fbpx

対策待ったなし!LINEのセキュリティー実態調査からわかる、あまりに低いセキュリティー意識

2019年6月。LINEがユーザー対象に大規模なセキュリティー調査を実施し、残念ながらユーザーの意識が極めて低い実態が明らかになりました。
LINEは個人レベルでは最も使われているSNSですから、プライバシーからペイメント支払まで、家族や友人の重要情報がぎっしり詰まっています。これが悪用されたらどれだけ困る事になるのか。デジタル終活以前の課題として、すぐに対策を実施しましょう。
特にお母さん、気をつけてくださいね。

LINEのアカウントを乗っ取られて悲しんでいる

目次

LINEの「セキュリティリテラシー実態把握調査」の驚きの結果が公表されました

LINEユーザーを対象にした大規模調査

6月9日の「サイバー防災の日」を前に、2019年6月1日にLINEより「セキュリティリテラシー実態把握調査」の結果が公表されました。
リリースは以下でご覧になれます。

全国15~69歳の男女「LINE」ユーザー約2000人に5月に行われた調査ですが、これだけトラブルが続出して官民上げてセキュリティー対策を進めているにもかかわらず、「相変わらずユーザーの意識が低い」さには驚かされてしまいました。
特に20-30代の主婦層の意識の低さは顕著で、これではデジタル終活~デジタル遺品やデジタル遺産の安全な管理し継承~どころではなく、「被害にあっても自業自得で仕方ない」と思ってしまうほどです。

「アカウントの乗っ取り」から見られるユーザーの意識低さの実態

4割が自分や周囲の人が「アカウントの乗っ取り」の被害にあった経験がある!

LINEの調査「4割の人がアカウント乗っ取りの被害にあった」
■出展:LINE 公式ブログ

 

「アカウントの乗っ取り」については、LINEやTwitterで時々有名人のアカウントが被害にあい、プライベートを暴かれたり、変なメッセージを連発された事件が報道されます。

個人レベルでもしばしば発生していて、この調査で4割もの人が「自分や家族、恋人や友だち、知人等自分の周りの人で、アカウントを乗っ取られたことがある人がいる」と回答しました

「誰でも被害にあってしまう可能性が高いリスク」だと皆さんわかっているはずです。

またデジタル終活の簡単からすると、万一のことがあってしばらくそのまま放置されたアカウントが乗っ取られ、好き放題に悪用されるリスクが容易に推測されます。

「アカウント乗っ取り」が起きてしまう原因は?

「アカウント乗っ取り」は、まれにコンピューターに不正侵入されて盗まれることもありますが、ほとんどの場合は、

  • 誕生日など他人に推測されやすい安易なパスワードを使っている
  • パスワードを使い回していて他で流出したIDとパスワードを使われてしまった

といった安易なパスワードの使い方が原因で発生します。

関連記事

誰もがついやっている「同じパスワードの使い回し」。どうしてパスワードの使い回してはいけないのか? 「隠れた恐ろしさ」を具体的な事件の例と共にご説明します。デジタル終活を契機にデジタル遺品やデジタル遺産の消失にもつながりかねない「パスワードの[…]

ところが「パスワードを使いまわさない」について意識しているのは、わずか2割

それを知ってて「8割の人がパスワードの使い回しの危険を意識していない」。つまり「パスワードの使い回しをしているかもしれない」という結果には驚きました。

LINE調査より。パスワードの使い回しをしている人は7割

■出展:LINE 公式ブログ

 

20代から30代の主婦層のセキュリティー意識の低さがはっきり表れている

20-30代主婦は8割の人が「パスワードの使い回し」をしている!?

