fbpx

NTTの電話帳ハローページ廃止から電話番号のセキュリティを考える

固定電話は高齢者にはかえって危険
NTTの電話帳「ハローページ」の廃止が発表されました。電話帳には「電話番号が勝手に使われる」など弊害が目立っているため妥当な判断と思います。オレオレ詐欺だけでなく、「海外からのワン切り詐欺」まで発生する現在、固定電話は特に高齢者のリスクにつながることを、セキュリティの観点からやさしくご説明します。
/ins>

2020年10月でNTT電話帳が廃止され配布も終わります

ハローページが廃止され配布もなくなる

2020年6月18日にNTT東日本・西日本より「個人や企業の固定電話番号が記載されている電話帳ハローページは10月に最終版が発行された後廃止される」ことが発表されました。

長く親しまれたハローページが無くなるのは残念ですが、スマホが普及して以来、電話帳や電話番号案内(104)は使った記憶がありませんから、仕方が無いことでしょう。
むしろ電話帳の電話番号が勝手に使われる弊害が目立つ今では、妥当な判断と思います。

なお番号案内104(有料)と職業別電話帳の「タウンページ」は今後も継続されます。

電話帳ハローページ廃止の理由は

NTTからは電話帳廃止の理由として

  • 「携帯電話やインターネット等、固定電話の代替手段の普及」
  • 「通話アプリやSNS等のコミュニケーション手段の多様化」
  • 「個人情報保護に関する社会的意識の高まり等の環境変化」

があげられています。

確かに現在企業やお店の電話番号を調べるのに電話帳を使う人は、一部の高齢者を除いていないでしょう。広告効果からしても資源からも無駄で遅い決定だったと思われます。