fbpx

Yahoo!ブログ閉鎖からデジタル知的財産保護と終活の必要性を考える

2019年12月ついにYahoo!ブログが閉鎖されました。無料サービスの終了が相次ぐ中で、長い間ネット上に蓄積されたコンテンツが無造作に失われています。しかし運営側のルールや対策は未整備で今後も同様な事例が繰り返されるでしょう。
「デジタル知的財産/デジタル遺品」とも言えるコンテンツを守るため、デジタル終活の有効性をご説明します。

オンラインのデータを自ら守るイメージ

2019年12月15日、ついにYahoo!ブログが閉鎖されてしまいました

相次ぐ無料のブログやホームページ作成サービスの閉鎖

最盛期は100万以上のブログが掲載されていた「Yahoo!ブログ」が12月15日に閉鎖されました。

閉鎖の理由は「市場環境や今後の事業方針などの検討の結果」と説明されています。

Yahoo!は他にも以前買収した無料ホームページ作成サービス「Yahoo!ジオシティーズ」も3月に閉鎖しており、これでYahoo!上でユーザーがコンテンツを公開するサービスはなくなったことになります。

無料のブログやホームページは継続が難しくなりつつある

「Yahoo!ブログ」「Yahoo!ジオシティーズ」のような無料のコンテンツサービスは、多くの来訪者を集めて広告を閲覧させることで「広告代収入」を獲得するため運営されています。

かつてはネット集客の中心として人気を誇ったブログサービスも、今はもっと手軽にアップできるSNSに移ってしまいました。

次第に広告収入も伸び悩み、今後運営コストがまかなえなくなると言う判断なのでしょう。

検索機能付きの大規模ポータルサイトを運営しているYahoo!ですら継続を諦めたわけですから、今後無料のブログはなかなか存続が難しくなったと考えざる得ません。

 

【次ページ:閉鎖されたらブログはどうなってしまうのか?】