パソコンに突然現れる「トロイの木馬」の 警告の消し方は?2つの対処方法をやさしくご案内

トロイの木馬の警告の消し方は?
突然パソコンに「あなたのパソコンはトロイの木馬に感染しています」と表示されることがあります。また同時に警告音が鳴ったりアナウンスが流れることもあります。またAndroidのスマホに出てくることもあります。
しかし安心してください。これら表示は本物ではなく100%偽の警告です。またパソコンにはなんの問題もありませんし、情報を盗まれることもありません。

まずは落ち着いて、ゆっくり当記事をご覧になってパソコン、スマートフォンにあった消し方で「警告を消す」対処をしてください!

1.パソコンに突然現れる「トロイの木馬」の偽警告には2種類ある。

A.画面いっぱいにトロイの木馬の警告が現れて消せない場合(パソコン)

パソコンに突然表示されて、スタートメニューも閉じるボタンも押せない警告。通常はMicrosoftのサポートに電話するよう表示されています。

これは広告配信の仕組みを悪用した偽警告で、画面に表示されている050-○○~の電話番号に電話させようとたくらむサポート詐欺の偽警告です。

電話してしまうと日本語を話す外国人のオペレーターが出てきて、言葉巧みにあなたのパソコンに遠隔操作ソフトを入れてパソコンを操り、わざと不具合を作り出して、サポート代金をだまし取ろうとします。

「マイクロソフトのサポート」「Microsoft Defenderサポート」などすべてデタラメです。

決して電話してはいけません。電話してしまったらすぐに電話を切って、パソコンの電源ボタンを長押しして強制終了しましょう。

 

 

B.画面の右下から消しても消しても何度もひんぱんにトロイの木馬の警告が出てくる時(パソコン、Androidスマホ)

おそらくブラウザーのクローム(Google Chrome)やエッジ(edge)の通知機能を悪用した偽広告です。

以下のように「マカフィーからの警告」を装うものも多く、細長いポップアップ広告の形で表示されます。

Windows10のアクションセンターに表示された不正な通知

表示自体がデタラメなので、危険はありませんが、邪魔なので、ブラウザーの設定を見直して消してしまいましょう。

「スマホにウイルス」はウソ!スマートフォンにはウイルスは存在していません!

ぜひしっかりと認識いただきたいのですが、スマートフォン(Android、iPhone)共にウイルスやマルウェアは存在していません。
スマホに不正なものが入るとすれば、それは「不正なアプリ」しかあり得ません。しかしアプリは必ずインストール作業が必要で、勝手に入ってしまうことはないのです。

したがってスマートフォンにはウイルスもトロイの木馬もそもそも感染しません。

スマートフォンに「ウイルス、マルウェアが感染しています」とか「トロイの木馬に感染しています」がでたら、その時点で詐欺広告と判断してください。

 

2.サポート詐欺のトロイの木馬の偽警告の消し方

とにかく消したいときはパソコンの電源ボタンを長押しして強制終了すれば良い

すぐに消してしまいたいときは「パソコンの電源を落として強制終了」しましょう。

ただし、電源スイッチやボタンを普通に押しただけでは「スリーブ状態」といって、「今のままの状態を保存して終了」になってしまいます。これでは再度電源を入れるとまた警告画面が復活してしまいます。

電源スイッチやボタンを長押し(7~8秒程度押したままで画面が真っ暗になるまで待つ)をしてください。

 

トロイの木馬の偽警告はブラウザー(クロームやエッジ)を閉じれば消えてしまう

偽警告はホームページを見るソフトであるブラウザー(Chromeやedge)の画面をパソコンの画面いっぱいに広げてみせることで、他の操作をできなくしているだけです。

したがってブラウザーを閉じるか、パソコンを強制的に終了すると消えます。

しかし警告画面が邪魔してブラウザーが終了できないときは、

  1. キーボードから「Alt」と「f4」キーを同時に押して、「このページから移動して良いですか」は「OK」としてブラウザーを終了させる。
  2. 上記で消えないときは、「Ctrl」と「Alt」と「Delete」の3つのキーを同時に押して、「タスクマネージャー」を選択。タスクマネージャーの「プロセス」のリストの中より、ご自身がお使いのブラウザー(Google ChromeやMicrosoft edge)を選択し、右下の「タスクの終了」を押す。

で削除できます。

 

