fbpx

実録「COCOAに通知が来たらこうなる!」~体験を元に画面やPCR検査までの流れを詳しく説明

接触確認アプリCOCOAに感染者との接触通知が来た
当社社員に新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA(ココア)より「陽性者との接触があった」と通知が来ました。幸いPCR検査の結果は「陰性」でしたが、通常は表示されない通知後のアプリの画面や、検査までの流れを経験できましたので、詳しくご説明します。
通知後の保健所や検査の体制も満足できるものでした。COCOAは確実に感染拡大を食い止める効果があります。まだ入れていない方は安全のためすぐにインストールしましょう。
/ins>

COCOAに「陽性者との接触確認」通知がきた経緯

つい先日、Digital Keeperの社員のスマホに「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」から「陽性者との接触の通知」が届きました。

後日の検査結果では幸い「陰性」でした。

経緯は以下の通りです。

2020年
9月8日 午後2時頃 ココアに「9月1日に陽性者と接触の通知」が来る。すぐにアプリの指示に従い保健所に電話
9月9日 午後1時半 指定の区の検査場でPCR検査を受ける。
9月10日 午前8時半 PCR検査の結果「陰性」の電話連絡が入る。

 

COCOAの通知が来たあと、COCOAの画面で確認したこと

COCOAでは「最寄りの保健所に電話するか?」または「14日間様子を見るか」の二択しかない

以下の画面を見ると分かりますが、最終的には、どの選択肢を選んでも、COCOA上では

  • 最寄りの保健所の「帰国者・接触者相談センター」の電話番号を教える
  • 14日間様子を見るようにすすめる

の結果しか得ることはできません。

少しでも不安のある方は、このアプリ画面であれこれ迷うより、⑥の画面より保健所の電話番号を確認して電話した方が早いと思います。

当社社員は、介護の家族や、同居家族の影響を考えて、早期のPCR検査が希望し、COCOA画面に表示された最寄り保健所の「帰国者・接触者相談センター」へ電話して迅速に検査をして、すぐに結果を受け取ることができました。

COCOAのホーム画面で「接触確認をする」

陽性者との接触確認は「通知」で来ますが、COCOAのホーム画面には特に表示が出ません。
確認するためには、COCOAのホーム画面より「陽性者との接触を確認する」をクリックして次のページを確認する必要があります。

スマホにはいろいろな通知が届くため、「通知だけ」ではうっかり見落とすこともあります。

ぜひ「陽性者接触通知は、COCOAのホーム画面にも目立つ表示をつけて欲しいです!

接触感染通知アプリ「COCOA」のホーム画面

 

感染通知があったときのCOCOAの画面の流れ

※今回は都内のある区での体験ですが、具体的な区名や電話番号などは非公開とさせていただきます。
※アプリ画面は「Android版のCOCOA」です。

1.陽性者接触通知があると初期画面が変わる

陽性者との接触の有無によって、画面が変わります。

陽性者との接触通知があったときは、「その後の対応方法の説明画面」が表示されます。私は「電話で相談」ではなく「症状を入力して相談」を選びました。
「電話で症状を伝えて相談」に繋いでも、繋がらなかったり最寄りの保健所を紹介されるだけのようです。

【陽性者との接触確認確認がない通常画面】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」の見接触の時の確認画面
【陽性者との接触確認があった時の通常画面】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」、陽性者との接触があったときの画面

2.「相談方法の選択」

①フォームにしたがって状況を入れます。
②電話案内サービスは結局最寄りの保健所の電話番号を伝えられるだけですので、⑥のほうが早いです。

【症状の有無を選択する画面】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」-陽性者との接触があったとき、症状を尋ねる画面
【電話案内サービスへの通話画面】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」-陽性者との接触があって、電話相談したいときの画面

「症状の有無」「感染者との接触の心当たり」について選択します。

【感染経路について心当たりがあるか?】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」-陽性者との接触があったとき、症状のない人への質問画面
【陽性者との接触一覧】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」-過去14日間の陽性者との接触履歴一覧

