fbpx

ガラケー終了?「シニア・高齢者のスマホ機種変更」は正しい選択か?

ガラケーをスマホに交換、戸惑う年配者
ガラケー(フィーチャーフォン)をスマホに交換させるキャンペーンを目にします。しかし「シニア・高齢者の皆さんにとって無理はないのか?本当に代えた方が良いのか?」はじっくり検討しましょう。使ってもらえなければ後悔するだけです。
ガラケーとスマホ、AndroidとiPhoneを、セキュリティや使い勝手さらにはデジタル終活の観点からも比較しました。
実はガラケー今でも着実に進歩し「スマホよりシニア・高齢者向け」です。その理由とメリットを詳しく解説します。
/ins>

高齢者のスマホ問題~私の個人的な体験

高齢の母のガラケーをスマホに変えてみたが、、

私の母は90歳近い高齢で老人ホームに入っています。

元気で好奇心も強く、ずっとガラケーを愛用していました。

ところがキー入力の調子が悪くなって買い換えが必要になり、母も「ぜひスマホを使ってみたい」と希望するので、Androidスマホに交換しました。

使う様子を見たところ、やはりアイコンの区別が難しそうでした。

そこでホームアプリを入れ替えて、「らくらくスマートホン」のような専用メニューを作って、母に併せたカスタマイズをしました。

母も一生懸命使用方を学びましたが、どうしてもうまく行きません。問題は

  • 指が乾燥していて液晶画面の反応が悪く、タップやドラッグがうまく行かない
  • サイズが大きく重い。持ちにくく携帯しずらい

ことでした。

Androidのホーム画面をシニア向けにカスタマイズした例
Androidのホーム画面をシニア向けにカスタマイズした例

結局ガラホに買い換えました

高齢者に最適「らくらくホンF-01M」

使いにくさだけでなく、コロナ禍で面会が制限され、肝心なときに連絡が滞ることがたび重なったため、結局半年でガラホの「らくらくホンF-01M」に買い換えました。

やはり液晶画面のアイコンをタッチするより、物理的なボタンの方がはるかに使いやすそうでした。

またこの機種では、お年寄りのために「ボタンを押すごとに、音声で機能を読みあげる」ボイス機能がついていて、母でも使用にとまどうことが少なく、メールやネットを楽しむことができるようになりました。

「最初からこの機種にしておけば、、、」と後悔しました。

 

結論!今すぐガラケーをやめさせる必要はありません

「ガラケーは使えなくなりますよ」はセールストークに過ぎない!

結論から申し上げますと、現時点では「ガラケーに慣れているシニアや高齢者を無理にスマホに変えさせる必要はありません」

今のスマホは決して高齢者向けではなく、無理に変えさせると後悔することになると思います。

また「ガラケーは使えなくなる」は極端なセールストークであり、全く正しい情報ではありません。

正しくは「古くて遅い通信規格の3Gだけが数年後には使えなくなる」と言うことに過ぎません。

携帯大手3社のガラケーが使えなくなる時期

3Gガラケー
(昔からのガラケー)
4G LTE対応ガラケー
(2015年頃から発売されたもの)
ドコモ2026年3月末まで使えるスマホと同様にこれからもずっと使える
AU2022年3月末まで使える
ソフトバンク2024年1月末まで使える

従来からの3Gガラケーも、auは2022年3月末、ソフトバングは2024年1月31日、ドコモは2026年3月末(iモードも同時に終了)、とまだずいぶん先まで使えます。

また2015年頃以降に販売されたガラケー(ガラホ)は4G対応ですから、スマホと同様に今後も使えます

つまりドコモやAUでの古いガラケーでも、修理もできない古い機種をお使いの方以外は、まだ当分の間普通に使えるのです。

まして古いガラケーの方が「電池が保つ」「動作がシンブル」など、最新機種より優れていることも多いのです。

 

スマホ保有率の低い高齢者は獲得のターゲットとされている

総務省の平成30年度「情報通信白書)」によると

  • スマホの保有率は全世帯で83.4%。
  • 20代、30代のスマホ保有率は90%以上、」60代でも半数に上る
  • しかし70代は19%、80代は6%しか保有していない。

ことが分かります。

スマホ普及率が9割を超えて、スマホ市場は飽和状態のため、販売店は販売拡大の余地がある高齢者層を狙っているに過ぎません。

セールストークには十分にご注意ください。

 

高齢者にこそガラケー(ガラホ)が向いているメリットが多数!

