「黒歴史、恥ずかしい写真やデータ」をデジタル遺品として残さない「スマホの不要データ完全削除の方法」

「他人に見せたくない写真やデータ」をデジタル遺品として残さないためにデジタル終活できっぱり断捨離しようと決心しても、ただスマホの画面で削除しただけではデータは消えず、容易に復元できてしまいます。
スマホの写真やデータを「完全に削除する方法」をご説明します。

スマホのデータ断捨離のイメージ

スマホから他人に見せたくないデータや写真を完全に削除するには?

PCでもスマホでも削除しただけではデータそのものは消えません。

前の記事でPCやスマホに保存されている「他人には決して見せたくない写真やデータはデジタル終活契機にさっぱりと断捨離してしまおう」とおすすめしました。

しかしPCやスマホで削除しただけでは、データ保存の仕組みの制約により完全に削除はできず、「データ復元アプリを使う」などの方法で簡単に復元されてしまう危険性があることについてもご説明しました。うっかり恥ずかしいデジタル遺品を見られては大変な事になってしまいます。

関連記事

誰にだって他人に見せたくないデータや写真はあります。いわば「私の黒歴史」とも言える恥ずかしいデータをどうすべきか?間違ってデジタル遺品として継承されては大変ですから、削除はデジタル終活の重要なテーマです。 不要なデータはまずは断捨離してさ[…]

デジタルの断捨離イメージ
それではどうしたら完全にデータや写真を削除することができるか?今回は「スマホからデータや写真を完全削除する方法」をご紹介します。

 

スマホでもPCと同じく、データを完全削除することはできない。「新しいデータで上書きして見えなくする」必要がある。

これも前の記事の復習となりますが、PCやスマホのデータを合理的に保管する仕組みのため
いったん記録されたデータは削除できない」
新しいデータで上書して、結果として古いデータを読めするなくするしかない
という大きな制約があります。
この原則はスマホでも、スマホに入っているメモリーカードでも、およそ「記憶媒体」と言われる物は同じだと思って間違いありません。
これは手作業では困難となりますので、「無意味なデータを上書きすることで元のデータを読めなくする」アプリを使うのが最も便利な方法となります。

 

スマホを捨てたり、譲ったりするとき、スマホ内のすべてのデータを完全に削除する方法は?

スマホを売却したり捨てたりする場合、すべてのデータを完全に削除するには、iPhoneとAndroidでは方法が違います

iPhoneは初期化すれば完全削除OK!

iPhoneの場合は、iOSの機能で初期化すれば大丈夫です。

今のiOSでは、内部のすべてのデータは自動的に暗号化されていて暗合する際のキー(鍵)のデータはiPhone内に保存されています。初期化すると暗号化のキーを自動的に消去するようになっているため、データは全く解読不可能になります。

iPhoneは初期化することで全テータを完全に削除することができます。初期化の方法については以下のAppleサイトをご参照ください。

 

Androidスマホの場合、古い機種はPCと同じ注意が必要

Androidスマホの場合は、今使われているすべての端末が自動的に暗号化されているとは限りませんので注意が必要です。

現在のAndroidのOSは「Android 9」です。2015年秋に発表された「Android 6」以降は原則として自動的に暗号化が施されてるはずです。暗号化が施されている場合は、iPhoneと同様、初期化すればデータは解読不能となります。

暗号化されているかどうかは?「設定」→「セキュリティ」の画面で容易に確認できます。

 

暗号化されていないAndroidスマホはどうしたら良いか?

  1. 売却する前に、手動で暗号化する。
  2. 専用のデータ削除ソフトを使う。

と言った方法で対応する必要があります。全削除は本サイトの目的と離れますので、具体的には「Android データ削除」などで検索するしてお調べください。

デジタル終活でスマホのデータ断捨離をするとき、データ完全削除の方法は?

iPhoneの写真や動画は完全削除されるので安心。しかし残ってしまうデータもあります。

iPhone、iPadではゴミ箱のアイコンをタップすることで、写真やビデオが削除されます。
削除した写真やビデオは「最近削除した項目」アルバムの中に移動され、 30 日間保管された以降は完全に削除されます。即座に完全削除したい場合は、「最近削除した項目」アルバムの中で街頭の写真を「削除」すると完全削除されます。

しかし注意が必要なのは完全に消えるのは写真と動画だけで、「連絡先」「メッセージ」「メモ」といったデータは自動的に完全削除されることはありません。

暗号化されているスマホでも、見られたくない写真やデータは「完全削除」が必要です

暗号化を施しているスマホは、売却したり、あるいは紛失した場合は、ロックのパスワードを知らない場合は、解読が不可能となります。

しかしデジタル終活の場合は、万一の際は、スマホは家族や信頼できる人に継承することを前提としています。当然ロックを解除するパスワードも知らせることになりますので、暗号化していてもスマホの中は見られることになります。
ということは、削除しただけの写真やデータは、復元アプリを使うと「見られてしまう」可能性はあります。

あまり神経質になる必要はないかもしれませんが「絶対に見られたくないデジタル遺品、すなわち写真やデータは完全に削除する対策」が必要です。

PCでも同様ですが、特にスマホでデジタル終活でデータ断捨離をするときは、「全体はそのままで、特定の(恥ずかしい消したい)写真やデータだけを、いわばシュレッダーのように削除する機能」が必要となります。

スマホの特定のデータを完全削除できるスマホアプリやソフトは?