トロイの木馬の偽警告の消し方について詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

ネットをしているといきなり警告音が鳴り「あなたのパソコン(スマホ)はウイルスが感染しています」「システムが損傷しています」との画面が表示され残り時間が表示されて「今すぐ対応を」と求められるるケース。それはシステム警告詐欺です!本物の警告は、[…]

警告詐欺にあわてるシニア

3.通知機能を悪用したトロイの木馬の偽警告の消し方

ブラウザーの設定を変更することで、誤って許可してしまった通知を削除すると簡単に消すことができます。

詳しくはパソコン、スマホ別の以下の記事を参考にしてください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

スマホやパソコンの使用中「ウイルスが検出されました」「マカフィー(McAfee)の警告」など右下に勝手に出てくるしつこい、うざいセキュリティー警告のプッシュ通知やポップアップに悩んでいる方。それはブラウザーの通知機能を悪用するブラウザーハイ[…]

プッシュ通知を消す方法
ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

Androidスマホを使っているとスマホの上端の通知領域(ステータスバー)に「システムチェックを強くおすすめします」などのセキュリティに関するスパム通知が次々に届くことがあります。これはChromeなどのブラウザーのWEBプッシュ通知を悪用[…]

Androidスマホの迷惑通知の削除方法とどうして来るのか?をやさしく解説

 

トロイの木馬の偽警告が出た時、何か被害はあるのか?

「トロイの木馬」なんて今は感染しない。警告はすべてウソ!被害は無い

「トロイの木馬の警告」は、いわば悪質な広告に過ぎません。ただ表示されているだけでパソコンやスマホ自体には何の問題もありません。

偽警告さえ消すことができれば、パソコンもスマホもそのまま使用して全く問題ありません。

トロイの木馬とはかつて猛威をふるったマルウェアの種別ですが、パソコンやスマホのセキュリティが強化された現在、すっかり影を潜め、一般のユーザーが普通に使っていて、本物のトロイの木馬に感染する可能性は極めて少なくなりました。

トロイの木馬などという言葉を使うこと自体がこの警告のあやしさを表しています。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

パソコンに突然「マイクロソフトセキュリティアラーム」「トロイの木馬ウイルスに感染して攻撃されています」などのアラートや警告音が流れ、至急Windowsサポートサービスに電話するよう警告メッセージが表示されることがあります。これらはマイクロソ[…]

個人情報が抜かれることはあり得ない

「トロイの木馬の警告」が表示されたとしても、スマホやパソコン内の情報が相手に伝わることはありません

そもそもブラウザーでどのようなページを見ても、相手に個人を特定するような情報は絶対に伝わりません。「あなたの個人情報が漏れました」というような表示はすべて詐欺と思って大丈夫です。

決して警告を信じて怪しいソフトやアプリを入れてはいけません。

 

どうしたらトロイの木馬の偽警告が出なくなる?

サポート詐欺のトロイの木馬の偽警告はどうして出る?

詐欺警告は「サイトに表示される広告」を悪用して表示されます
サイトやプログを訪問すると、さまざまな広告が表示されます。ほとんどの広告は固定されたものでなく、訪問者の趣味や嗜好にあわせてふさわしいと思われるものが配信されます。

ところが警告詐欺の犯人は、この配信される広告に不正なプログラムを紛れ込ませて、不正な広告を表示させようとします。

もちろん広告配信会社もサイト側も対策は進めていますが、広告があまりに多く、犯人側も偽装して簡単にばれないようにしているため、完全に防ぐことができていません

どちらの方法でも、アクセスしたユーザー側は何も落ち度がなくても、偽サイトが表示されてしまうのです

通知機能を悪用したトロイの木馬の偽警告は安易に「通知を許可」をしないこと

「ブラウザーのブッシュ(PUSH)通知機能」は、一般的なもので、ニュースサイトから個人ブログまで、同意があった読者に,記事の新着情報などを伝えるために、広く使われています。

「通知しても良いですか?の問い」に「許可」をクリックすると、それ以降、ポップアップ通知で偽物の警告が勝手に送られて、McAfeeなどの広告へ誘導されるようになります。

偽警告の犯人はこの「許可」をクリックさせるためだけにいろいろなおとり画面を作って、あなたに「許可」を押さそうとします。

ニュースサイトが新しいニュースを知らせてくれるような正しい通知は「許可」して構いませんが、だまされて許可してはいけません!

だまされないためには、上のような「許可を求めるボタン」は安易に押してはいけません!

