fbpx

「黒歴史、恥ずかしい写真やデータ」密かに保管する方法は?「私の秘密金庫」の作り方

誰にも他人に見せたくないデータや写真はあります。いわば「私の黒歴史」とも言える恥ずかしいデータを確実に隠し、万一の時に恥ずかしいデジタル遺品を残さないためにどうすべきか?デジタル終活の重要なテーマです。
「どうしても残しておきたい秘密データや写真」を安全確実に隠して保管する方法を 「ツールからクラウド」まで詳しくご説明します。
/ins>

他人に見られたくない「私の秘密金庫」の作り方は?

データには探される宿命がある

あなたにもしものことがあった際、家族や関係者はあなたの残されたデータを、デジタル遺品やデジタル遺産として必死でお探しになるでしょう。この気持ちは誰にも止められません。
場合によっては「PCの詳しい人」や有料の「データ復元技術を持った業者」に依頼することもあり得ます。
死んだ後にデータを探されるのは仕方がありませんが、その過程で見られたくないデータがさらされてはたまりません。

秘密を守りながら、保管する(隠す)「私の秘密金庫」を作る方法は以下の2つが考えられます。

秘密金庫その1.(お薦め)クラウドストレージに保管する

この数年で飛躍的に進歩し、コストも安くなったクラウド上のストレージ(記憶媒体)に保管する方法です。

  • 長所:災害が多い現在、自宅や機器内に保管するよりはるかに安全で信頼性も高い。低コストで存在を知らせなければ絶対にばれない。
  • 短所:無料や信頼性の乏しいサービスでは、サービス自体が終了したり、データが焼失する恐れがある。

秘密金庫その2.自分のパソコンやデジタル機器内に隠す

昔ながらの普通の保存方法に、パスワードや暗号化を組み合わせて隠す方法です。

  • 長所:手元においてあるという安心感がある。
  • 短所:災害や火災、故障などでデータを失う危険がある。ツールや機器などコストがかかる。厳重な暗号化、パスワード保管などの守秘作業が必要である。

利便性と継続性を検討して保存方法を決めましょう

以下それぞれの隠し方について詳しくご説明します
当プログとしては「クラウドストレージへの保管」をお薦めしますが、便利さや試用期間を検討してお決めください。

 

>>次ページ 「秘密金庫」を作る2つの方法をご紹介