fbpx

「黒歴史、恥ずかしい写真やデータ」をデジタル遺品として残さないための基礎知識

誰にだって他人に見せたくないデータや写真はあります。いわば「私の黒歴史」とも言える恥ずかしいデータをどうすべきか?間違ってデジタル遺品として継承されては大変ですから、削除はデジタル終活の重要なテーマです。
不要なデータはまずは断捨離してさっぱり消してしまいましょう。しかしデジタルデータは削除しただけだと容易に復元されてしまいます。この理由と注意点をやさしく解説します。

デジタルの断捨離イメージ

人に見せたくない写真やデータ、本当にとっておく必要ありますか?

今はネットを探せば、なんでも見つかる時代です。ゴミをデジタル遺品にしてはいけません

2000年前後からネットをはじめた方。ハードディスクの中にはたくさんのデータがたまっていると思います。

「好奇心に駆られて」「話題にのって」、、、たくさんの写真やデータをダウンロードしてきました。ネットの初期の頃は「宝探し」のような楽しみもあって、私もいろいろなデータを集めました。

しかし「宝探しの時代」は終わりました。データの保管場所が各自のPCからクラウドサービスへと変わる中で、データも自分でため込まなくても、いつでも容易にネット上で探し出すことができるようになっています

またネット上の情報やデータはあまりに多く、自分で保管しようとすることはとうてい不可能です。
ネットの情報もシェアリングエコノミーと同様、「使いたいとき、見たいときに検索してアクセスする」方がはるかに合理的なことにすぐに気がつくでしょう。

つまり、一昔前に喜んで集めて、ため込んだデータのほとんどは今やゴミなのです。

Googleの画像検索してみましょう

私のPCにもたくさんの「かつてのお宝動画や写真」がありました。
でもこれらのもの、Googleの「画像検索」で探してみたら、ネット上に同じ物が多数ありましたもはやお宝でも何でもありません

Google画像検索の方法は以下の動画をご覧ください。

Google画像検索の方法

 この際きっぱりと削除してしまいましょう。

お宝画像や動画には「もしもの事があったときに、家族や他人に見られると、ちょっと恥ずかしい」ような物もたくさんあると思います。

悲しんでいる遺族に「とんでもないデジタル遺品」を残してはあまりに情け無いです。

デジタル終活を意識するようになった今がチャンスと決心して、この際思い切って「データの断捨離」をしてしまいましょう。

ハードディスクやメモリーの容量は大きくなりましたが、不要なスペースはなくなった方がすっきりします。

何より「心の安心」が得られます。

関連記事

「デジタル終活とはいったいなんだろう?」 普通の「終活」との違いから、目的と意義、また「もしもスマホ万能時代の今、デジタル終活をしていなかったら、デジタル遺産やデジタル遺品でどれだけ困って、悲しい事になるか?」など、「デジタルの安全な使用[…]

デジタルを守るイメージ

注意! 「削除」や「ごみ箱を空にする」だけだと、実はデータは消えていません。

削除しただけではデータは消えていません!簡単に復元できます!

ここでご注意いただきたいのはPCでもスマホでも、「削除しただけではデータそのものは消えていない」という事実です。
このままだと、専用のソフトやアプリを使って比較的簡単に元のデータを復元することができてしまうのです。ですから、安易にPCやスマホを捨てたり、メモリーカードを他人に貸すのは止めましょう。

またあなたにもしものことがあってデジタル資産が残されたら、遺族は思い出につながるデジタル遺品やデジタル遺産を探して、スマホやパソコンの中を詳しく調べるでしょう。場合によっては専門家に依頼するかもしれません。その場合「消しただけのデータは簡単に復元」されてしまいます。

どうして消えないのか?~データの保存の仕組みを知ろう

PCでもスマホでも、保存するデータは小さい物から、巨大データまで多種多様です。
これらのデータを合理的に早く読み書きするために、データを記憶する部分(記憶媒体)は小さい保存箱(セクターとかクラスタとかセルとかいわれる小さい領域)に分かれています。

データは小さい箱に収まるサイズに自動的に分割されて、小分けされて保管されています。どうしてそんな面倒なことをするのでしょうか?

たとえば100箱分の領域を占める大きな文章のデータがあったとします。
どこか1文字だけ修正した場合、小さい保存箱に分かれて保管されていれば、「訂正する1文字が入っている1箱」だけを読み込んで、修正すれば完了します。99箱には触らなくとも訂正が完了します。

ところが、もしも小さく分かれていなかったら、100箱分の容量がある大きな保存箱すべてのデータを、いったん読み込んで修正しなければなりません。容量が大きい分時間も手間もかかります。
そのためデータを保管する場所は小さな保存箱に分けるようになっています。

この仕組みはwindowsでもMACでも、デジカメ用のメモリーカードでも基本的には同じです。

データは「管理領域」と「データ保存領域」に分かれて保存されている。

記憶媒体の中は大きく分けると「管理領域」「データ保存領域」に分かれています。

「データ保存領域」の中には、上でご説明したとおり、無数の小さい保存箱が入っています。データがどの箱に保存されるかは、その時に「たまたま空いている保存箱」に自動的に保管されます。同じデータでも隣り合わせや近くになるとは限りません。

「あるデータを、どこのどの保存箱に保管しているのか」を記録するのが「データ管理領域」です。いわばデータの管理簿にあたり、膨大なデータ保管箱をどう組み合わせたら元のデータになるのか、詳細が記録されているいわば管理台帳です。

データの保存や読み出しをする際は、自動的に「管理領域」の管理台帳と「保存領域」の各所に分散して保管されているデータが照合され、集められて合体され、正しいデータに復元されて読んだり書いたりできるようになっています。

写真はどうやって保存されるか?