 

まとめ:

パソコンやスマホのセキュリティーが強固になった今、本当にパソコンやスマホがウイルスに感染することはほとんど無くなりました。
むしろだまされて、不要なアプリやサービスを交わされてしまう被害の方がはるかに多くなっています。

警告はまず「詐欺」と疑い、真偽を確認してから対応するようにしましょう。

 

 

「私のスマホやパソコンがハッキング、感染しているかも、、」本当にハッキングされているか確実に調べる方法は?

ネット上のデマや悪質業者の広告を信じてはいけない!

当ブログでご説明しているとおり、スマホやパソコンに突然現れる「ハッキングやウイルスの警告」は広告目的の詐欺警告がほとんどです。

しかし、まれとは言え、時には「不正なアプリをインストールされた」「アカウントを乗っ取られた」などが原因で本当にハッキングされることもあります。

本当にハッキングされているかも、、」とどうしても心配なときは、ハッキングやウイルス感染などの調査を行っている専門会社に調査を依頼しましょう。

しかし、ネットで調べると、ハッキング調査を探偵や興信所が行っているところが見つかりますが、パソコンやスマホのセキュリティが強化されている現在、ログ解析などのハッキング調査は高度な技術と実績を持つ専門家しかできません。

より正確な情報を安全に調べるには、ハッキング調査の専門業者に相談しましょう。

おすすめのハッキング調査会社:デジタルデータフォレンジック

デジタルキーパーも貴重な情報を提供いただいている「デジタルデータソリューション株式会社 の《デジタルデータフォレンジック》」は、官公庁、警察・捜査機関からの信頼も厚い、国内随一の高い技術と実績を持つサービスです。

累計の相談件数は1万4,000件以上。国内売上11年連続No.1のデータ復旧技術を利用して、デジタル遺品の調査・データ抽出を受け付けています。

相談~調査の見積もりまでは無料で対応してくれるので、まずは一度相談してみるとよいのではないでしょうか。

信頼できるハッキング調査会社

 

Digital Keeperお薦めのセキュリティソフト

やはりセキュリティ対策ソフトは必要です

今では、サイバー攻撃の主流はユーザーをだまして、不正プログラムをインストールさせたり、偽サイトに誘導し個人情報を盗み取る手法に移行しています。

Windows10のセキュリティ機能(Windows Defender)は、ウイルスの侵入は防ぎますが、ユーザーをだますフィッシング対策はありません。

セキュリティ専門ソフトは、より強力な防御力と以下のような追加機能で、あなたとご家族の危険を確実に減らしてくれます。

  • フィッシングサイト等、ネット上の危険なコンテンツへのアクセスを止める。
  • フィッシングメールにだまされてURLをクリックしても「警告」して止める。
  • 感染しても重要な個人情報の流出や不正送金を食い止める。
  • ネット上にあなたの個人情報が流出していないか調査する。
  • お子様のネットの利用時間や不健全なサイト利用を制限する。
  • 紛失したスマホを探したり、データを削除する。
  • 外出時に使う公衆wifiをVPNを使って安全に使用する。
  • サイバー攻撃にあった時、ユーザーサポートの支援が受けられる。

※iPhoneは強固な構造のためセキュリティアプリは不要ですが、Androidにはセキュリティアプリは必要です。

セキュリティソフトの選び方、買い方

セキュリティソフトの選択は、価格や広告で選んではいけません!無料なアプリはかえって危険につながることもあります。

  • 世界各国で使用実績が豊富で、要求が厳しい企業向け製品にも実績のある
  • 運営会社が信頼でき、国家からの干渉がなく、個人情報やデータの秘密が守られる
  • 動作が軽く、機器使用の障害にならない
  • ご自身だけでなく、ご家族のスマートフォン、タブレットもすべてカバーできる
  • ユーザーサポートがしっかりしている。

製品がおすすめです。

また、タブレットやスマホまで、トータルでカバーできて「子供が無くしたスマホを探す」など家中の機器すべてをまとめてセキュリティ管理でき、費用も大幅に安くできます。
購入は、ダウンロード販売が使用環境に併せて、数や機能を選択できるため、安くて便利です。ご家庭のパソコンやスマホの数(1台~10台)や使用期間(1年~3年)にあったものをお選びください。

お奨めのセキュリティソフトはノートン

Digital Keeperがおすすめしているのは世界で一番売れているーノートン の製品です。

ノートンは1990年から販売されている世界でも指折りのセキュリティ対策ツールです。防御力は世界各地の第三者機関のテストで常に「最上」の評価で、ノートン セキュア VPNという、wifiを安全に使えるVPN機能も標準で含まれています。