よく考えよう。シニア・高齢者にはスマホが向いていない!4つのデメリット

販売店のセールストークはともかく、シニア・高齢者にはスマホは圧倒的に向いていません。

そもそもスマホの最大のメリットは、いろいろなアプリで機能を追加できることですが、そのメリットは高齢者にはほとんど恩恵がありません

そればかりか、高齢者のスマホには以下の通り致命的なデメリットばかりなのです。

  1. 画面をタッチ、ドラッグという基本動作が難しく電話がかけにくい
    高齢者の指先は乾燥していて、液晶の操作ができない方が多いです。電話をかけるだけで一苦労です。
  2. 画面の文字が見ずらく、アイコンの意味が覚えられない
    スマホの画面は老眼には辛いです。また不慣れなアイコン表示は高齢者には大きな障害となります。
  3. ガラケーに比べてバッテリーの持ちが悪く、いざという時に使えない
    電池切れでいざという時に連絡ができないことは高齢者の見守りには最悪です。
  4. スマホは落下や衝撃に弱く、重くてかさばり持ち運びも不便
    高齢者こそ安全のため常に持ち歩いてもらいたい物ですが、スマホは大きく重く(ガラケーの倍)、かさばって高齢者が常時携帯することは難しいです。

 

新発売も続くガラケー、業務用や災害時など実はメリットもたくさん

今入手できる4G対応のガラケーは、昔のガラケーと異なり、「携帯電話の形をしたスマホ」であり、「新型ガラケー」や「Androidガラケー」「ガラホ」と呼ばれることもあります。

通話以外にもカメラやおサイフケータイのような決済機能付きなど高機能の物ばかりです。

またガラケーは法人企業ユーザー向けの需要も根強く、開発は続き実は毎年のように最新機種も発売されています

発売されなくなることは当分の間ありません。

この頃発売されたガラケーでは、防水・防塵、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイなどの実績のある機能はそのままに、省電力技術が高まり、長時間利用できるように進化しています。

 

高齢者はガラケーの方がはるかにメリットが多い

実は高齢者が使うにはガラケーはメリット多数です。

  • 使い方がシンプルで安価。
  • 高齢者は指が乾燥していて、タッチパネルは反応しないことも多く、ボタンの方が確実に操作できる。
  • バッテリーが長持ち~機種によっては約800時間(ほとんど1ヶ月もの連続待受が可能)なものもある。
  • 落下や衝撃に強く、壊れにくい
  • アプリや各種サービスに非対応なためセキュリティの危険が少なく、サイバー攻撃にあう可能性が低い。

充電なしに長く使えることだけでも、高齢者とご家族にとって、災害時など強い味方になってくれるはずで、これだけでもシニア向けには大きなメリットとなります。

また、デジタル終活的な観点からしても、ガラケーはセキュリティリスクが少ない分、ややこしい認証方法でロックされておらず、継承も比較的簡単です。

以上の事から、各種アプリやサービスをあまり必要としていない高齢者に無理にスマホを使わせる必然性は全くありません

 

ただしガラケー向けのオンラインサービスは停止されつつある

ただし唯一のデメリットとして「サービスやサイトがガラケー非対応」が増えてきました

たとえばLINEは一部のガラケーでは使えますが、2020年3月末よりLINEの仕様変更により「メッセージ到着時のプッシュ通知が来ない」など使いにくくなりました。

つまり家族間のコミュニケーションでLINEを完璧に使いたい方は、すぐにスマホ移行するしかありません。

Yahoo!もかなり以前にガラケー向けYahoo!メールを廃止しましたし、ガラケー向けサービスやサイトは閉鎖される例が増えてきました。

しかし「乗換案内」など使えるサービスも多数残っています。

使う方の使い方に併せてご判断ください。

 

シニア・高齢者のアプリ活用には、むしろタブレットが最適!

どうしてもシニア高齢者にLINEのようなアプリ使わせたい場合は、タプレットを使いましょう。

「通話・連絡はガラケー、アプリはタプレット」と使い分けることで、大きな画面で楽に使用できるため、高齢者にとってはスマホよりはるかに使いやすい環境となります。

くれぐれも「はやってっている」だけでスマホに交換して後悔につながっては大変です。

高齢者にはアプリやデザインより「通信手段を確実に確保できる」事を最優先に考えましょう!

