fbpx

【2021最新】ブラウザー別、しつこいWEBブッシュ通知や警告を消す方法とは

プッシュ通知を消す方法
Androidスマホやパソコンの使用中「ウイルスが見つかりました」「マカフィーの警告」などのしつこい警告のブッシュ通知やデスクトップ通知に悩まされている方。それはブラウザーのWEBプッシュ通知を悪用するブラウザーハイジャッカーにやられているからです。
ブラウザーハイジャッカーはウイルスではありませんが、迷惑な通知には詐欺サイトやマルウェア/ウイルスに誘導する危険なものも含まれています。
ブラウザー別に不要なWEBプッシュ通知を止める方法をご説明します。ブラウザーの設定変更で簡単に消去できますので、すぐにご対応ください。
対策を求めて「しつこい通知」「ポップアップ広告」などの単語で検索すると、対策と称して、信頼性の低いセキュリティーツールを勧誘する海外サイトが複数出てきます。
十分にご注意ください!
/ins>

どうしてしつこいWEBプッシュ通知が来るようになったのか?

不正広告のブラウザーハイジャッカーにブラウザー設定を変更されたから

WEBプッシュ通知は、ウイルスやマルウェアではありません。

「GoogleChrome、マイクロソフトEdge、アップルSafari」など、有名プラウザーに必ず搭載されている「WEBPUSH通知」機能を、不正な広告に使われるように設定する「ブラウザ・ハイジャッカー」の被害にあったからです。。

「ブラウザーのPUSH通知機能」は、一般的なもので、ニュースサイトから個人ブログまで、同意があった読者に,記事の新着情報などを伝えるために、広く使われています。

「通知しても良いですか?の問い」に「許可」をクリックすると、それ以降、ポップアップ通知が送られてくるようになります。

ブラウザー・ハイジャッカーは、この「許可」をクリックさせるためだけに作られた不正な広告です。
「許可」してしまうと、次から次へと怪しい広告を送ってきます。

正しい通知は「許可」して構いませんが、だまされて許可はいけません。

★★iPhoneやiPadなどのiOSはWEBプッシュ通知に対応していませんので、本記事は関係ありません。

クリックしてはいけない不正な通知の許可

 

 

ブラウザー・ハイジャッカーが通知をOKにさせる手口

ブラウザーハイジャッカーは下記のような画面を表示させて、ユーザーをだまして、うっかり「通知OK」をクリックさせようとします。

 

ブラウザーの通知機能を悪用するload28.bizとは?
不正な広告「watch-video.net」。このイラストに注意
ブラウザー・ハイジャッカーが通知をOKにさせるイラスト例
ブラウザー・ハイジャッカーが通知をOKにさせるイラスト例

 

「通知をOK」にすると次々に不正な通知が届く

いったん「通知OK」になると、ブラウザーを通じて通知が送られ、スマホの場合は「スマホ上端の通知領域(ステータスバー)」に次々と通知が表示されます

Windows10の場合は、画面の右下にデスクトップ通知がポップアップで通知される他、アクションセンターに通知が並んでしまいます。

警告でも大手セキュリティ会社のマカフィー社からの警告ばかりが目立ちます。

アンドロイドのステータスバーに表示された不正な通知
Windows10のアクションセンターに表示された「マカフィー」など不正な通知

では、うっとうしい通知を消す方法を機種別に解説します。

 

 

ブラウザー別「しつこいWEBプッシュ通知を消す方法」

しつこいWEBプッシュ通知は、「ブラウザーの設定を変更して通知を表示させる」だけの不正広告です。

通知は表示されるだけで、表示された通知を信じて、その先で何かインストールしたり、個人情報を提供したりしなければ、心配はありません。  

ブラウザーの通知設定から、しつこい通知元を削除すれば、対策は完了です。

また、Androidやパソコンをお使いの方は、念のため、信頼できるセキュリティソフトでスキャンして、異常がないか確認して下さい。

以下、「良く使われているブラウザー別」にWEBプッシュ通知の削除方法を解説します。

  ※各ブラウザーのバーションは2021年1月現在の最新のものです。

 

パソコン用の「グーグルChrome」のWEBプッシュ通知を消すには?

