年末年始、紅白見ながら「アカウントの断捨離」に挑戦しよう!

「いつかはやらなくては!」と思ってはいても先延ばしして増え続けた「アカウントの整理」。年末年始のお休み中は思い切って取り組む良い機会です。紅白やお笑い見ながらどんどん断捨離してしまいましょう。
アカウントを整理せず放置する危険と、断捨離の方法についてまとめてみました。

お部屋でアカウントの断捨離イメージ

アカウントの放置は危険がいっぱい。今年こそ整理を!

増え続ける情報漏洩事故

まずは以下のサイトをご覧ください。2004年から「情報セキュリティ」の話題を専門に取り扱うニュースメディアSecurity NEXTの「ニュース」です。公的機関に報告されたセキュリティや情報漏えいに関わる事故をまとめています。

毎日「故意」「不注意」「不正侵入」、いろいろな原因で毎日少なくとも5件程度の事故が発生していており、多くは情報漏えい事故であることに驚かされます。

報道されてるのは一部、実態はもっと多く、アカウントは危険にさらされているはず

しかし報告内容を見てみると、公的な機関やしっかりとした会社や組織からの報告ばかりなのにも気がつきます。
報告義務を果たしている組織ばかりとは限りません。おそらく実態は、報告されない、もっと多くの事件が発生しているはずで、ここで報じられているのはほんの一部だと思われます。
アカウントを作ると言うことは、自分の名前、メールアドレス、住所のような個人情報を差し出している事に他ならず、ずさんな管理や故意の持出によって、いつどんな形で流出事件に遭遇するかも分かりません。

放置するだけで大きなリスクに繋がっている

使わないないサービスを退会しないままで放置していると、以下のような大きなリスクを抱えてしまいます。
しかもこれらのリスクは「いつ顕在化して、あなたに損害を与えるか?」予想できず、いったん起きてからは対策しようがないリスクなのです。
デジタル遺品として残ったアカウントが、持ち主の死後も続けて被害を生み出し続ける「負のデジタル遺産」化してしまうリスクもあります。

放置したアカウントが引き起こすリスク

  • オンラインサービスに個人情報やID、パスワードがそのまま残っていたため、個人情報の流出事故が発生した際に、意図しない被害を受けることになる。
  • 使っていないアカウントのため、情報流出事故が発生した時の緊急通知やマスコミ報道に気が付かず、対処が遅れる。
  • 使い回していたパスワードが流出した場合、ブラックマーケットで売買されて、無関係のアカウントへの攻撃や不正利用に使われてしまうリスクが高い。
  • オンラインサービスがサービスをやめたり閉鎖した時、会員情報の削除をせず、そのまま流出に繋がる例も多い。

「ただより高いものはない」

「ただより高いものはない」のことわざの通り、無料で何かを提供してくれるサービスには無料で運営するだけの理由があります
無料サービスの収益源として一般的なのは「来訪者によって広告収入を得る(=アドセンス)」か「来訪者がクリックして購買につながった成功報酬を得る(=アフィリエイト)」となります。アドセンスとアフィリエイト自体には問題はありませんが、注意すべきは「本音では個人情報収集が目的」のサイトやオンラインサービスです。

メールアドレスだけで立派な個人情報、まして、、、

「現在使われている(活きている)メールアドレス」は立派な個人情報で売買されています

身に覚えのない迷惑メールの発生元のひとつは、ネット上で流通して迷惑メール業者に活用されている「活きてるメールアドレスリスト」に掲載されてしまっているから発生する場合が多いのです。

流出した個人情報が、いくらぐらいで売買されているか、下のサイトでご覧になってください。意外に高価なことに驚かされます。

2018年サイバー犯罪者のショッピングリスト(盗まれた個人情報の闇市場価格)
RSA AFCC(Anti-Fraud Command Center:不正対策指令センター)の調査による

あなたのメールアドレスが密かに売られ、DMや新しい攻撃の種にされている危険は高いのです。まして他の個人情報も一緒に売られてしまった波動なるでしようか?

