【2022最新】マカフィー(McAfee)偽物警告などしつこいWEBプッシュ通知を消す方法・対策は?

プッシュ通知を消す方法

ブラウザー別「しつこいWEBプッシュ通知を消す方法」

WEBプッシュ通知はウイルスではありません。おちついて対応しましょう

しつこいWEBプッシュ通知は、「ブラウザーの設定を変更して通知を表示させる」だけの不正広告です。

通知は表示されるだけで、表示された通知を信じて、その先で何かインストールしたり、個人情報を提供したりしなければ、心配はありません。  

ブラウザーの通知設定から、しつこい通知元を削除すれば、対策は完了です。

また、Androidやパソコンをお使いの方は、念のため、信頼できるセキュリティソフトでスキャンして、異常がないか確認して下さい。

以下、「良く使われているブラウザー別」にWEBプッシュ通知の削除方法を解説します。

なお各プラウザーとも最も簡単で確実な削除方法は「ブラウザーをリセット」する方法ですが、リセットしてしまうと、必要な通知や閲覧履歴などもすべて消えてしまいますので、トラブルになっているWEBプッシュ通知だけを削除する方法も解説します。

  ※各ブラウザーのバーションは2021年1月現在の最新のものです。

最初に、不正なWEBプッシュ通知を送ってくるサイトのドメイン名をメモしておく

表示されたWEBプッシュ通知の画面より、「不正な通知を送ってくるサイトのドメイン名(○○.com、○○.bizなど)」をメモして記録し、ブラウザーの「設定」より不正なサイト名を削除します。

不正な通知を送ってくるサイトのドメイン名を記録しておく
スマホの通知バーの表示
不正な通知を送ってくるサイトのドメイン名を記録しておく
Windows PCの通知

 

パソコン用の「グーグルChrome」のWEBプッシュ通知を消すには?

パソコンの代表的なプラウザー「グーグルChrome」での削除方法は次の通りです。

1.クロームのメニューの「設定」を開く

グーグルChromeメニューの「右上端の3つのドット」をクリックして「設定」画面を開きます。


GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

2.初期設定に戻ってもかまわない方は→「設定をリセットする」。
今の設定を残したい方は「3.」へ

「私は特にChromeに設定などしていない」という方にとって、最も簡単な方法は「設定」の最下部にある「リセットとクリーンアップ」から「設定のリセット」を行うことです

「設定のリセット」をすると、不正な設定はすべて消去され、一括して通知はオフになります。

しかし同時に、ブックマークやパスワードは残りますが、ご自身が行った設定や、正しい通知すべて消えて初期状態に戻り、拡張機能を入れていた場合は無効になってしまいます。

正しい設定を残しておきたい方は、以下の「手順3.サイトの設定を開く」にお進みください

GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法「リセット」

 

3.「サイトの設定」を開く

開いた「設定画面」より、「サイトの設定」を選択します。

GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

3.「すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示」を開く

すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示」を開くと、いろいろな権限を許可しているサイトの一覧が開きます。

GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

4.「不正なサイト」を選択し、権限のリセットで不正広告サイトのデータを削除する

メモした怪しいドメイン名を探しだし、右端の「設定(3つのドット)」をクリックして「データを削除」を選択することで削除できます。

※個別に削除が面倒なら、不正でないサイトもすべて削除されてしまいますが「データをすべて削除」しても構いません。

GoogleクロームのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

 

パソコン用の「マイクロソフトEdge」のWEBプッシュ通知を消すには?

パソコンの最新プラウザー「マイクロソフトEdge」での削除方法は次の通りです。

1.Edgeメニューの「設定」を開く

Edgeのメニューの「右上端の3つのドット」をクリックして「設定」画面を開きます


MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法 

2.初期設定に戻ってもかまわない方は→「設定をリセットする」。
今の設定を残したい方は「3.」へ

「私は特にEdgeに設定などしていない」という方にとって、最も簡単な方法は「設定」の最下部にある「設定のリセット」から「設定を復元して規定値に戻します」を行うことです

「設定を復元して規定値に戻します」をすると、不正な設定はすべて消去され、一括して通知はオフになります。

しかし同時に、お気に入りやパスワードは残りますが、ご自身が行った設定も消えて初期状態に戻り、拡張機能を入れていた場合は無効になってしまいます。

正しい設定を残しておきたい方は、ひとつ下の「手順3.Cookieとサイトのアクセス許可」にお進みください

 