パソコンの代表的なプラウザー「グーグルChrome」での削除方法は次の通りです。

1.クロームのメニューの「設定」を開く

グーグルChromeメニューの「右上端の3つのドット」をクリックして「設定」画面を開きます。


GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

2.初期設定に戻ってもかまわない方は→「設定をリセットする」。
今の設定を残したい方は「3.」へ

「私は特にChromeに設定などしていない」という方にとって、最も簡単な方法は「設定」の最下部にある「リセットとクリーンアップ」から「設定のリセット」を行うことです

「設定のリセット」をすると、不正な設定はすべて消去され、一括して通知はオフになります。

しかし同時に、ブックマークやパスワードは残りますが、ご自身が行った設定や、正しい通知すべて消えて初期状態に戻り、拡張機能を入れていた場合は無効になってしまいます。

正しい設定を残しておきたい方は、以下の「手順3.サイトの設定を開く」にお進みください

GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法「リセット」

 

3.「サイトの設定」を開く

開いた「設定画面」より、「サイトの設定」を選択します。

GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

3.「すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示」を開く

すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示」を開くと、いろいろな権限を許可しているサイトの一覧が開きます。

GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

4.「不正なサイト」を選択し、権限のリセットで不正広告サイトのデータを削除する

不正と思われるサイトの「設定(3つのドット)」をクリックして「データを削除」を選択することで削除できます。

※個別に削除が面倒なら、不正でないサイトもすべて削除されてしまいますが「データをすべて削除」しても構いません。

GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

 

パソコン用の「マイクロソフトEdge」のWEBプッシュ通知を消すには?

パソコンの最新プラウザー「マイクロソフトEdge」での削除方法は次の通りです。

1.Edgeメニューの「設定」を開く

Edgeのメニューの「右上端の3つのドット」をクリックして「設定」画面を開きます


MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法 

2.初期設定に戻ってもかまわない方は→「設定をリセットする」。
今の設定を残したい方は「3.」へ

「私は特にEdgeに設定などしていない」という方にとって、最も簡単な方法は「設定」の最下部にある「設定のリセット」から「設定を復元して規定値に戻します」を行うことです

「設定を復元して規定値に戻します」をすると、不正な設定はすべて消去され、一括して通知はオフになります。

しかし同時に、お気に入りやパスワードは残りますが、ご自身が行った設定も消えて初期状態に戻り、拡張機能を入れていた場合は無効になってしまいます。

正しい設定を残しておきたい方は、ひとつ下の「手順3.Cookieとサイトのアクセス許可」にお進みください

 

3.「Cookieとサイトのアクセス許可」を開く

開いた「設定画面」より、「Cookieとサイトのアクセス許可」を選択します。

MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

4.「すべてのサイト」を開く

「すべてのサイト」を選択すると、通知などの許可を出しているサイトの一覧が表示されます。

MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

5.リストより「不正なサイト」を選択し、不正広告サイトのデータを削除する

不正と思われるサイトの「設定(>)」を開いて「アクセス許可のリセット」することで削除できます。

MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法 MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

AndroidスマホのWEBプッシュ通知を消すには?

代表的なプラウザー「Android版Googleクローム」での削除方法は次の通りです。

以下の画面は、AndroidOSのバージョンやスマホ機種、メーカーによって異なります。
以下を参考に、「設定」-「通知」内で「アプリ内のその他の設定」または「アプリ内の通知設定」を探して、削除して下さい。

 

1.クロームのメニューの「設定メニュー」を開く

Googleクロームのメニューの「右上端の3つのドット」をクリックして「設定メニュー」画面を開きます

Android版Googleクロームの「設定メニュー」

2.「設定」を開く

開いた「設定メニュー」より、「設定」を選択します。

Android版Googleクロームの「設定メニュー」

3.「不正な通知を送るサイトのURLを削除する」手順

「設定」より「通知」を選択します

「詳細設定」を選択します。

 

「アプリ内のその他の設定」または「アプリ内の通知設定」を選択します。

 

「通知が許可されているURLの一覧」から不正なURLを選択し、「データを削除してリセット」することで削除できます。

これを不正なURLがなくなるまで繰り返して下さい。

 