3.最終の画面「保健所に電話するか?」「自宅で様子を見るか?」

どの選択肢を選んでも、結局は最寄りの保健所の「帰国者・接触者相談センター」の電話番号一覧か、「14日間待機を進める」画面に繋がります。
心配な方は、最初から保健所に電話した方が早いでしょう。

【最寄りの保健所の「接触者」電話番号一覧】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」-陽性者との接触があったとき、相談する窓口の保健所「帰国者・接触者相談センター一覧画面」
【14日間の待機を求める画面】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」-陽性者との接触があったとき、症状のない人への確認画面

【地名を選択すると最寄りの保健所の「帰国者・接触者相談センター」の電話番号が表示される】
新型コロナ接触感染通知アプリ「COCOA」-陽性者との接触があったとき、相談する「帰国者接触者相談センターの電話番号一覧」

COCOA通知を受けた後の経緯

当日:すぐに「帰国者・接触者相談センター」に電話

画面⑥より、最寄りの都内某区の保健所の「帰国者・接触者相談センターの電話番号」を知り、電話しました。

幸い電話はすぐに繋がりました。

係の方に「COCOAに陽性者接触通知があったこと」「一時、少しだけ喉の違和感など風邪の初期症状があったが、今現在は無症状で体調は問題ない」と伝えたところ

  • 特に症状がなければ様子を見るというのが保健所の基本的な判断。
  • COCOAの通知があっただけでは「絶対検査して下さい」という強制力はない。何か思い当たる節はあるか?

と訪ねられたため、
「基本は在宅勤務だったが、該当の日はたまたま外出して1時間ほど対面で1人の人と1時間ほど会話した。それ以外は自宅と面談場所との往復だけで誰とも長くは接していない」
「電車も空いていた」
「相手が感染していたかは連絡が取れず未確認」
「家族を拘束すことになるので困っている」
などをお話ししたところ、

  • 通知があった本人は待機を拘束されるが、家族は拘束されない
  • 在宅勤務の方でも、検査は受けることはできる。

との説明でした。「家族や仕事のため念のため検査を受けたい」と伝えたところ、すぐに翌日の午後一番の検査の予約を取ってくれました。

  • 氏名、生年月日、住所、電話番号を聞き取った後、
  • 検査は無料、保険証など本人確認の書類を持参して欲しい
  • 検査所までは公共交通機関を使わないできて欲しい
  • 検査の結果は早ければ翌日の午前中

と検査場所の詳細を教えてもらいました。

保健所の方の説明は明快で、5分ほどの電話で翌日のPCR検査の予約が取れました。

二日目:翌日午後のPCR検査

翌日は自転車で指定された区役所の駐車場に向かいました。

検査会場は「撮影禁止」だったため画像はありません。また混乱を避けるため具体的な場所は記載しません。
  1. 屋内駐車場の外に面している部分の一角が衝立で区切られ、受付や待機場所が用意され、ドーム型の大きなテントの臨時検査場が用意されていました。
  2. 待機所には間隔を開けて5つの椅子が並んでおり、受付や案内役の人は。マスクとフェイスガート姿でした。
  3. 身分証明書やCOCOA画面のチェック、体温測定などはなく、番号札を受け取って座って待ちました。
  4. 受付の際「結果は明日知らせる予定だが、混雑しているため、場合によっては数日遅れることもある。必ず連絡するので待っていて欲しい」と説明されました。
  5. 予約時刻定刻に番号が呼ばれ、テントの入口に案内されました。
  6. 完全防護服の検査スタッフ二人に、検査キット記載の自分の氏名を確認された後、「マスクをずらして鼻を出すよう」に指示され、細い綿棒を鼻孔の奧に入れられて、あっという間に検体を拭い取られました。