3.「Cookieとサイトのアクセス許可」を開く

開いた「設定画面」より、「Cookieとサイトのアクセス許可」を選択します。

MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

4.「すべてのサイト」を開く

「すべてのサイト」を選択すると、通知などの許可を出しているサイトの一覧が表示されます。

MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

5.リストより「不正なサイト」を選択し、不正広告サイトのデータを削除する

メモした怪しいドメイン名(下記の例では「findmedia.biz」)を探しだし、不正と思われるサイトの「設定(>)」を開いて「アクセス許可のリセット」することで削除できます。

MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法 MicrosoftエッジのWEBプッシュ通知削除の設定の方法

 

Androidスマホ版ChromeのWEBプッシュ通知を消すには?

代表的なプラウザー「Android版Googleクローム」での削除方法は次の通りです。

以下の画面は、AndroidOSのバージョンやスマホ機種、メーカーによって異なります。
以下を参考に、「設定」-「通知」内で「アプリ内のその他の設定」または「アプリ内の通知設定」を探して、削除して下さい。

 

1.クロームのメニューの「設定メニュー」を開く

Googleクロームのメニューの「右上端の3つのドット」をクリックして「設定メニュー」画面を開きます

Android版Googleクロームの「設定メニュー」

2.「設定」を開く

開いた「設定メニュー」より、「設定」を選択します。

Android版Googleクロームの「設定メニュー」

3.「不正な通知を送るサイトのURLを削除する」手順

「設定」より「通知」を選択します

「詳細設定」を選択します。

 

「アプリ内のその他の設定」または「アプリ内の通知設定」を選択します。

 

「通知が許可されているURLの一覧」から、メモした怪しいドメイン名(下記の例では「22topvideos.com」)を探しだし、「データを削除してリセット」することで削除できます。

これを不正なURLがなくなるまで繰り返して下さい。

もしもクリックしてしまったら!?

偽警告の誘導先はMcAfeeがほとんどですが、正規のMcAfeeサイトですので、そこでセキュリティ対策ソフトを購入してしまったとしても心配はありません。

しかし少しでも不信を感じた場合や、偽警告から購入したことに納得できないときは、McAfeeのサポートに連絡して購入のキャンセルを依頼してください。
McAfeeも偽警告の横行は認識していますので、快く対応してくれます。

McAfee以外にも、不要の高額課金アプリやセキュリティソフトへ誘導されるケース、また偽サポート契約を結ばせる偽警告に誘導される場合もあります。

不審なアプリは削除し、サプスク課金をしてしまった場合は公式ストアからサブスクのキャンセル。パソコンの場合は念のため「システムの復元」をされて消してしまうことをお勧めします。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

パソコンに突然「マイクロソフトセキュリティアラーム」「トロイの木馬ウイルスに感染して攻撃されています」などのアラートや警告音が流れ、至急Windowsサポートサービスに電話するよう警告メッセージが表示されることがあります。これらはマイクロソ[…]

削除後は念のためセキュリティソフトで機器全体をスキャン検査しよう

「WEBプッシュ通知の悪用で不正な広告が表示されていた」ということは、気がつかないうちに不正なプログラムなどが侵入しているおそれもあります。

「マルウェアや不正ソフト/アプリをインストールしたかも?と思ったら」すぐ検査

Androidスマホやパソコンを使っていて、少しでも不審を感じたときは「信頼できるセキュリティ対策ソフトでパソコンやスマホをスキャンし駆除」が、個人ができる最善の対処方法です。

まだ入れていない方は無料で使える大手の有名セキュリティソフトを使いましょう。

~Windowsパソコンのスキャンと駆除~

マイクロソフトが無料で配布しているMicrosoft Safety Scanner を強くおすすめします。
信頼性が高く強力で、ダウンロードしてすぐに使用できます。
詳しくは以下の記事をご覧下さい。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

マイクロソフトが無料で配布しているMicrosoft Safety Scannerはマルウェア(ウイルス)を徹底的に検索し削除してくれる強力かつ信頼できるスキャンツールです。検出率や性能は高く評価できますが、一般的なセキュリティ対策ソフ[…]

無料で高性能!信頼できるウイルス対策ソフトMicrosoft Safety Scannerとは?便利な使い方から性能、注意点まで

~AndroidスマホやMACにも使える無料のセキュリティ対策ソフトは?~

※どの製品も大手の定評あるセキュリティ会社の製品です。30日程度、製品版と同等に無料試用ができます。不正なアプリやマルウェアがないかスキャンして調査、発見された場合は駆除してください。
※iPhoneやiPadなどiOSの機器は安全でセキュリティソフトは不要とされ、存在していません。
※セキュリティ対策ソフトは無料試用後も引き続きお使いになるよう強くお薦めします

また念のためスマホのキャリア決済やクレジットカードの利用履歴などを不正利用されていないかも調べてください。不審な場合はすぐに発行元に届け出て取引を停止してもらいましょう

 

まとめ:
不正な「WEBプッシュ通知」は危険を呼び込む口になります。早めに対処しましょう!

