fbpx

デジタル終活ってなに?どうして必要なんだろう?

デジタルを守るイメージ
デジタル終活とはいったいなんだろう?」
普通の「終活」との違いから、目的と意義、また「もしもスマホ万能時代の今、デジタル終活をしていなかったら、デジタル遺産やデジタル遺品でどれだけ困って、悲しい事になるか?」など、「デジタルの安全な使用と継承~デジタルキーピング」の最大の目的である「デジタル終活」について実例をもとにやさしくまとめてみました。
/ins>

デジタル終活は「終わりを向いた」活動ではなく「今を生きるため」の活動です

デジタル終活はお年寄り向けの「終活」ではない。常に続くデジタルとの正しい付き合い方です。

当社は「デジタル終活」をテーマとして、日本デジタル終活協会に加盟し、デジタル終活について情報やサービスをご提供しています

デジタルが私たちの身の回りに進出してきてまだ30年ほど。本格的に使われだして20年です。大人になってから携帯電話やインターネットに親しむようになった、いわば「デジタル第1世代」の皆さまもまだ「終活」の年代には到達していませんから、一見必要ないようにも思ってしまいます。

しかしデジタル終活とはデジタル第1世代の方々だけでなく、現在を生きる人にはだれにでも「今すぐ取り組むべき必須の活動」なのですさらに「デジタル終活」は「終活」という言葉の本来イメージとかなりニュアンスが異なり、準備ができたら終わりではなく、生きている間はずっと意識して継続(=Keep、キープ)すべき活動です。
そこで当社は「デジタル終活」ではなく「デジタルキーピング」という言葉も使ってご説明するようにしています。

ふつうの「終活」とは? 目的とメリット

「終活」という言葉はWikipediaによると

「人生の終わりのための活動の略。人間が自らの死を意識して、人生の最期を迎えるに当たって執る様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉」
引用元 Wikipedia「終活」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E6%B4%BB

とされています。

「終活」は「婚活」の流行に続いて、社会の老齢化が社会問題となるにつれ注目を浴び、2012年は流行語大賞も受賞しました。

ニュアンスからしてご高齢のシニアの方向けの言葉で、終活をテーマとした本や商品・サービスやイベントもしばしば目にするようになりました。

一般的な「終活」とは、人生の終着点を意識しだした方が、

  1. 【身辺整理】元気なうちに資産や身の回りの物を整理して、不要なものは自ら処分して身軽になる。
  2. 【交友管理】万一の際に備えて、友人、知人など人間関係を再整理し、対応方法や連絡先を明らかにしておく。
  3. 【資産整理】遺産や遺品の配分を決めて、意思書面で残す。
  4. 【健康管理】健康を害した際の介護や治療方針、延命治療について自らの意思を明確にしておく。必要な場合は意思を書面にして残し、施設の予約も行う。
  5. 【葬祭準備】葬儀やお墓についての意思を明確にし、必要な場合は場所や費用も用意しておく。
  6. 【意思書面作成】上記の内容をエンディングノートや遺言書として書面で残す。

といった作業を指すようです。

またこれらの情報を整理してエンディングノートを作成することも広がり、各種エンディングノートや終活の参考書も市販されています。

しかし「終活」の本当のメリットとは、上記のような具体的な作業の成果にとどまらず、

「きちんと終活を済ませたことにより、心のわだかまりや不安が減り、改めてその後の人生を前向きに過ごすスタートのきっかけとなる」

効果が大きいのではないでしょうか? 各種ガイドブックやセミナーでもその様に説明されることが多いようです。

「エンディングノート」書いてますか? 真剣に考えたい、死後の“デジタル資産”のこと【終活】 | d.365(...
デジタル遺品で最重要な項目はスマートフォンのロック解除キー エンディングノートという言葉を聞いたことはないだろうか? 万が一のことがあったり死んでしまったりした場合に備えて、自分で資産や連絡先、希望する葬式のスタイルなどを書いていくノートの...
d.365(ディードットサンロクゴ)
 
https://www.digimonostation.jp/0000153010/

 

>>次ページ 普通の終活とデジタル終活の大きな違いとは?