fbpx

簡単・確実なアカウントの削除や整理方法とは?アカウントの放置は危険!

お部屋でアカウントの断捨離イメージ
「いつかはやらなくては!」と思ってはいても先延ばしして増え続けた「アカウントの整理」。しかしアカウントを整理しないままで放置することは「アカウントの流出」や「アカウントの乗っ取り」にもつながり非常に危険です。
その理由とアカウントの断捨離の方法についてまとめてみました。この際きちんと整理してデジタル終活の準備もしてしまいましょう。
/ins>

アカウントの放置は危険がいっぱい。今年こそ整理を!

増え続ける情報漏洩事故

まずは以下のサイトをご覧ください。2004年から「情報セキュリティ」の話題を専門に取り扱うニュースメディアSecurity NEXTの「ニュース」です。公的機関に報告されたセキュリティや情報漏えいに関わる事故をまとめています。

毎日「故意」「不注意」「不正侵入」、いろいろな原因で毎日少なくとも5件程度の事故が発生していており、多くは情報漏えい事故であることに驚かされます。

報道されてるのは一部、実態はもっと多く、アカウントは危険にさらされているはず

しかし報告内容を見てみると、公的な機関やしっかりとした会社や組織からの報告ばかりなのにも気がつきます。

報告義務を果たしている組織ばかりとは限りません。おそらく実態は、報告されない、もっと多くの事件が発生しているはずで、ここで報じられているのはほんの一部だと思われます。

アカウントを作ると言うことは、自分の名前、メールアドレス、住所のような個人情報を差し出している事と同じであり、ずさんな管理や故意の持出によって、いつどんな形で流出事件に遭遇するかも分かりません。

放置するだけで大きなリスクに繋がっている

使わないないサービスを退会しないままで放置していると、以下のような大きなリスクを抱えてしまいます。

しかもこれらのリスクは「いつ顕在化して、あなたに損害を与えるか?」予想できず、いったん起きてからは対策しようがないリスクなのです。

デジタル遺品として残ったアカウントが、持ち主の死後も続けて被害を生み出し続ける「負のデジタル遺産」化してしまうリスクもあります。

放置したアカウントが引き起こすリスク

  • オンラインサービスに個人情報やID、パスワードがそのまま残っていたため、個人情報の流出事故が発生した際に、意図しない被害を受けることになる。
  • 使っていないアカウントのため、情報流出事故が発生した時の緊急通知やマスコミ報道に気が付かず、対処が遅れる。
  • 使っていないため、いつの間にか乗っ取られて悪用されても気がつかない。
  • 使い回していたパスワードが流出した場合、ブラックマーケットで売買されて、無関係のアカウントへの攻撃や不正利用に使われてしまうリスクが高い。
  • オンラインサービスがサービスをやめたり閉鎖した時、会員情報の削除をせず、そのまま流出に繋がる例も多い。

「ただより高いものはない」

「ただより高いものはない」のことわざの通り、無料で何かを提供してくれるサービスには無料で運営するだけの理由があります

無料サービスの収益源として一般的なのは「来訪者によって広告収入を得る(=アドセンス)」か「来訪者がクリックして購買につながった成功報酬を得る(=アフィリエイト)」となります。アドセンスとアフィリエイト自体には問題はありませんが、注意すべきは「本音では個人情報収集が目的」のサイトやオンラインサービスです。

メールアドレスだけで立派な個人情報、まして、、、

「現在使われている(活きている)メールアドレス」は立派な個人情報で売買されています

身に覚えのない迷惑メールの発生元のひとつは、ネット上で流通して迷惑メール業者に活用されている「活きてるメールアドレスリスト」に掲載されてしまっているから発生する場合が多いのです。

流出した個人情報が、いくらぐらいで売買されているか、下のサイトでご覧になってください。意外に高価なことに驚かされます。

2018年サイバー犯罪者のショッピングリスト(盗まれた個人情報の闇市場価格)
RSA AFCC(Anti-Fraud Command Center:不正対策指令センター)の調査による

あなたのメールアドレスが密かに売られ、DMや新しい攻撃の種にされている危険は高いのです。まして他の個人情報も一緒に売られてしまったとしたら、考えるだけで恐ろしい事態です。

 

>>次ページ アカウントの整理や削除の方法