データを削除しても消えるのは「管理領域」のデータだけ

上と下の図はかなり簡略化した物ですが、保存や削除される際のイメージがお分かりいただけると思います。
PCやスマホの画面で削除しても、管理簿上の管理情報が消されるだけで、元々のデータは残っています。
管理情報が無くても、残ったデータをひとつずつ調べれば、手間はかかりますが、元のデータを復元することができるのです。

世の中には多数の「データ復元ソフト」とか「データ復元サービス」がありますが、原理はほとんど同じで、この元データを探して復元する方法です。

削除しても元のデータは残っています

 

ハードディスクやメモリーカードを安易に他人に貸してはいけない理由

「削除しただけだと元のデータが容易に復元できる」ことはお分かりいただけたと思います。

このためにPCやスマホを売却したり捨てる際は、ハードディスクやメモリーを完全に消去したり、物理的に破壊する必要があるのです。

なお、データを削除しただけで安心してしまう人が多いため、「データの復元を悪用した犯罪行為」は表沙汰にならないだけで、実はかなり発生していると思われます。

下の記事では「なぜか美人の女友達ばかりからデジカメのメモリーカードを借りていた大学生が犯したとんでもない犯罪行為」の実例がレポートされています。

皆さんも十分にご注意ください。

恥ずかしいデータを完全削除するにはどうしたらよいのか?

それでは復元できないように完全にデータを消すのはどうしたら良いでしょう?

実はデータ領域のデータを完全に消すことはできません。新しいデータを上書きして結果として古いデータを読めなくすることしかできないのです。

これは大変面倒な作業となりますので、人手に変わって無害なデータを上書きして復元できなくするソフトやアプリがいろいろ出ています。

本サイトで別途ご案内しています。

関連記事

「他人に見せたくない写真やデータ」をデジタル遺品として残さないようデジタル終活できっぱり断捨離しても、ただ削除しただけではデータは消えず、容易に復元できてしまいます。 恥ずかしい写真をデジタル遺品として残さない、PCのデータや写真を「完全[…]

PCのデータを保管するハードディスクの完全削除、断捨離のイメージ
関連記事

「他人に見せたくない写真やデータ」をデジタル遺品として残さないためにデジタル終活できっぱり断捨離しようと決心しても、ただスマホの画面で削除しただけではデータは消えず、容易に復元できてしまいます。 スマホの写真やデータを「完全に削除する方法[…]

スマホのデータ断捨離のイメージ

 

まとめ:
恥ずかしいデータは「完全削除」をお忘れなく

記憶媒体の構造上、データを削除しても復元できてしまいます。
そもそも削除という機能がないのです。消したいデータの上に新しいデータを上書きして、見えにくくするしかありません。完全削除をするには専用のツールやソフトを使うなど「ひと手間」が必要ですので、お忘れなく!

逆に「必ず保管しておきたいデータを消されないよう保管する方法」も重要な課題です。もちろん当サイトで別途ご案内いたします。

当サイトをデジタル遺品やデジタル遺産の確実な保管のためにお役立てください。

当社の「デジタル終活サポートサービス~Digital Keeper」を、ぜひお試し下さい!

当社代表の冨田の長年の構想を元に、2019年9月11日にスタートした「オンラインデジタル終活サービスDigital Keeper」は、わずか390円の会費で、どなたでもお手軽にデシタルキーピングやデジタル終活が実行できる、新しいコンセプトのオンラインサービスです。

Digital Keeperにご入会いただきますと、当ブログにあるような「デジタルの安全にタイムリーに役に立つ情報」「デジタルキーピングの方法」などをメールマガジンでお届けしながら、会員にまさかの事態が起きたときには、しっかりと会員のデジタル終活をサポートさせていただきます。

※Digital Keeperは、多要素分散保管の考え方に基づき、アカウントやデジタル資産の本体はお客様側に保存いただき、管理情報(保管場所や鍵となるパスワードなどの情報)だけをお預かりするサービスですので、機密情報も安全に預けることができます。

今なら1ヶ月無料で全機能を自由にお使いいただけます。この機会にぜひお試し下さい。(詳細は下記バナーをクリックすると新しいウィンドウでご覧いただけます)。

Digital Keeperバナー

プッシュ通知を
>

「このブログとデジタルキーパー社」
このブログはデジタルキーパー株式会社が「デジタルの安全な使用と継承~デジタルキーピング」をテーマに、「スマホ、PCの安全な使用方」から「正しいパスワード」「不正アクセスの防ぎ方」「デジタル遺品管理などデジタル終活の方法」まで、様々なノウハウをご紹介するブログです。
さらに当社は2019年夏からは「コーヒー1杯分の代金でデジタル終活支援サービス~Digital Keeper」をリリースしました。
誰にも必要なデジタルキービングをサポートします。

CTR IMG