「ガラケー終了」!?シニアにとってスマホへの機種変更は本当に正しい選択か?

ガラケー(フィーチャーフォン)をスマホに交換するキャンペーンを目にします。いろいろなアプリやサービスが使えるスマホの方が便利なのは確かですが、シニアの皆さんにとってそれが本当に必要なことなのか?
セキュリティや使い勝手。さらにはデジタル終活の観点から考えて見ました。今のガラケー、実は大変進歩していますよ。

ガラケーをスマホに交換、戸惑う年配者

年配者のガラケーをスマホに変えるとき、お勧め機種は?

ITmedia NEWSの「シニアのスマホ選び」の記事より

2019年末にITmedia NEWSに興味深い記事が掲載されました。客観的な良記事だと思います。
当社のおすすめ情報を加えてご紹介させていだきます。

 

■<a href=”” target=”_blank” rel=”noopener”>スマホに慣れていない高齢者はiPhoneを買うべき? シニアのスマホ選びの注意点</a>

従来の携帯電話(フィーチャーフォンいわゆるガラケー)の選択肢が少なくなったため、ご年配の方にスマホを使ってもらうためには「AndroidとiPhoneどちらがふさわしいだろうか?」との特集記事です。

ITmedia NEWSの結論は?

スマホはアイコンを操作して使いますが、このアイコン、慣れている方には当たり前でも、不慣れな方には文字の説明が無いため、全く意味不明がわかりません。
また機種によってアイコンのデザインや表示場所も異なり、異なった機種間では、対面しながらでないと使い方の説明は大変でしょう。

シニア向けで販売されている「らくらくフォン」にしても、その実態は大きめのアイコンが並んでいるスマホですから、同じ機種を持っていないと、電話やメールで使い方を説明することはかなり困難ですね。

そこでITmedia NEWS様の結論としては「使い方を相談するであろう身近な方が使っているのと同じ機種が良い」とされています。

どちらかというとiPhoneが無難か?でも、、

客観的にはiPhoneが優れている

当社なりにセキュリティや使い勝手から判断すると、以下の点からiPhoneの方がご年配者向きと考えています。
iPhoneの最大の強みは、創立者スティーブ・ジョブスの強力なリーダーシップにより「垂直統合モデル」すなわち、「機種設計からOS、アプリの管理方法に至るまで、全てをApple社が独占的に行っている」が今でも続いていることにあります。
その結果、以下のようなAndroidにはない利点があります。

  1. 内部データは完全に暗号化されており、データ流出の心配がなく、ウイルスの感染リスクも極めて少ない。特に設定をせず、買った時のままでも基本的に安全度が高い。
  2. 紛失時に情報流出に繋がるSDカードがそもそも使えない
  3. iPhoneはすべてApple社製で、同一OSを使っているため、機種が異なっても画面表示は統一されていて説明しやすい
  4. 新しい機種では顔認証などの生体認証の性能が高く、ユーザーは意識しないで強固なロックと解除が可能。
  5. Androidにありがちな機器メーカーごとの独自仕様や、最初からインストールされている各社の独自アプリがなく、Appleの純正機能や純正アプリ使用だけでも一通りの作業ができるため、初心者にとってシンプルで使いやすい。

結論としては、身近な方がiPhoneをお使いでしたら、iPhone以外の選択肢はあり得ないでしょう。

Androidも追いついてきた

しかしAndroidも、上記1.と2.は設定次第で対処できますし、4.についても同等の製品が出てきました。
特に「4.の生体認証の性能」については十分に考慮して機種選考をすべきと思います。画面ロックを簡単なパターンにしたり「0000」等にしていると、思わぬ事故に巻き込まれてしまいます。
生体認証を基本で使えることは、ご年配者向けの機種では大切な事です。またご年配者は指が乾燥していて指紋認証がなかなか通らない方が多いようですので、顔認証を搭載している機種が最適でしょう。

3.と5.だけは「メーカーごとに個性や機能を競わせる」というAndroidの長所にも繋がる特製ですので、どうにもなりません。

結論としてはAndroid機種については、ITmedia NEWS記事の結論と同じく「身近な方が使っているのと同じAndroidメーカーの機種が良い」と言うことになると思います。

ご年配者にスマホは事前の準備をお忘れなく

iPhoneでもAndroidでも同様ですが、IDとパスワードの組み合わせと言った簡単なことも、ご年配者には大きな障壁となります。
今さらご年配者にいわゆる「デジタル終活」的な事を求めるのも無理があるでしょう。

事前に、万一に備えて、必要な事前設定は必ずやっておいてあげ、必要な情報は本人に代わって対処できるように控えておいて下さい。。

  1. 通信事業者との契約に必要なアカウント(ネットワーク暗証番号、マイページのID・パスワードなど)を設定し、控えておく。
  2. 画面ロックの設定(ロック番号、指紋・顔)を設定し、番号は控えておく。
  3. GPSの位置確認、紛失時への備えも設定し、必要な情報は控えておく。
  4. Androidの場合は、本体とSDカードの暗号化を設定する。
関連記事

今やスマホは「命の次に大切」という方は増えていると思います。もしもスマホをなくした時、悪用されたり、転売されないように備えるにはどうしたら良いか?第1の重要なポイントが「スマホのロック」です。 使う時不便では困りますし、簡単なものにしてし[…]

