fbpx

金ピカ先生・佐藤忠志氏の急死からSNSのデジタル終活の必要性を考える

40歳以上の方にとっては青春時代を飾る有名人の1人であった「金ピカ先生」こと佐藤忠志氏が2019年9月末にお亡くなりになりました。死後もしばらくそのまま残された佐藤氏のFacebookページを見て、なんとかならないものかと、Facebookの死後の扱いについて調べてみました。
実に複雑な手続が必要で、事前に備えておく必要性を痛感しました。
佐藤氏のご冥福をお祈りすると共に、この機会にご自身の問題としてもぜひお考えください。

金ピカ先生のご冥福をお祈りするイメージ写真

金ピカ先生 佐藤忠志氏を心からお悔やみ申し上げます

見た目とはずいぶんイメージが異なる繊細ですばらしい先生でした!

2019年9月の末、元予備校講師、教育評論家の金ピカ先生こと佐藤忠志氏の死去が突然報道されました

佐藤氏は1970年代終わりからバブル期にかけて、代々木ゼミナールで名物講師として大変な人気を誇り、多数の参考書も出版されて、その後は評論家、タレントとしても大活躍なさいました。

40代以上の方には懐かしく、その生き様にかなり強烈な印象が残っている有名人でした。

私も授業を受けたことがありますが、まるでヤクザのような独特の雰囲気と外見とは裏腹に、授業はていねいでわかりやすく、非常に勉強になりました。
また気さくさがあふれんばかりのお人柄で、受講生にも気軽に声をかけてくれ、沈みがちな受験時代、先生にはずいぶん励まされました。

私の周辺にも
「先生のおかげで苦手な英語が克服できて入試に通った」とか
「授業で当てられたとき、ささいななことをいっぱいほめてくれて、その後の大学生活の励みになった」
など、先生の人柄を懐かしむ方がたくさんいらっしゃいます。

それぐらい絶大な人気のある、超カリスマ講師でした。

詳細は分かりませんが、68歳で孤独死されたと言うことですが、生前のお元気さを思うと、未だに信じられません。

心からご冥福をお祈りします。

そのまま残ってしまった佐藤忠志氏のFacebookページから学ぶべき教訓

佐藤忠志氏のFacebookページは、痛ましいことに死後も約半年間そのまま残ってしまい、最後の書き込みには、10数件の追悼コメントが寄せられていました

佐藤氏は活発に投稿されていた時期も長く、直前までは相変わらず、意気軒昂で元気なご様子がうかがわれます。

ところが、2017年の2月末に最後の書き込みは今から思うと、意味深な内容でした。
その後何があって、先生がこのような最後を迎えることになったのかは分かりません。

しかし著名人も含めて1000名以上の「友達」がいながら「せめてお亡くなりになった後のページついて、すぐになんとかしてあげる人はいないのか?」と悲しくなってしまいました。

 

【次ページ:Facebookのユーザーが万一に備えて準備できることは?】