fbpx

「個人用Vault」の使い道?デジタルエンディングノートの保管場所にも最適な最強の情報用金庫!

個人用Vailtのイメージ写真
マイクロソフトのOneDriveに追加された「誰でも簡単確実に重要データを保管できる」新機能「個人用Vault」は重要情報の保管と安全・利便性も両立させたすばらしい機能です。また大切な「デジタルエンディングノート」の保存場所として最適です。
この優れた機能の使い方をやさしく解説します。
/ins>

OneDriveにうれしい金庫機能「個人用Vault(Personal Vault)」が追加されました。

「個人用Vault」とは?

マイクロソフトのクラウドストレージサービスOneDriveに、2019年9月30日に追加された「重要データを保管する」新機能です。
ちなみにVault(ヴォート)とは「金庫」のことです。

「個人用Vault」の何が優れているか

「個人用Vault」には専用の鍵をかけることができる

OneDrive自体のセキュリティに加えて、「個人用Vault」を使う際にはその都度、Microsoft Authenticatorアプリ、指紋、顔、PIN、メールまたは SMS 経由で送信されるコード」などの本人確認の 二段階認証が求められるようになり、二重の安全対策で守ることができます。

またOneDriveに通常保管したデータは、設定によっては、ご自身のPCやスマホの内部にも保管されています。

しかし「個人用Vault」に保管されたデータは自動的に暗号化され、「個人用Vault」用の認証がされなければ絶対に閲覧することはできません

そもそもOneDrive自体が安全で使いやすいクラウドストレージ

OneDrive自体「マイクロソフトアカウントによる二段階認証」や、「SSLを使った通信の暗号化」「ファイルの復元」「強固なクラウド保存」など優れたセキュリティを誇っており安心して使えます。

またよく使われているWordやExcelといったソフトとの親和性も高く、「個人用Vault」を追加することで、よく使うデータのさらに強固に守ることができます。

「個人用Vault」使用上の注意

OneDriveはマイクロソフトのオンラインサービス群である「Office 365」に含まれるクラウド保管サービス(オンラインストレージ)です。

その1機能である「個人用Vault」自体利用料はかかりませんが、OneDriveあるいはそれが含まれるOffice365の契約形態によって、利用できるファイル数に制限があります

無料版は3フィイルしか保存できませんが、有料版や年会費を支払っているOffice365をお使いの方は自由に「個人用Vault」を使うことができます。

  • 無料版OneDrive・・・保存できるファイルは3つまで
  • 有料のOffice 365 Home/ Personal・・・全体容量の制限範囲内で無制限に保存できる。

 

>>次ページ 個人用Vaultの設定の仕方や使い道は?