検査はこれで終わりで、1分もかかりません。手のアルコール消毒だけしてそのまま帰宅しました。

三日目:翌朝の陰性の電話連絡

検査の翌朝、8時半頃保健所より電話があり、

  • 結果はマイナス、陰性だった。
  • 接触より2週間様子を見てもらいたいが、特に行動の制限はない

と電話連絡があり、安心できました。

心当たりや症状はないとは言え、通知が来てから結果報告までは、家族や周囲に気を遣い、本当に不安でした。

その後も2週間の間は極力外出や他人との接触はされるよう意識して過ごしています。

 

スマホに残る接触記録

Androidスマホに残る接触記録の確認方法

COCOAをインストールしたスマホには接触記録を確認したログが残るようになっています。

Androidスマホでは「設定」-「Googleの設定」から閲覧できます。

※まだこのあたりの画面は未完成のようで、使いにくいです。

【Google設定画面のCOCOAについてを選択】
Androidスマホの「Google設定」に新しく加わった新型コロナ対策コーナー
【「アプリからの接触確認リクエスト」を選択】
Androidスマホの「Google設定」に新しく加わった、アプリからの接触通知のリクエスト照会画面
【アプリからの接触確認リクエスト画面から通知が来た時間をクリックする】
Androidスマホの「Google設定」に新しく加わった、アプリからの接触通知のリクエスト一覧
【陽性者と接触が確認された時間と確認の照合に使われたハッシュ値が分かる】
Androidスマホの「Google設定」に新しく加わった、接触通知の詳細画面

 

まとめ:
COCOAはちゃんと役に立ちます。まだ入れていない方はすぐにインストールしましょう!

当社社員のケースでは、いろいろと調べましたが、陽性者とどこで接触したかは未だに分かっていません。

しかし、幸い「陰性」だから良かったものの、もしも「陽性」だったら、介護を受けている高齢の家族に感染させる恐れもあったわけで、COCOAの通知は大変役に立ちました。

COCOA自体、まだ未完成の印象で、「画面の記載内容など改善の必要」はありますが、保健所には申し出るとすぐに検査を受け付けていただき、しかも連絡後40時間ほどでPCR検査の結果を受け取ることができ、大変安心できました。

政府からもコロナの通知が来た人が希望した場合は、公費で検査を受させるように通達が出ています。

<a href=”リンク先” target=”_blank” rel=”noopener”>新型コロナウイルス感染症に係る行政検査(厚生労働省PDF資料)</a>

COCOAについては、「バッテリーが減る」「役に立たない」などの誤った風評が広がっていますが、実際に体験すると必要なものだと痛感できます。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

6月19日にリリースした「コロナ接触確認アプリ(COCOA)」は、世界の技術を結集して作られた優れた仕組みで、確実に感染を減らすことができる優れた対策です。しかし誤った情報や先入観から「プライバシーが心配」とか「バッテリーが消耗するので[…]

インストール数は9月11日現在1663万件と今ひとつ伸びが良くありません。すでに710件の陽性者登録も出ており、確実に感染機会を減らしています。

ぜひインストールして自分と家族の健康を守りましょう。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

2020年9月2日に新型コロナ対策に対応したAppleのiOS13.7が発表されました。しかし接触確認アプリCOCOAも引き続き必要です。接触感染通知アプリCOCOAと一体化した新しいiOSは何が画期的で意義があるのか?どうしてCOCO[…]

OSアップデートのお薦め

 

「このブログより役に立って、デジタル終活もできるサービスがあるって?」

Digital Keeperバナーそれは日経新聞やテレビで「独創的でこれから必要」と取り上げられたDigital Keeper®です!
週3回「スマホの安全」「不正ログインを防ぎ方」「OSやアプリのアップデート情報」など、役立つセキュリティ情報が届き、さらに「わかっていてもやってない、スマホやアカウントのデジタル終活」も実現できるオンラインサービスです。

会費は月々わずか167円(年2000円)。1ヶ月無料で試用できます。アフターコロナにそなえ、ぜひご体験下さい。

詳しくはこちら