすすめる」ようなアプリは、決して入れてはいけません。

Androidでおすすめのクリーナーアプリ

Androidスマホでもっともおすすめするのは、Googleが提供している

■Files by Google: スマートフォンの容量を確保

です。

余計な広告もなく、AndroidはGoogle自身が開発したOSですから、これ以上安心できる組み合わせはありません。

iPhoneでおすすめのクリーナーアプリ

iPhoneは構造上、Androidのようなクリーナーアプリは必要ありません。

また、公式サイトでも配布は許可されておらず、存在していません。

ネット上で配布されているiPhone用のクリーナーはWindowsやMACにインストールして、外部からiPhoneをクリーニングするものです。

iPhone用のクリーンアプリは「重複した写真を削除」など機能を限定したものだけなので、当記事ではご紹介しません。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

スマホ選びは価格や性能以外に「安全性」も大切です。iPhoneはAndroidよりかなり安全です。「iPhoneはウイルスに強いからセキュリティソフトが不要」「アプリ権限の許可がiPhoneは不要」「バックグラウンドでの位置情報の使用を[…]

iPhoneを安心して使うイメージ

 

不要なVPNアプリの広告にも十分にご注意ください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

スマホを使っていたりネットを見ていると、しばしば「VPN」アプリの広告が届きます。「VPNがあなたのデータの秘密を守ります」との説明は本当でしょうか?知っているようで知らないVPNの仕組みから、VPNアプリの必要性、「無料のVPNアプリ[…]

スマホにVPNアプリは必要なのか?~古い常識や広告にまどわされず正しい選択を!

Androidスマホにはセキュリティアプリを入れましょう

セキュリティアプリは、ウイルスやマルウェアを防いでくれる以上に、ユーザーの「うっかり」や「間違った操作」によるサイバー犯罪の被害を未然に防いでくれる効果があります。

ぜひ導入をご検討下さい。

詳しくは以下の当社ブログをどうぞ

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

「今ではスマホもパソコンもセキュリティが強化されているのでセキュリティアプリやウイルス対策アプリは不要」との意見があります。確かに本体の安全性が大きく高まったのは事実ですが、犯罪の手口も変化しています。iPhoneに比べて安全性が劣ると[…]

Androidにセキュリティアプリは必要か?~弱点を強化する設定や対策とは?

 

まとめ:
不要なアプリは入れずに正しい知識で快適なスマホ利用を!

無料でいろいろなサービスを使えるスマホは、便利さの反面、広告収入という代償がつきまといます。

広告収入のために多くのアプリが作成されていますが、中でもクリーナーアプリは、詐欺的な広告の弊害だけでなく、アプリ自体が不必要で、かえってリスクにもつながるため、使用は控えた方がいいと思います。

また、スマホ初心者やシニア・高齢者の方は、素直に広告宣伝を信じてしまい、クリーナーアプリを導入している方が多いです。
極端な例では、スマホのいくつものクリーナーアプリがインストールされているケースもありました。

その結果「警告が多くてスマホは怖い」などと誤解されている方もいらっしゃるはずです。

これを契機に周囲の方にも教えてあげて下さい。

 

 

Digital Keeperお薦めのセキュリティソフト

やはりセキュリティ専門ソフトは必要です

現在のデジタル機器はセキュリティが強化され、昔のようにウイルスには簡単に感染させることができなくなりました。

そこで攻撃方法はユーザーをだます「フィッシング」によって、不正プログラムを感染させたり、偽サイトで個人情報を盗み取る手法に移行しています。

Windows10のセキュリティ機能(Windows Defender)は、ウイルスの侵入は防ぎますが、フィッシング対策はありません。

セキュリティ専門ソフトは、より強力な防御力と以下のような追加機能で、あなたとご家族がだまされてしまうリスクも低減し、万一の時も、被害低減してくれます。

  • フィッシングサイト等、ネット上の危険なコンテンツへのアクセスを止める。
  • フィッシングメールにだまされてうっかりURLをクリックしても「警告」して止める。
  • 仮に感染しても重要な個人情報の流出や不正送金を食い止める。
  • ネット上にあなたの個人情報が流出していないか調査する。
  • お子様のネットの利用時間や不健全なサイト利用を制限する。
  • 紛失したスマホを探したり、データを削除する。
  • 外出時に使う公衆wifiをVPNを使って安全に使用する。

といった機能です。

※iPhoneは強固な構造のためセキュリティアプリは不要とされています。Androidスマホにはセキュリティアプリは絶対に必要です。

セキュリティソフトの選び方、買い方

セキュリティソフトの選択は、価格や広告で選んではいけません!まして無料なアプリはかえって危険につながることもあります。

  • 世界各国で使用実績が豊富で、要求が厳しい企業向け製品にも実績のある
  • 運営会社が信頼でき、国家からの干渉がなく、個人情報やデータの秘密が守られる
  • 動作が軽く、機器使用の障害にならない
  • ご自身だけでなく、ご家族のスマートフォン、タブレットもすべてカバーできる

製品ををおすすめします。

また、タブレットやスマホまで、トータルでカバーできる製品では「子供が紛失したスマホを探し出す」事など家中の機器をもれなく一括してセキュリティ管理でき、個別に揃えるより費用も大幅に安くなります。

購入に当たっては、店頭販売のパッケージ版より、ダウンロード販売の方が価格が安く、使用環境に併せて、使用機器の数や機能を選択できるため、はるかに便利です。
家庭のパソコンやスマホの数(1台~10台)や使用期間(1年~3年)にあったものをお選びください。

お奨めのセキュリティソフトは?

Digital Keeperが社内でも使用し、おすすめしているのは「Kaspersky」の製品です。

世界でも指折りのセキュリティ技術の先進国ロシア発祥のセキュリティ会社ですが、今では国家からの干渉を避けるため、本拠をスイスに移し、世界各国の開発拠点で活動しています。

もっとも大切な防御力は世界各地の第三者機関のテストで常に「最上」の評価を受けるなど間違いなくNo.1です。

また付属する機能も豊富で「これだけ入れておけば他のセキュリティ製品は不要」なほどですが、それでいて動作も重くないのがすばらしいです。

下記のバナーから無料の30日間体験版がダウンロードできますので、使ってみて性能を実感してみてください。