WEBプッシュ通知自体には危険はなく、有用なものですが、不正な方法でユーザーをだまして通知するようなものは、アダルト系か高額で詐欺的なサービスや不必要なセキュリティツールばかりでろくなものはありません。
またそれらがきっかけでより危険な不正アプリや不正ブログラムのインストールにもつながりますので、時々ブラウザーの設定を見直して、不審なものは削除してしまいましょう。

 

「私のスマホやパソコンがハッキングされているかも、、」不安な時の強い味方をご紹介!

今のスマホやパソコンは安全ですが、どうしても不安が拭えないこともあります。またデジタル社会では、デバイスのロック解除が必要になったり、不正行為の証拠を集めるなければならない事態もあります。
ただしネット上には不確かな情報や怪しい業者も目立ちます。セキュリティに関わる調査は絶対に信頼できるプロに任せなければいけません。

デジタルキーパーも貴重な情報を提供いただいている「DDFデジタルデータソリューション株式会社 の《デジタルフォレンジング》」は、官公庁、警察・捜査機関からの信頼も厚い、国内随一の高い技術と実績を持つサービスです。

各種マルウェア・ハッキング調査はデジタルフォレンジングへ
パスワード解析はデジタルフォレンジングへ

 

 

Digital Keeperお薦めのセキュリティソフト

やはりセキュリティ対策ソフトは必要です

今では、サイバー攻撃の主流はユーザーをだまして、不正プログラムをインストールさせたり、偽サイトに誘導し個人情報を盗み取る手法に移行しています。

Windows10のセキュリティ機能(Windows Defender)は、ウイルスの侵入は防ぎますが、ユーザーをだますフィッシング対策はありません。

セキュリティ専門ソフトは、より強力な防御力と以下のような追加機能で、あなたとご家族の危険を確実に減らしてくれます。

  • フィッシングサイト等、ネット上の危険なコンテンツへのアクセスを止める。
  • フィッシングメールにだまされてURLをクリックしても「警告」して止める。
  • 感染しても重要な個人情報の流出や不正送金を食い止める。
  • ネット上にあなたの個人情報が流出していないか調査する。
  • お子様のネットの利用時間や不健全なサイト利用を制限する。
  • 紛失したスマホを探したり、データを削除する。
  • 外出時に使う公衆wifiをVPNを使って安全に使用する。
  • サイバー攻撃にあった時、ユーザーサポートの支援が受けられる。

※iPhoneは強固な構造のためセキュリティアプリは不要ですが、Androidにはセキュリティアプリは必要です。

セキュリティソフトの選び方、買い方

セキュリティソフトの選択は、価格や広告で選んではいけません!無料なアプリはかえって危険につながることもあります。

  • 世界各国で使用実績が豊富で、要求が厳しい企業向け製品にも実績のある
  • 運営会社が信頼でき、国家からの干渉がなく、個人情報やデータの秘密が守られる
  • 動作が軽く、機器使用の障害にならない
  • ご自身だけでなく、ご家族のスマートフォン、タブレットもすべてカバーできる
  • ユーザーサポートがしっかりしている。

製品がおすすめです。

また、タブレットやスマホまで、トータルでカバーできて「子供が無くしたスマホを探す」など家中の機器すべてをまとめてセキュリティ管理でき、費用も大幅に安くできます。
購入は、ダウンロード販売が使用環境に併せて、数や機能を選択できるため、安くて便利です。ご家庭のパソコンやスマホの数(1台~10台)や使用期間(1年~3年)にあったものをお選びください。

お奨めのセキュリティソフトはノートン

Digital Keeperがおすすめしているのは世界で一番売れているーノートン の製品です。

ノートンは1990年から販売されている世界でも指折りのセキュリティ対策ツールです。防御力は世界各地の第三者機関のテストで常に「最上」の評価で、ノートン セキュア VPNという、wifiを安全に使えるVPN機能も標準で含まれています。