fbpx

ガラケー終了?「シニアがスマホへ機種変更」は正しい選択か?

ガラケーをスマホに交換、戸惑う年配者
/ins>

年配者のガラケーをスマホに変えるとしたら、iPhoneかAndroidか?

ITmedia NEWSの「シニアのスマホ選び」の記事より

2019年末にITmedia NEWSに興味深い記事が掲載されました。
従来の携帯電話(フィーチャーフォンいわゆるガラケー)の選択肢が少なくなったため、ご年配の方にスマホを使ってもらうためには「AndroidとiPhoneどちらがふさわしいだろうか?」との特集記事です。

ITmedia NEWSの結論は「身近な人と同じ機種を選ぶ」

ITmedia NEWS様の結論としては「使い方を相談するであろう身近な方が使っているのと同じ機種が良い」とされています。

理由として、例えばスマホはアイコンを操作して使いますが、このアイコン、慣れている方には当たり前です。しかし不慣れな方には文字の説明が無いため、全く意味不明で何のことかさっぱりわかりません

また機種によってアイコンのデザインや表示場所も異なり、異なった機種間では、対面しながらでないと使い方の説明は大変でしょう。

シニア向けで販売されている「らくらくフォン」にしても、その実態は大きめのアイコンが並んでいるスマホですから、同じ機種を持っていないと、電話やメールで使い方を説明することはかなり困難ですね

シニア向けはiPhoneが無難か?しかしAndroidならではの強みもある。

セキュリティ的にはiPhoneが優れている

当社なりにセキュリティや使い勝手から判断すると、以下の点からiPhoneの方がご年配者向きと考えています。

iPhoneの最大の強みは、創立者スティーブ・ジョブスの強力なリーダーシップにより「垂直統合モデル」すなわち、「機種設計からOS、アプリの管理方法に至るまで、全てをApple社が独占的に行っている」が今でも続いていることにあります。

その結果、以下のようなAndroidにはない利点があります。

  • 内部データは完全に暗号化されており、データ流出の心配がなく、ウイルスの感染リスクも極めて少ない。特に設定をせず、買った時のままでも基本的に安全度が高い。
  • 紛失時に情報流出に繋がるSDカードがそもそも使えない
  • iPhoneはすべてApple社製で、同一OSを使っているため、機種が異なっても画面表示は統一されていて説明しやすい
  • 新しい機種では顔認証などの生体認証の性能が高く、ユーザーは意識しないで強固なロックと解除が可能。
  • Androidにありがちな機器メーカーごとの独自仕様や、最初からインストールされている各社の独自アプリがなく、Appleの純正機能や純正アプリ使用だけでも一通りの作業ができるため、初心者にとってシンプルで使いやすい。

結論としては、身近な方がiPhoneをお使いでしたら、iPhoneが選択肢となるでしょう。

Androidも性能的には追いついた。カスタマイズできることが最大の利点

しかしAndroidも、上記1.と2.は設定次第で対処できますし、4.についてもiPhoneと同等の製品がたくさん出てきました。

特に「4.の生体認証の性能」については十分に考慮して機種選考をすべきと思います。

画面ロックが面倒だと、「ひとめで覚えられてしまう簡単なパターン」にしたり「0000」等にしたままだと、思わぬ事故に巻き込まれてしまいます。

生体認証が使えることは、ご年配者向けの機種では大切な事です。
またご年配者は指が乾燥していて指紋認証がなかなか通らない方が多いようですので、顔認証を搭載している機種がより適切でしょう。

3.と5.だけは「メーカーごとに個性や機能を競わせる」というAndroidの長所にも繋がる特性ですので、どうにもなりません。

その代わりAndroidではiPhoneと違って画面メニューをご年配者にわかりやすい簡単なものに交換することもできます

わざわざシニア向けの高価な割りに性能が劣る「らくらく○○」を買わなくても、画面のホームメニューを入れ替えれば、容易に「らくらく○○」も実現できます。

結論としてはAndroid機種については、ITmedia NEWS記事の結論と同じく「身近な方が使っているのと同じメーカーの機種にして、ご年配者向けにカスタマイズするのが良い」と言うことになると思います。

ご年配者にスマホは事前の準備をお忘れなく

iPhoneでもAndroidでも同様ですが、IDとパスワードの組み合わせと言った簡単なことも、ご年配者には大きな障壁となります。

今さらご年配者にいわゆる「デジタル終活」的な事を求めるのも無理があるでしょう。

事前に、万一に備えて、必要な事前設定は必ずやっておいてあげて、必要な情報は本人に代わって対処できるように控えておいてください。

  1. 通信事業者との契約に必要なアカウント(ネットワーク暗証番号、マイページのID・パスワードなど)を設定し、控えておく。
  2. 画面ロックの設定(ロック番号、指紋・顔)を設定し、番号は控えておく。
  3. GPSの位置確認、紛失時への備えも設定し、必要な情報は控えておく。
  4. Androidの場合は、本体とSDカードの暗号化を設定する。
ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

今やスマホはあなた本人を確認の鍵でもあります。もしもスマホをなくした時、悪用されたり、転売されないように備えるにはどうしたら良いか?先日「世界一受けたい授業」でも取り上げられた最重要ポイントが「スマホの画面とSIMカードの2つのロックの仕方[…]

スマホをロックするイメージ
/ins>

まとめ:
ガラケーにはシニアにとってのメリット多数です。セールストークには乗らず、使用状況にあわせて慎重に検討しましょう

つまり「通話やメールの利用が主」の方はスマホに移行させる必然性は全くありません。ご年配者向けにはガラケーならではの利点も多く、デジタル終活の観点からも、ガラケーのままの方が望ましいぐらいです。

ただし各種サービスが対応しなくなるケースが増えていますので、サービスの対応状況で移行のタイミングを決めるのが最適でしょう。

スマホを持たせたとしても、災害時で充電もできなくなった時の備えとして、ガラケーも用意しておくことも検討した方が良いかもしれません。

 

 

「このブログより役に立って、デジタル終活もできるサービスがあるって?」

Digital Keeperバナーそれは日経新聞やテレビで「独創的でこれから必要」と取り上げられたDigital Keeper®です!
週3回「スマホの安全」「不正ログインを防ぎ方」「OSやアプリのアップデート情報」など、役立つセキュリティ情報が届き、さらに「わかっていてもやってない、スマホやアカウントのデジタル終活」も実現できるオンラインサービスです。

会費は月々わずか167円(年2000円)。1ヶ月無料で試用できます。アフターコロナにそなえ、ぜひご体験下さい。

詳しくはこちら