使わないアカウントは断捨離しましょう

不必要な個人情報の提供を減らすため、年末年始のお休み期間は思い切ってアカウントを断捨離しましょう
テレビ見ながらでもできる簡単な作業です。
結果として、メールの受信トレイに不要なDMメールが減りますし、スッキリとした気分で新しい年をはじめることができますよ。

アカウントの断捨離の方法

1.DMメールから不要なサービスを見つけて退会

まずは受信メールのリストを見ていきましょう。
不要だなと思ったDMメールはその都度サイトに接続して配信停止、そしてサービス自体不要な物は退会しましょう。

2.メールを検索して不要サービスを見つける

ほとんどのオンラインサービスはメールアドレスの登録が必須となっているため、アカウント登録時には、まず間違いなくメールアドレスに登録完了メールが飛んできているはずです。
メールを以下のような単語で検索することで、簡単に登録したオンラインサービスを見つけることができます

【登録情報を検索する単語の例】
 「登録完了」
 「登録ありがとうございます」
 「ご登録のご案内」
 「登録をうけたまわりました」
 「ご登録のご案内」
 「登録手続きが完了」
 「ご登録の完了」   等など

上の単語でメール検索してみると、登録したことも忘れてしまったようなオンラインサービスがたくさん出てくるはずです。

3.メール配信を止めただけではダメ、必ず退会しましょう

目的はあくまで不要なアカウントの断捨離ですので、メールの配信を止めただけでは片手落ちです。
退会すれば個人情報も削除されるはずですので元のサービスから退会してしまいましょう

また退会せずに継続することにしたサービスは、簡単なメモに残しましょう。使っているアカウントの一覧を作ることはデジタル終活の第一歩です。

関連記事

大切なのはわかっていても誰もがメチャクチャなまま放置している「オンラインサービスのアカウント情報」。大切なデジタル遺品やデジタル遺産のアカウントは、デジタル終活の機会にさっぱりと断捨離して整理したいけど、どこから手を付けて良いのか途方に暮れ[…]

4.サービスのバスワードが不明の時は?

パスワードが不明だと言って探したりいろいろ思考する必要はありません。「パスワードがお分かりにならない時」などと記載されたパスワードリマインダーで再設定しましょう。
多くの場合、DMメールが送信されているメールアドレスを入力することでパスワードの再設定ができます。

まとめ:
アカウントの断捨離は簡単です。すっきり整理した後は、デジタル終活にもチャレンジしましょう!

誰もが「よく分からない」「大丈夫かな」と不安な気持ちで使っているアカウント。しかし思い切ってきちんと断捨離すると、すっきりして不安なく使えるようになりますよ。
アカウントは思ったよりたくさんありますが、上でご説明したように、メールを検索してみると、意外に早く作業が進みます。

断捨離が済んだら、ぜひアカウントの一覧表を作ることから、デジタル終活もはじめませんか?Digital Keeperがお手伝いしますよ!

関連記事

いよいよ当社が開発を進めてきた新サービス Digital Keeper をリリースさせていただきました。 当社創立者が長い間悩んでいた「各種クラウドサービスやアプリを自由に安全に使いながら、どうやってデジタル資産を確実に継承しよう?」との[…]

 

このブログの運営サービスが日経新聞で紹介されました

オンラインデジタル終活サービスDigital Keeperが独創的スタートアップとして日経に!

2019年12月11日付の日本経済新聞朝刊「東京・首都圏経済」面「Edgy企業」に”「情報の遺品」管理容易”と、Digital Keeperが掲載されました。
「Edgy企業」は毎回独自性の高いスタートアップ企業が取り上げられますが、当社Digital Keeperのシンプルで柔軟なスキームや「情報本体と鍵を分散して保存する多要素分散保管」が評価されました。
創立者の冨田の設立の経緯も詳しくご紹介いただいています。

日本経済新聞 電子版(有料会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53111870Z01C19A2L83000/

30日間無料お試し中!
クラウド時代のデジタル終活サポートサービス
「Digital Keeper」とは?

「独創的で、これから必要なサービス!」と日経新聞やテレビでも取り上げられたDigital Keeperは、月々390円の会費で、お手軽にデシタルキーピングやデジタル終活が開始できる新しいオンラインサービスです。
Digital Keeperでまず「大切なスマホやパソコンのデジタル終活」を5分で実現しましょう。そして「タイムリーなデジタル安全情報」「アカウントの断捨離」など情報を受け取りながら「デジタルキーピング~デジタルの安全と安心」を進めましょう。もちろん「もしもの時!」は、しっかりと終活をサポートします。

詳細は下記バナーからどうぞ!(新しいウィンドウでご覧いただけます)。
Digital Keeperバナー

プッシュ通知を
>

「デジタルキーパー社公式ブログについて」
このブログはデジタルキーパー株式会社が「デジタルの安全な使用と継承~デジタルキーピング」をテーマに、「スマホ、PCの安全な使用方」から「正しいパスワード」「不正アクセスの防ぎ方」「デジタル遺品管理などデジタル終活の方法」まで、様々なノウハウをご紹介するブログです。
さらに2019年夏「コーヒー1杯分の代金でデジタル終活支援サービス~Digital Keeper」をスタートしました。
すでに日経新聞他マスコミ各社で取り上げられた、誰にも必要なデジタルキービングをサポートするサービスです。

CTR IMG
Secured By miniOrange