しかも年代別の調査では20代から30代の主婦層は「異なるサービスで同じパスワードを使いまわさない」と回答したのはわずか19%でした。

つまりこの層では大半の人は「パスワードの使い回している」ことが推測できます。

さらに全体で「インターネットのセキュリティー全体について普段から意識している人」は7割。「意識していない」と回答した割合は約3割でしたが、20代から30代の主婦層は「5割が意識していない」と回答しました。
この層のセキュリティー意識に大きな問題あることは明らかです。

LIBE調査。20-30代の主婦層はセキュリティー意識が低い

■出展:LINE 公式ブログ

 

 

20代から30代の主婦層は熱心なネットユーザーで家庭の要のはずだが、、、、

若年の主婦層は、家族や友人とのやりとりが多く、プライベートでネットに依存している比率が非常に高いと思います。日常のやりとりだけでなく、子供の教育や家計の問題など、センシティブなやりとりも多いはずです。

お父さんやお子さんの企業や学校のネット使用では、組織単位で防護策も講じているし、万一の際は組織が守ってくれることもありますが、主婦層は何かトラブルに巻き込まれると、すべて我が身に降りかかってしまいます。ましてもしもの事があった場合、デジタル終活していなかったら、一体どうなってしまうのでしょうか??

この危険な実態を知ると、改めて大きなリスクを痛感しました。

 

LINEの各種セキュリティー機能を7割の人は「ひとつも知らない」

LINE調査。7割の人はLINEのセキュリティー対策を知らない

■出展:LINE 公式ブログ

 

LINEはアカウントの乗っ取りの多発を受けて、
 「あやしいLINEアカウントを通報する方法」
 「PC版/iPad版のLINEや、LINEウェブストアへのログインを禁止する機能」
 「心当たりのないログイン端末の強制ログアウト機能」
 「LINEアカウントが乗っ取られた場合の問合せ先」
といったセキュリティー対策機能を実装しています。

ところがそれらの有効なセキュリティー対策を知っている人はわずか3割しかいません。これでは被害が収まるはずはありません。

 

まず対策すべきは「パスワードの使い回し」を止めることです

「パスワード使い回し」がどれだけ危険なことかを認識しましょう

当サイトでは何度もご説明していることですが、「パスワードの使い回し」は最悪の習慣です。
ユーザーがどんなに注意しても「IDやパスワードがネット上へ流出してしまう」ことが止められない現実を考えると、同じパスワードを異なりサービスに使い回す危険がいかに高いことかお分かりいただけるはずです。

「ネット上でパスワードを使い回している」ということは、実生活に置き換えると「家の鍵の複製をたくさん作って、あちらこちらにばらまいている」ことと同じレベルの不注意な行為なのです。
またデジタル終活の観点から考えると、自分の死後もアカウントが勝手に使われて悪用されるリスクすらあります。ご自身のデジタル資産が悪用されるだけでなく、メッセージや写真といった貴重なデジタル遺品も心ない人に悪用されたら一体どうなるのでしょうか?

とにかく「パスワードの使い回し」をやめるだけで、ネットの危険はかなり減少します。

実は私も不注意でドコモIDに使い回しのパスワードを使っていたため、危ない目に遭ってしまいました。二段階認証のおかげで被害はありませんが、そうでなかったら、警察沙汰に巻き込まれるところでした。

関連記事

身に覚えがない「dアカウントでログインした方に送信しています」とか「セキュリティコード」などのログイン通知メッセージを受け取った方はいませんか? 2018年の秋。愚かにもdアカウントのパスワードを使い回していたデジタルキーパー株式会社の代[…]

まとめ:
「パスワードの使い回し」をやめる第一歩として

まずは、大切なアカウントから確実に「パスワードの使い回し」をやめていきましょう

わかっていても、すぐにすべての「パスワードの使い回し」をやめることは難しいです。せめて大切な物から、たとえば、、、

・LINE、Facebookなど日常使っているSNS
・Google、Yahoo!といった大手ネットサービス
・銀行やペイメントのアカウントといったお金に関わるもの

だけでも使い回しをやめましょう。それだけでリスクが大きく減ります。

これらのアカウントが不正利用されたら「どれだけ困って、家族や周囲の人に迷惑をかける」か、少しでも考えたらお分かりいただけるはずです。たったこれだけのことですから、今すぐ取り組むようおすすめします。