高齢者・シニアの方にお薦め「Amazonのタブレット」
Fire HD 10

Amazonのタブレットは安いものでは千円台からそろっていてたいへん安価ですが、性能は十分です。
しかもアプリ利用の他に、簡単にAmazonでのショッピングやkindleの電子書籍、ビデオの鑑賞もでき、余計な機能もついていないため、シニア・高齢者にとって使い方も簡単で最適のタブレットです。

 

それでも高齢者にスモホを持たせたいときは?

AndroidかiPhoneか?

検討の結果、「やはりどうしてもシニア・高齢者にスマホを持たせたいとき、「たくさんの選択肢がありカスタマイズ可能なAndroid」か「セキュリティが強く安心のiPhone」か?で大いに迷ってしまいます。

そんな時は当ブログの下記の記事をご覧ください。

シニア・高齢者向けのスマホの選び方だけでなく、買った後のオススメ設定のしかたについてもご案内しています。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

シニア・高齢者のガラケー(フィーチャーフォン)をスマホに交換するとき、AndroidとiPhoneのどちらがふさわしいか?セキュリティや使い勝手さらにはデジタル終活の観点からも比較して方法をご説明します。性能や機能やデザインより、大[…]

シニア・高齢者にむいたスマホはAndroidかiPhoneか?

 

シニア・高齢者のスマホに必要な事前のセットアップ

使う人の事を考えて必要な準備をしてあげよう

iPhoneでもAndroidでも同様ですが、IDとパスワードの組み合わせと言った簡単なことも、ご年配者には大きな障壁となります。

今さらご年配者にセキュリティ的な知識やお約束ごとを求めるのも無理があります

だからと言って、シニアのスマホも犯罪者に狙われていることを忘れてはいけません。

「画面のロックを無効」にしたり、「各種暗証番号を購入した時のままにしておく」ようなことは決して行ってはいけません。

事前に、万一に備えて、必要な事前設定は必ずやっておいてあげて、必要な情報は本人に代わって対処できるように控えておいてください。

詳しくは、以下の当社ブログは記事をご覧ください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

スマホでは当たり前の「IDとパスワード、アイコン、タッチ」が、お年寄りには、すべて大きな壁となります。また今さらご年配の方にセキュリティの知識やお約束を求めるのも無理があるでしょう。シニア・高齢者にスマホで後悔させることのないよう、必要[…]

スマホをシニアが使いこなすには事前の設定が必要

 

まとめ:
ガラケーにはシニアにとってのメリット多数です。セールストークには乗らず、使用状況にあわせて慎重に検討しましょう

結論としては、高齢者は「どうしてもアプリが使いたい」以外はスマホに交換すべきではありません。

「高齢者にスマホはいらない」とまでは言いませんが、ご年配者向けにはガラケーならではの利点も多く、デジタル終活の観点からも、ガラケーのままの方が望ましいぐらいです。

ガラケーもスマホも最も大切なのは「確実に連絡が取れる」事であり、アプリやゲームは本質的には高齢者には不要のものです。
つまり「通話やメールの利用が主」の高齢者、シニアの方はスマホに移行させる必然性は全くありません。

高齢者の古いガラケーが壊れてしまったときは、4Gに対応した「新型ガラケー(Androidガラケー、ガラホ)への交換をお勧めします。

災害が多い今日、高齢者にはスマホを持たせたとしても、災害時で充電もできなくなった時の備えとして、ガラケーも用意しておくことも検討した方が良いかもしれません。

 

下記特集記事もご覧ください
ネットを使う高齢者・シニア狙いのサイバー犯罪が多発しています!

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

家にこもってスマホやパソコンを使う時間が増えましたが、その「隙を狙おうとするネット詐欺」も激増しています。特にネットに不慣れなシニア、高齢者の皆さんは大きなリスクにさらされます。シニア・高齢者の皆様が直面しがちな、いろいろな[…]

ネット犯罪に巻き込まれて驚くsenior・中高年のイメージ

 

今では固定電話は詐欺の温床、高齢者・シニアには危険です。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

NTTの電話帳「ハローページ」の廃止が発表されました。電話帳には「電話番号が勝手に使われる」など弊害が目立っているため妥当な判断と思います。オレオレ詐欺だけでなく、架空請求から海外からのワン切り詐欺まで発生する現在、固定電話は特に高齢者のリ[…]

固定電話は高齢者にはかえって危険