fbpx

8文字(8桁)パスワードは危険。長くて覚えやすく安全なパスワードを作るヒント!

パスワードには古い常識が残っています。「8文字のパスワードはもはや危険」ですし、「長いパスワードは覚えきれないからパスワードを使い回す」というのは最悪の行為です。
「長いパスワードの必要性」と「簡単で忘れにくいパスワードの作り方」をやさしくお教えします。

長くて安全なパスワードを作るヒント

安全なパスワードとは何か?

結論から言うと、最新の研究では、安全なパスワードとは「できるだけ長く、推測されない単語や文字の集まりにする」ことです。
つまり、

  • 6~8文字では、記号や大/小文字を混ぜて作っても、すぐに解読されて、ほとんど無意味!
  • 「長い文字数の多い」パスワードなら、大文字小文字、記号といった文字種は関係ない

字数については現在のコンピューターの能力を考えると少なくとも10から12文字。
今後のIT機器の高速化に備えてDigital Keeperでは「最低14文字以上」がお勧めです。

もちろん長ければ長いほど良いです。

有名なセキュリティ会社のKasperskyがパスワードを入力するだけで、家庭用のパソコンで解読までの時間を計って強度を算定してくれるサービスを提供しています。

数字の6文字なんて「あっという間に解読」です。お試しください。

 

「えっ!そんな長いの覚えきれない」とお思いでしょうが、正しいパスワードの作り方を学べば、逆に短いパスワードを作る方が難しくなりますよ。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

「パスワードは文字種を組み合わせ8文字(8桁)以上、時々変更しよう」。これは古くて危険な情報です。内外の最新研究を検証した衝撃の結果は「8文字パスワードは弱い!」しかも「強いパスワードを設定したら二度と変更の必要なし!」。過去の常識が変[…]

パスワードをあらゆる手段で盗み出すハッカーのイメージ

 

【次ページ:覚えやすく簡単なパスワードの作り方は?】