パスワードマネージャーを使用しましょう

人間の記憶力には限界があります。よほどきちょうめんな方は、パスワードの作り方を工夫してしっかり覚えることもできるかもしれません。普通はいくつもの長いパスワードを覚えることはとうていできません。

関連記事

いくら安全でも、記憶できないパスワードは使えません。 「デジタル終活~デジタル遺産とデジタル遺品の継承のため」覚えることのできる安全なパスワードの設定方法を具体的にご説明します。 1 安全なパスワードを整備する現実的な方法があるのか[…]

現実的な解決策としては、便利で安全なパスワードマネージャーを使うしかありません。ぜひともご検討ください。

関連記事

パスワードに関する悩みだけでなく、大事な秘密情報の保管場所としても、デジタル終活のツールとしても利用できる「パスワードマネージャー」。まさにデジタル終活の必需品です。 デジタル遺品やデジタル遺産を守るためにも必須ツール、政府機関もすすめる[…]

関連記事

「パスワードマネージャー」は「デジタル終活~デジタル遺品やデジタル遺産の安全な継承」のために、もっとも重要なツールとなります。しかし国内外多数の製品があって選択には迷ってしまいます。 そんな時に頼りになる「パスワードマネージャー比較サイト[…]

パスワードマネージャーのイメージ画像

 

大切のアカウントには必ず二段階認証も設定しましょう

仮にパスワードを使い回して不正ログインされたとしても、二段階認証を設定しておけば、侵入されることはありません。大切なアカウントは必ず二段階認証も設定しておきましょう。これさえやっておけば、あなたに万一のことがあっても乗っ取られてデジタル遺品を悪用される心配はありません。

※LINEは二段階認証という言葉は使っていませんが、電話番号を登録することで二段階認証と同様のセキュリティーを実現しています

 

当社の「デジタル終活サポートサービス~Digital Keeper」を、ぜひお試し下さい!

当社代表の冨田の長年の構想を元に、2019年9月11日にスタートした「オンラインデジタル終活サービスDigital Keeper」は、わずか390円の会費で、どなたでもお手軽にデシタルキーピングやデジタル終活が実行できる、新しいコンセプトのオンラインサービスです。

Digital Keeperにご入会いただきますと、当ブログにあるような「デジタルの安全にタイムリーに役に立つ情報」「デジタルキーピングの方法」などをメールマガジンでお届けしながら、会員にまさかの事態が起きたときには、しっかりと会員のデジタル終活をサポートさせていただきます。

※Digital Keeperは、多要素分散保管の考え方に基づき、アカウントやデジタル資産の本体はお客様側に保存いただき、管理情報(保管場所や鍵となるパスワードなどの情報)だけをお預かりするサービスですので、機密情報も安全に預けることができます。

今なら1ヶ月無料で全機能を自由にお使いいただけます。この機会にぜひお試し下さい。(詳細は下記バナーをクリックすると新しいウィンドウでご覧いただけます)。

Digital Keeperバナー

 

関連記事

アカウントの二段階認証を設定さえしておけば、万一パスワードが流出しても不正ログインされる心配ありません。デジタル遺品やデジタル遺産のアカウントも確実に安全が守られます。しかしどうしてパスワードが漏えいしても平気なのか?その理由をわかりやすく[…]

プッシュ通知を
>

「このブログとデジタルキーパー社」
このブログはデジタルキーパー株式会社が「デジタルの安全な使用と継承~デジタルキーピング」をテーマに、「スマホ、PCの安全な使用方」から「正しいパスワード」「不正アクセスの防ぎ方」「デジタル遺品管理などデジタル終活の方法」まで、様々なノウハウをご紹介するブログです。
さらに当社は2019年夏からは「コーヒー1杯分の代金でデジタル終活支援サービス~Digital Keeper」をリリースしました。
誰にも必要なデジタルキービングをサポートします。

CTR IMG