fbpx

コロナ対策とOSが一体化したiOS13.7そしてiOS14登場。その意義と使い方、COCOAも必要な理由は?

OSアップデートのお薦め
2020年9月2日に新型コロナ対策に対応したAppleのiOS13.7、17日にはiOS14にバージョンアップされました。しかし接触確認アプリCOCOAも引き続き必要です。
接触感染通知アプリCOCOAと一体化した新しいiOSは何が画期的で意義があるのか?どうしてCOCOAも必要なのか?そしてインストールの方法、使い方をやさしく解説します。
先日当社社員にCOCOAの「陽性者との接触通知」が届き、PCR検査を受ける体験をしました。
「もしもあなたにCOCOAの通知がきたらどうしたら良いか?」詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。
ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

当社社員に新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)より「陽性者との接触があった」と接触通知が来ました。幸いPCR検査の結果は「陰性」でしたが、通常は表示されない通知後のアプリの画面や、検査までの流れを経験できましたので、詳しくご[…]

接触確認アプリCOCOAに感染者との接触通知が来た
/ins>

コロナ対応iOS13.7がiOS14に進化!しかしこれからCOCOAも必要。なぜ?

2020年9月2日にAppleよりiOS13.7とiPadOS13.7が発表されました。そして17日にはiOS14に進化しました。

今回のアップデートは、通常のようにセキュリティ対応やバグの修正に加えて、iPhone用のiOS13.7より

「アプリをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用ができる」

ことが最大のポイントです!

iOS14も同じ仕組みを引き継いでいます。

ただしiOS14になっても日本では「COCOA」はこれからもイントールが必要です。その理由とは何でしょうか?

新しい新型コロナ接触検知システムとは?

iOS13.7のAppleの説明(英文)によると、iOS13.7の新型コロナ接触検知システムとは

  • 専用のアプリ(ENS)を入れないでも接触確認が可能なシステムENE(Exposure Notifications Express)が搭載された
  • 世界各国の公衆衛生局(日本は厚生労働省)は、
    「新しいENE利用」か、
    「専用アプリ(ENS)を利用する」か、
    「両方を併用する」
    を選択できる。

とあります。

ところが、実機で確認したところ、本日9月3日現在、日本では新しいENEには未対応で、専用アプリ(ENS)である「COCOA」をインストールする必要があります。

日本では新ENEは未対応でこれからもCOCOAが必要!これって無意味じゃない?

アフターコロナの時を考えると、大きな意義がある

いいえ、そんなことはありません。

COCOAのような専用アプリのおかげで、感染通知だけでなく、保健所とリンクした支援機能、たとえば「PCR検査を迅速に無料で受信する受ける案内を受ける」といった機能が使えます。

これは独自アプリだからこそできる優れたサービスです。だからCOCOAを使い続ける必要があります。

さらに新システムでは、

  • OSと感染対策アプリが一体化して信頼性が高まった。
  • 海外に出かけた際も、到着後すぐに現地のコロナ対応について通知を受け取り、設定メニューからすぐに対策を設定できる。
  • 日本のCOCOAのように早期に独自対策アプリを作る事ができない国でもすぐに対応できる。

など、アフターコロナで人の移動が再開した時のことを考えても、OSと一体となったiOS13.7の効果は非常に高いです。

たとえば

「独自アプリを作ることができない国でも、感染接触確認ができる」

「日本の空港に海外からのお客様が到着したとき、すぐに通知が来てCOCOAを入れてもらえる」

これはすばらしい進歩です。

厚生労働省さん、COCOAサイトの更新をお願いします。

それにしても、9月9日現在、厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application」サイトのトップには、まだiOS13.7についての記載はありません。

ヘルプには以下の説明があります。

■問12  iOS13.7では、接触確認アプリをインストールしなくても接触の通知を受け取ることができると聞きましたが、本当ですか。

■問13  接触確認アプリをインストールしていない端末を、iOS13.7にアップデートしました。「設定→接触通知→COVID-19診断を共有」に進むと、「“COCOA-新型コロナウイルス接触確認アプリ“規約」という画面が表示され、「同意する」を押しても接触確認アプリのインストールや利用ができませんでした。接触通知の機能を利用するにはどうすれば良いですか。

今回のバージョンアップは事前に発表されているのですから、早期にわかりやすい説明をお願いしたいです。

Androidは?これまで通り「COCOA」を使う

実は9月1日にAppleとGoogleは共同で発表を行っています。

その内容は

  • 両社はこれまでのアプリを使った接触確認ENS(Exposure Notification System)を発展させた新しいENE(Exposure Notifications Express)を開始した
  • 新ENEはENSと同等のことが実現できるシステムであり、これまでと同様ユーザーのプライバシーを守り、データを流用することはない。
  • AppleはiOS13.7以降はアプリをインストールすることなく接触感染通知ができる新ENEを提供する。過去のアプリENEも使える。
  • GoogleのAndroidではAppleと異なり、Googleが当局に代わって作成したアプリをダウンロードして使うことになる。アメリカの4つの州から開始する。

とのことです。

つまり

  • iPhoneは独自アプリがある国は独自アプリ。ない国はiOS13.7またはiOS14のENEを使用する。
  • Androidは独自アプリがある国は独自アプリ。ない国はGoogleが作成したアプリを使用する。

ということで、日本のAndroidのユーザーは、当分の間「これまでと同様、ENSの接触感染通知アプリCOCOAを使い」ます。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

6月19日にリリースした「コロナ接触確認アプリ(COCOA)」は、世界の技術を結集して作られた優れた仕組みで、確実に感染を減らすことができる優れたアプリの対策です。しかし誤った情報や先入観から「プライバシーが心配」とか「バッテリーが消耗[…]