スマホをロックするイメージ

 

今すぐ無理にガラケーをやめさせる必要はありません

「ガラケーは使えなくなりますよ」はセールストーク

なお現時点ではガラケーに慣れている方を無理にスマホに持ち替えさせる必要はありません「ガラケーは使えなくなる」は極端なセールストークであり、全く正しい情報ではありません。

正しくは「古くて遅い通信規格の3Gだけが使えなくなる」と言うことに過ぎません。
ソフトバングは2019年12月6日に3Gサービスを終了していますが、他の二社の3Gの終了は、ドコモは2026年3月末(iモードも同時に終了)、auは2022年3月末とまだずいぶん先ですし、4Gはその後も使えます。

2015年頃以降に販売されたガラケーは4G対応ですから、ドコモかAUでよほど古い機種をお使いの方以外はまだ10年ぐらいは使えます。

まだ新発売も続いているガラケー、実はメリットもたくさん

今入手できるガラケーはフィーチャーフォンとも言われる、通話以外にもカメラや決済機能など高機能の物ばかりです。企業ユーザー向けの需要も根強く、開発は続き実は毎年のように最新機種も発売されています

2019年に発売されたガラケーでは、防水・防塵、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイなどの実績のある機能はそのままに、省電力技術が高まり、長時間利用できるように進化しています。特に長時間使用については機種によっては約800時間と、ほとんど1ヶ月もの連続待受が可能なものもあり、スマホとは比較になりません。

災害時など強い味方になってくれるはずで、これだけでもシニア向けには大きなメリットとなります。

またガラケーはスマホより落下や衝撃に強く、耐久性も高く、アプリやサービスに非対応な分、セキュリティのリスクも低く、しかも圧倒的に長時間使用できることなど、ご年配者にはスマホより使いやすいことも多いのです。

デジタル終活的な観点からしても、ガラケーはセキュリティリスクが少ない分、ややこしい認証方法でロックされておらず、継承も比較的簡単です。

以上の事から、各種サービスをあまり必要としていない方は、無理にスマホを使う必然性は全くありません。

注意!ガラケー向けのサービスは停止される傾向が強い

ただしサービスやサイトで「ガラケー非対応」のものが増えてきました
たとえばLINEは一部のガラケーでは使えますが、「メッセージ到着時の通知ができない」などの不便があり実質使えません。
つまり家族間のコミュニケーションでLINEを使いたい方は、すぐにスマホ移行するしかありません。

Yahoo!もかなり以前にガラケー向けYahoo!メールを廃止しましたし、ガラケー向けサービスやサイトは閉鎖される例が増えてきました。しかし「乗換案内」など使えるサービスも多数残っています。

まとめ:
ガラケーにはメリットも多い。使用状況に合わせて移行を検討しましょう

つまり「通話やメールの利用が主」の方はスマホに移行させる必然性は全くありません。ご年配者向けにはガラケーならではの利点も多く、デジタル終活の観点からも、ガラケーのままの方が望ましいぐらいです。

ただし各種サービスが対応しなくなるケースが増えていますので、サービスの対応状況で移行のタイミングを決めるのが最適でしょう。

<BR>

このブログの運営サービスが日経新聞で紹介されました

オンラインデジタル終活サービスDigital Keeperが独創的スタートアップとして日経に!

2019年12月11日付の日本経済新聞朝刊「東京・首都圏経済」面「Edgy企業」に”「情報の遺品」管理容易”と、Digital Keeperが掲載されました。
「Edgy企業」は毎回独自性の高いスタートアップ企業が取り上げられますが、当社Digital Keeperのシンプルで柔軟なスキームや「情報本体と鍵を分散して保存する多要素分散保管」が評価されました。
日本経済新聞 電子版(有料会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53111870Z01C19A2L83000/

月々たった167円で実現するクラウド時代の終活サポートサービスとは

それは「独創的で、これから必要なサービス!」と日経新聞やテレビでも取り上げられたDigital Keeperです。
月々わずか167円(年会費2000円)で、一般的な終活だけでなく、「どなたにも今すぐ必要なデジタル終活」もできてしまう、新しいオンラインサービスです。
Digital Keeperでまず「大切なスマホやパソコンのデジタル終活」を5分で実現しましょう。そしてDigital Keeperがお届けする情報を参考にご自身にあった終活や「デジタルキーピング~デジタルの安全と安心」を進めましょう。

詳細は下記バナーからどうぞ!(新しいウィンドウでご覧いただけます)。
Digital Keeperバナー

<BR>

プッシュ通知を
>

「デジタルキーパー社公式ブログについて」
このブログはデジタルキーパー株式会社が「デジタルの安全な使用と継承~デジタルキーピング」をテーマに、「スマホ、PCの安全な使用方」から「正しいパスワード」「不正アクセスの防ぎ方」「デジタル遺品管理などデジタル終活の方法」まで、様々なノウハウをご紹介するブログです。
さらに2019年夏「コーヒー1杯分の代金でデジタル終活支援サービス~Digital Keeper」をスタートしました。
すでに日経新聞他マスコミ各社で取り上げられた、誰にも必要なデジタルキービングをサポートするサービスです。

CTR IMG