特定のファイルやフォルダーが完全削除できるソフトは無料の物も含めて多数あります。
しかし無料の物は「海外製で責任の所在がはっきりしない物」「日本語の説明が無いもの」「開発時期が古く最新のWindows10に対応していないもの」もあります。

完全削除ソフトは誤作動すると大きな問題につながりますので、しっかりした会社様が開発した信頼できる有料ソフトをお薦めします。

関連記事

「デジタル遺品やデジタル遺産の継承~デジタル終活」のために「パスワードマネージャーなどアプリやサービスを使いたいが、いろんなサービスがありすぎで、選択に迷ってしまう」という方のため、「アプリやオンラインサービスを選ぶ大人のための2つの真理」[…]

デジタル終活のためにアプリやサービスを使いたいが、いろんなサービスがありすぎで選択に迷ってしまう

iPhone用の完全削除アプリ

iPhone用の「特定の写真やデータを完全削除できるアプリ」は適当な物が見つかりません。WindowsやMacOSのPCにインストールして、iTune経由、スマホ内の「削除済み」データを完全削除できるソフトは何種類があります。

① Wondershare 「スマホデータ完全削除」

Wondershare Technology様のデータ削除ソフトです。特定のファイルやフォルダーの完全削除以外にも、完全削除他いろいろな付加機能が付いていてiPhone本体だけではできないデータの削除をやってくれます。
中国の会社ですが日本支社もありますのでサポートも受けることができます。

Androidスマホ用の完全削除アプリ

Android用の「特定の写真やデータを完全削除できるアプリ」は何種類も開発されています。代表的な物をご紹介します。

  1. ProtectStar「iShredder 6 Free Standard Edition」
    ドイツのセキュリティーソフトウェア会社ProtectStar社の定評ある削除アプリです。有料で様々なオプションや、軍用レベルの厳重な削除もできる上位バージョンもありますが、個人が「特定の写真やデータを完全削除」する目的なら無料のスタンダードバージョンで十分です。
    ただし記載はすべて英語となります。
  2. Palmtronix「Shreddit – Data Eraser」
    アメリカのアプリ開発会社Palmtronix.社のアプリです。iShredder 6と同様の機能を持ちますが、こちらも英語のみの表記となりますが、画面表示はわかりやすいかもしれません。

削除できないものは完全に隠してしまおう

スマホのデータやアプリで消したくないものを隠してしまうためは大きく分けて三つの方法があります。

  1. アプリ自体のロック機能を使う
  2. アプリ起動時にロックをつける専用のアプリを使う
  3. 金庫アプリに情報を隠す。

詳しくは当プログの下記記事をご覧ください。

関連記事

誰にでも他人に見せたくないデータや写真はあります。いわば「私の黒歴史」とも言える恥ずかしいデータをデジタル遺品として残さないためにどうすべきか?デジタル終活の重要なテーマです。 スマホの中の「どうしても残しておきたい秘密データや写真」など[…]

「黒歴史、恥ずかしい写真やデータ」をスマホに密かに保管するイメージ

 

まとめ:
安全のために削除アプリを導入しましょう

iPhoneは本体に完全削除の機能が組み込まれているため、比較的安心です。

Androidスマホは完全削除の専用アプリを導入するほか、データの暗号化を検討しましょう。

 

このブログの運営サービスが日経新聞で紹介されました

オンラインデジタル終活サービスDigital Keeperが独創的スタートアップとして日経に!

2019年12月11日付の日本経済新聞朝刊「東京・首都圏経済」面「Edgy企業」に”「情報の遺品」管理容易”と、Digital Keeperが掲載されました。
「Edgy企業」は毎回独自性の高いスタートアップ企業が取り上げられますが、当社Digital Keeperのシンプルで柔軟なスキームや「情報本体と鍵を分散して保存する多要素分散保管」が評価されました。
創立者の冨田の設立の経緯も詳しくご紹介いただいています。

日本経済新聞 電子版(有料会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53111870Z01C19A2L83000/

30日間無料お試し中!
クラウド時代のデジタル終活サポートサービス
「Digital Keeper」とは?

「独創的で、これから必要なサービス!」と日経新聞やテレビでも取り上げられたDigital Keeperは、月々390円の会費で、お手軽にデシタルキーピングやデジタル終活が開始できる新しいオンラインサービスです。
Digital Keeperでまず「大切なスマホやパソコンのデジタル終活」を5分で実現しましょう。そして「タイムリーなデジタル安全情報」「アカウントの断捨離」など情報を受け取りながら「デジタルキーピング~デジタルの安全と安心」を進めましょう。もちろん「もしもの時!」は、しっかりと終活をサポートします。

詳細は下記バナーからどうぞ!(新しいウィンドウでご覧いただけます)。
Digital Keeperバナー

関連記事

今やスマホは「命の次に大切」という方は増えていると思います。もしもスマホをなくした時、悪用されたり、転売されないように備えるにはどうしたら良いか?第1の重要なポイントが「スマホのロック」です。 使う時不便では困りますし、簡単なものにしてし[…]

スマホをロックするイメージ
プッシュ通知を
>

「デジタルキーパー社公式ブログについて」
このブログはデジタルキーパー株式会社が「デジタルの安全な使用と継承~デジタルキーピング」をテーマに、「スマホ、PCの安全な使用方」から「正しいパスワード」「不正アクセスの防ぎ方」「デジタル遺品管理などデジタル終活の方法」まで、様々なノウハウをご紹介するブログです。
さらに2019年夏「コーヒー1杯分の代金でデジタル終活支援サービス~Digital Keeper」をスタートしました。
すでに日経新聞他マスコミ各社で取り上げられた、誰にも必要なデジタルキービングをサポートするサービスです。

CTR IMG
Secured By miniOrange