fbpx

「Androidアプリの権限」これだけは確認しよう!安易な許可は危ない

アプリの権限とは?わからなくて不安
Androidスマホを使っていると、しばしば「権限を与えることを許可しますか?」のメッセージが出てきます。よく読まずに「許可」してしまいますが、本当にそれで良いのでしょうか?
スマホには「便利と引き換えで個人情報を渡している」というリスクもつきまとい、必要以上に情報を集めるグレーなアプリも多数あります。
「アプリ権限の許可」とはどういうものか?自分のスマホをどうやって確認して守るか?やさしく解説します。
/ins>

アプリの権限の許可とは?

しばしば目にする「アプリ権限の許可」のリスクを見逃してはいけない!

Androidスマホに新しいアプリをインストールする時、「このアプリに○○の権限を与えることを許可しますか?」と聴かれることがありますね。

いつもはあまり深く考えずに「許可する」を選択して進んでしまいますが、ほんとうにそれでよいのでしょうか?

実はこの権限には大変深い意味があります。

アプリ権限とはスマホのある機能をアプリに使わせる権利のこと

スマホはいろいろな機能を持っています。たとえば

  • 「電話で通話する」
  • 「電話帳を見て、削除し編集する」
  • 「写真をとる」
  • 「写真の見る」
  • 「メールを読んだり、書いたりする」
  • 「SMSの読み書きや送信をする」

といった動作です。
それぞれの動作はスマホの持ち主はもちろんすべて自由に使えます。

しかしスマホに大切でプライベートなデータがたくさん入っていますから、あなた以外が勝手に使うことは許されません。

あなたが入れたアプリも、スマホにとっては部外者扱いです。

たとえば、あなたが「写真をきれいに加工するアプリ」を入れた時は、アプリは「写真を閲覧する」「写真を編集する」という動作が必要になります。

すると、アプリをインストールする時に、アプリはあなたに「このアプリはあなたの写真を見たり、編集したりしたいので、その許可(権限)をください。よろしいですか?」と許可をもらうように作られています。

ここで「許可」しないとアプリは必要な動作をすることができません。これが「権限を許可する」ということです。

アプリの権限を与えるとはアプリはどう動くのか?

すべてのアプリがかならず同じような手続を踏んで、あなたの許可を取っています。

許可を得ると、アプリは与えられた権限の範囲内で、あなたのデータを見て、必要な動作をします。

「音楽を聴くアプリ」なら、あなたのスマホの中(ストレージといいます)の音楽データを読み取る許可を求めて、音楽にアクセスする権限をもらいます。

またFacebookやLINEのようなSNSでは、あなたの友達を探すために、あなたの連絡先を見たり、写真を投稿するために、写真をスマホから引き出してアップロードするための権限を求めてきます。

すべての場合、あなたが許可してようやくアプリは必要な動作ができるようになるのです。