fbpx

【実例入】安全と覚えやすさが両立できる「コアパスワード+@」の作り方とは

いくら安全でも、記憶できないパスワードは使えません。
「デジタル終活~デジタル遺産とデジタル遺品の継承のため」覚えることのできる安全なパスワードの設定方法を具体的にご説明します。
/ins>

1 安全なパスワードを整備する現実的な方法があるのか。

10文字以上のパスワードが必要とは分かった。でも、、、

ここまでのご説明で安全なパスワードの重要性や、守るべきルールはご理解いただけたと思います。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

「パスワードは文字種を組み合わせ8文字(8桁)以上、時々変更しよう」。これは古くて危険な情報です。内外の最新研究を検証した衝撃の結果は「8文字パスワードは弱い!」しかも「強いパスワードを設定したら二度と変更の必要なし!」。過去の常識が変[…]

パスワードをあらゆる手段で盗み出すハッカーのイメージ

デジタル終活を心がける皆さんは早速実践しようと決心なさったことでしょう。いよいよここからが実際のアカウントにパスワードをつけていく実践です。

しかし本音のところ

「とにかく長い最低でも10文字以上のパスワードが必要とわかったけれど」

「それでなくてもたくさんのパスワードに10文字以上つけろなんて?いったいどうしたらいいんだ??」

「まして家族にデジタル遺産やデジタル遺品のパスワードをどうやって残したら良いんだ?」

と途方に暮れていらっしゃるのではないでしょうか?

でもご安心ください。慣れてしまえば、長くて強力なパスワードの方が作るのは簡単です。

 

>>次ページ 記憶できて強いパスワードの具体的な作り方