削除後は念のためセキュリティソフトで機器全体をスキャン検査しよう

「WEBプッシュ通知の悪用で不正な広告が表示されていた」ということは、気がつかないうちに不正なプログラムなどが侵入しているおそれがあります。

「マルウェアや不正ソフト/アプリをインストールしたかも?と思ったら」すぐ検査

少しでも不審なときは、「信頼できるセキュリティソフトでパソコンやスマホをスキャンし駆除」が、個人ができる最善の対処方法です。

まだ信頼できるセキュリティソフトを持っていないときは、以下の無料で使える大手の有名セキュリティソフトを使いましょう。

※どの製品も30日程度、製品版と同等に無料試用ができます。
不正なアプリやマルウェアがインストールされていないかスキャンして調査、発見された場合は駆除してください。

※セキュリティ対策ソフトは無料試用後も引き続きお使いになるよう強くお薦めします

また念のためスマホのキャリア決済やクレジットカードの利用履歴などを不正利用されていないかも調べてください。不審な場合はすぐに発行元に届け出て取引を停止してもらいましょう

 

 

まとめ:
不正な「WEBプッシュ通知」は危険を呼び込む口になります。早めに対処しましょう!

WEBプッシュ通知自体には危険はなく、有用なものですが、不正な方法でユーザーをだまして通知するようなものは、アダルト系か高額で詐欺的なサービスや不必要なセキュリティツールばかりでろくなものはありません。
またそれらがきっかけでより危険な不正アプリや不正ブログラムのインストールにもつながりますので、時々ブラウザーの設定を見直して、不審なものは削除してしまいましょう。

 

 

Digital Keeperお薦めのセキュリティソフト

やはりセキュリティ専門ソフトは必要です

今ではWindows10のようなOSは標準でセキュリティ機能(Windows Defender)が含まれており、ウイルスやマルウェアの侵入を防御してくれますが、基本的な機能しかありません。

セキュリティ専門ソフトは、より強力な防御力と、さまざまな追加機能で、あなたとご家族を守ってくれます。

たとえば

  • フィッシングメールに惑わされてうっかりURLをクリックしても「警告して先に進むことを止める」。
  • 仮に感染しても重要な個人情報の流出や不正送金を食い止める。
  • ネット上にあなたの個人情報が流出していないか調査する。
  • 子供のネットの利用時間や不健全なサイト利用を制限する。
  • スマホを紛失時に探したり、データを削除する。
  • 外出時に使う公衆wifiをVPNを使って安全に使用する。

といった機能です。

セキュリティソフトの選び方、買い方

セキュリティソフトの選択は、価格や広告で選んではいけません!

  • 老舗で世界各国で使用された実績が豊富で、要求が厳しい企業向けにも実績のあるもの
  • ご自身だけでなく、ご家族のスマートフォン、タブレットもすべてカバーできるもの
  • 運営会社が信頼でき、国家からの干渉がなく、個人情報やデータの秘密が守られるもの
  • 動作が軽く、機器使用の障害にならないもの

を選択してください。

また、パソコンだけでなく、タブレットやスマホまで、トータルでカバーする製品を選ぶと、「子供が紛失したスマホを探し出す」事など家中の機器をもれなく一括してセキュリティ管理でき、個別に揃えるより費用が大幅に安くなります。

購入に当たっては、店頭販売のパッケージ版より、ダウンロード販売の方が価格が安く、ご使用環境に併せて、使用機器の数や機能を選択できるため、はるかに便利です

家庭のパソコンやスマホの数(1台~10台)や使用期間(1年~3年)にあったものをお選びください。

お奨めのセキュリティソフトは?

Digital Keeperが社内でも使用し、おすすめしているのは「Kaspersky」の製品です。

世界でも指折りのセキュリティ技術の先進国ロシア発祥のセキュリティ会社ですが、今では国家からの干渉を避けるため、本拠をスイスに移し、世界各国の開発拠点で活動しています。

もっとも大切な防御力は世界各地の第三者機関のテストで常に「最上」の評価を受けるなど間違いなくNo.1です。

また付属する機能も豊富で「これだけ入れておけば他のセキュリティ製品は不要」なほどですが、それでいて動作も重くないのがすばらしいです。

下記のバナーで無料の30日間体験版がダウンロードできますので、使ってみて性能を実感してみてください。