fbpx

不要なアカウントの放置は厳禁~自分のメールアドレスが流出していないか調べるには?

つい放置している「登録したけど使わないオンラインサービスのアカウント」。その危険性と速やかな断捨離の説明をまとめました。
デジタル終活を契機に、デジタル遺品やデジタル遺産を守るため、使わないサービスはどんどん退会しましょう。
/ins>

不要アカウントは「使わないから放置」ではなく、必ず退会しよう

不要アカウントは放置は厳禁! 即断捨離を

デジタル終活の目的の1つは「まず今のデジタル利用の安全性を高める」事にあります。そのためにも総点検して「使わない」ことにしたアカウントは、絶対に放置してはいけません。
アカウントはデジタル遺品やデジタル遺産の継承のため必要な物
ですが、無用な物や危険な物は継承すべきではありません。放置することはリスクもそのまま残すことになってしまいます。

大切な方に「負のデジタル遺産」を残してはいけません

面倒でも、該当のオンラインサービスに再度ログインしてできるだけ会員登録そのものを取り消しましょう。
そもそも「登録しただけで使っていないオンラインサービス」とは、それほどの必要性がないのに「深く考えないで登録」してしまったものがほとんどのはずです。

だからこそ「放置したら」危ないのです。

ネットでも有効なことわざ。「ただより高い物はない」

しっかりした企業が運営しているサービスならばもまず安心ですが、聴いたことない運営主体や、海外の無名な組織、個人運営の「軽いサービス」にこそ、リスクが潜む可能性があります。
なぜなにらばこれらの軽いサイトは「あなたの個人情報取得を目的に運営されている」可能性が高いからです。繰り返しますがただより高い物はないなのです。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

デジタル終活に備えて、デジタル遺品やデジタル遺産のアカウントを重要度で分類したときに、「重要の低いアカウントの存在を軽視」しがちです。実はそこに大きな落とし穴があります。深く考えないで入会した、あまり有名でないサービスやアプリにこそ、実[…]

/ins>

アカウントを放置したままにする危険性

放置するだけで大きなリスクが発生!?

使わないないサービスを退会しないままで放置していると、以下のような大きなリスクを抱えてしまいます。
しかもこれらのリスクは「いつ顕在化して、あなたに損害を与えるか?」予想できず、いったん起きてからは対策しようがないリスクなのです。
デジタル遺品として残ったアカウントが、持ち主の死後も続けて被害を生み出し続ける「負のデジタル遺産」化してしまうリスクもあります。

放置したアカウントが引き起こすリスク

  • オンラインサービスにあなたの個人情報やID、パスワードがそのまま残っていると、個人情報の流出事故が発生した際に、意図しない被害を受けることになる。
  • 使っていないアカウントのため、情報流出事故発生のサービス主催者からの通知やマスコミ報道に気が付かず、対処が遅れる。
  • 使い回していたパスワードが流出した場合、ブラックマーケット(ダークウェブ)で売買されて、無関係のアカウントへの攻撃や不正利用に使われてしまうリスクが高い。
  • オンラインサービスがサービスをやめたり閉鎖されたりした場合、会員情報の削除をせず、そのままブラックマーケットに売られて流出してしまう例も多い。

忘れた頃にトラブルに巻き込まれないよう、デジタル終活を契機に退会処理を進めましょう

アカウントの取消の方法

  • サービスが継続しているか検索して確かめましょう。
  • パスワードが不明な場合は無理に調べず、さっさと「パスワードが分からない方へ」のリンクを利用して、パスワード再設定の手続きをしましょう。
  • 改めて会員ページで「退会」手続きを完了しましょう。
  • 「サービス提供元がわからない」「サービスが廃止されていた」などの理由で退会ができなかったサービスでは「登録したパスワードが使い回しされていないか」思い出してください。
もしも他のサイトで使い回していたら、すぐにそのサイトのパスワードも変更するよう、強くお勧めします!
ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

大切なのはわかっていても誰もがメチャクチャなまま放置している「オンラインサービスのアカウント情報」。大切なデジタル遺品やデジタル遺産のアカウントは、デジタル終活の機会にさっぱりと断捨離して整理したいけど、どこから手を付けて良いのか途方に暮れ[…]

/ins>

念のため「アドレスが流出されていないか?」調べる方法

「私の個人情報が流出していないかなぁ?」と不安になった方も多いと思います。

お薦めのサイトがHave I Been Pwned(HIBP)という「漏えいの可能性があるメールアドレスを検索して、リスクや漏えい元を教えてくれる」サービスです。


「email adress」の欄に調べたいメールアドレスを入力すると、過去に漏えい事件の対象となってしまった膨大なメールアドレスのリストから検索して、結果を次のページで教えてくれます。

流出していないメールアドレスの時は

流出していた時は「やられた」と表示され、対策についても説明してくれます。

また最上部のメニューより「Notify me」を選択し、開いた下記の画面に自分のメールアドレスを登録しておけば、今後漏洩が発見された時にメールで知らせてくれます。
何て親切な頼りになるサイトでしょう。

なおこのサイト、運営しているのは世界的に有名な情報セキュリティ対策の専門家です。
安心して使用できますよ。
サイトの作者による「自己紹介、サイトの目的」

また同じ作者のサイトで「漏えいの可能性があるパスワードを検索して、リスクや漏えい元を教えてくれる」サービスもあります。使い方はほとんど同じですので、試してみてください。
Pwned Passwords(パスワードが流出していないかチェック)

 

まとめ:
不要なアカウント放置は「百害あって一利なし」です

ネット利用は性悪説でのぞまないと思いもかけない損害を受けてしまいます。アカウントは放置しただけで悪用されて、結果的にあなたご自身に害をもたらすこともあります。さらには「負のデジタル遺産」として大切な方に苦労をかけるリスクすらあります。

ぜひデジタル終活を進めて、安心してデジタルが使えるようにしましょう。

「デジタル終活」を知る5つの書籍

「デジタル終活」については、何となく必要性は分かっていても、一般的には「何もしていない方」が多いと思います。

知られざるデジタル終活の必要性や、「もしデジタル終活をしていなかった、どんな被害につながるか」「法律から見たデジタル遺品」などのテーマで詳しく解説された書籍をご紹介します。

特にデジタル遺品問題に長く真剣に取り組んでこられた古田雄介氏の3冊の著作は、どなたにもお薦めいたします。

 

「このブログより役に立って、デジタル終活もできるサービスがあるって?」

Digital Keeperバナーそれは日経新聞やテレビで「独創的でこれから必要」と取り上げられたDigital Keeper®です!
週3回「スマホの安全」「不正ログインを防ぎ方」「OSやアプリのアップデート情報」など、役立つセキュリティ情報が届き、さらに「わかっていてもやってない、スマホやアカウントのデジタル終活」も実現できるオンラインサービスです。

会費は月々わずか167円(年2000円)。1ヶ月無料で試用できます。アフターコロナにそなえ、ぜひご体験下さい。

詳しくはこちら