スマホの不要データ完全削除の方法~「黒歴史、恥ずかしい写真やデータ」を残さず消去するには?

スマホのデータ断捨離のイメージ
「他人に見せたくないスマホの写真やデータ」。実は削除(消去)しただけではデータや写真の実体はスマホの上に残っていて、簡単に復元できてしまいます。
原因は、メモリーにデータを記録する仕組みにあり、AndroidもiPhone(iOS)もパソコンも同じです。

スマホの写真やデータを「復元できないように完全に削除する方法」を機種別にご説明します。
/ins>

スマホのデータを削除しても、見かけが消えるだけで完全削除はできない!?

PCでもスマホでも削除しただけではデータそのものは消えない。

削除しても復元できてしまう理由

これまで記事でPCやスマホに保存されている「他人には決して見せたくない写真やデータはさっぱりと断捨離してしまおう」とおすすめしました。

しかしPCやスマホで削除・消去しただけでは、データ保存の仕組みの制約により完全に削除はできず、「データ復元アプリを使う」などの方法で簡単に復元されてしまう危険性があるのです。

その理由は下記の図のように、

  1. 写真やデータはバラバラに分解されて保存されている。保存場所は「管理情報」に記録され保存されている。
  2. 削除すると、「管理情報」だけは消されるが、写真やデータの元は残ったまま
  3. 残ったデータは、別のデータが上書きされるまで残り続けるので、調べれば復元できる。

になります。

なぜこんな不便なことになっているの?

その理由は、、、

  1. データには大きいものも小さいものもある。もっとも効率的に保管するには、データを小さく区切って、保管場所の空いている所に保存した方が無駄がない
  2. もしも削除のたびに全てのデータを削除すると、処理に時間がかかり待ち時間が長くなる

からです。

このような保管と削除の方式は、スマホだけでなく、ほとんど全ての保管方法でも同様です。

データを削除する時のイメージ図

以下の図のように、通常の削除では、はさみで表されている「管理領域(=どこに何を保存しているの記録)」が削除されるだけで、データそのものは残ってしまいます。
削除しても元のデータは残っています

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

誰にだって他人に見せたくないデータや写真はあります。いわば「私の黒歴史」とも言える恥ずかしいデータをどうすべきか?間違ってデジタル遺品として継承されては大変ですから、削除はデジタル終活の重要なテーマです。不要なデータはまずは断捨離してさ[…]

デジタルの断捨離イメージ

したがって「スマホを捨てたり、売ったりした際に、きちんと消去しないと、恥ずかしい写真やデジタルデータが復元されてしまう」ことになるのです。

買ったときの設定で暗号化されていない、あるいはご自身で暗号化しなかった比較的古い(2016年頃以前)Androidスマホを他に譲るときは

  • まず暗号化するか、完全削除してから「初期化する」

事が必要です。

それではどうしたら完全にデータや写真を削除することができるか?

今回は「スマホからデータや写真を完全削除する方法」をご紹介します。

 

スマホのデータを完全削除のためには、「新しいデータで上書きして見えなくする」必要がある。

上に書いたとおり、PCやスマホのデータを合理的に保管する仕組みのため、いったん記録されたデータは削除できません。

しかも、削除には時間がかかるため、実際の作業としては「新しいデータで上書して、結果として古いデータを読めなくする」方法がとられています。

この方法はスマホでも、スマホに入っているメモリーカードでも、およそ「記憶媒体はすべて同じ」です。

また手作業ではできませんので、「消したいデータの上に、無意味なデータを上書きして、元のデータを読めなくする」ソフトやアプリを使うのが最も便利な方法となります。

ところで、削除と言っても、スマホを売る時のように

  1. 「スマホ全体を完全に削除したい時」と
  2. 「一部のデータだけ完全に削除したい時」

はやり方が異なります。

またiPhone(iOS)とAndroidでも少し違いがありますので、以下順を追ってやさしくご説明します。

 

>>次ページ 「機種別」スマホを完全に全削除する方法は?