fbpx

「デジタル資産」に含まれるデジタル遺品やデジタル遺産とは?デジタル終活の対象はなにか?

デジタル終活の対象となる「デジタル資産」にはいろいろな種類があります。無形のアカウントから、デジタルを利用する機器まで、見落とすことがないよう、デジタル遺品とデジタル遺産に分類して整理するために、書き出してみましょう。デジタル依存が高まる現在、相続にも備えるためデジタル資産の管理は非常に重要です。

デジタル資産に含まれるもの

1    オンラインサービス各種のアカウント(ID、パスワード)

まず思いつくのがオンラインサービスのアカウントです。

これがなければ「デジタル遺産」も「デジタル遺品」も、デジタル資産にはいっさいアクセスできません。デジタル終活の最重要な対象です

IDとパスワードの組み合わせで利用者を特定(認証)するものが多いです。IDはしばしば連絡用のメールアドレスと兼ねる場合もあります。

またこの頃は「SNS認証」と呼ばれる、FacebookやTwitterのアカウントで登録できるサービスも増えてきました。SNSのアカウントがなければログインできません。

オンラインサービスのほとんどは「フリーミアム」といわれる無料サービスですが、本格的に利用したり、便利な追加機能を使おうとすると、追加オプションで有料課金サービスが発生しているのものが多いです。

また一部の課金サービスや通信サービスは利用を中止しない限り、課金が続き、自動的に代金が引き落とされて「負のデジタル資産」につながってしまいますので、必ず確認が必要です。

アカウントの種別代表的なアカウントの一例課金の有無備考
金融・証券・年金・仮想通貨,FX取引日本ネットバンク,三井住友銀行,楽天証券,ねんきんネット、仮想通貨交換所、e-Tax(電子納税)など無料キャッシュカードの暗証番号も含む
通信事業者NTT,DOCOMO,AU,Softbank, Skypeなど有料スマホのログインパスワードやネットワーク暗証番号も含む
通信プロバイダーNIFTY,So-netなど有料
総合オンラインサービスGoogle,Yahoo!,無料だが課金サービスあり
ITサービスMicrosoft,Adobe有料
ソーシャルメディアFacebook,LINE,Twitter無料
ショッピング楽天,Amazon,メルカリ,ZOZOTown無料
ゲームMIXI,バズどら,ポケモンGO無料だが課金サービスありゲームの経験値も価値が高い
各種ポイント、マイレージサービスヨドバシカメラ、BIC CAMERA,JALマイレージバンクなど無料だがポイント、マイレージは換金性がある
オンラインストレージEvernote,Dropbox、One Drive,Google Drive,BOX無料だが課金サービスあり
各種会員制オンラインサービス価格.com,クックパッド、食べログ、Radiko,AmebaTV,マンガBANG!無料だが課金サービスあり
各種IT機器PC,スマホ,デジタルレコーダーなどの利用パスワード有料、入手できなくなる場合もある機器の寿命、互換性も考慮必要

 

2    デジタルデータ

主にデジタル機器から生み出されたコンテンツです。ほんどがデジタル遺品につながる物です。

デジカメの撮影データから、スマホの写真、PCに保管しているワープロ文章、音楽ファイルまで、ありとあらゆるデジタルデータが日々増大しています。

また動画や音楽は容量も大きく使えば使うほど、保存スペースが拡大していきます。

自分の所持するデジタル機器やPCに保管されているデータだけでなく、いつの間に本体ではなく、クラウドに保管されているデータも忘れてはいけません。

コンテンツ種別データの保管場所データの内容
電子メールデータ自分のPCやスマホに保管NIFTYなどプロバイダーのメール。スマホのメール
クラウドのメールサービス上のメールデータGmailメール,Yahoo! メールなどのWEBメール
ソーシャルアカウントのデータデジタル機器の内部バックアップやダウンロードしない限り機器内にデータは存在しない
クラウド上の各サービス内Facebook,LINE,Twitter, Instagram,など
自分で作ったか入手したデジタルデータデジタル機器(PC、スマホ、デジカメ等)デジカメの写真、ワープロ文章、音楽データ他、自分が作ったデータ
クラウドの各サービス内に保管ブログ、ミニブログ、個人ホームページ

3    デジタル知的資産

これは2のデジタルデータのうち、金銭的な価値に繋がるデータ。ビジネスや学術に関わるデータ。自分の著作権や所有権を主張できるデータを指します。重要なデジタル遺産になりえる物ですが、うっかり忘れがちです。
金庫にしまっておける貴金属と違い、デジタルデータは無形のため、ついおろそかに保管しがちです。ご自身が把握できない物を継承することはできません。

形のないデジタル遺産だからこそ、きちんと保管して、機密を守っておく保管場所を確保しておく必要があります。

「創作物」「論文など重要な資料」「機密資料」「商標」「所有しているドメイン名」など

 

4    デジタル機器本体と使用に必要なアカウント

デジタルデータを再生するための機器とそのアカウント(ID・パスワード)も忘れてはいけません。

筆頭となるのがスマホ。
たくさんのデジタルデータを含むだけでなく、デジタルデータを使用する鍵にもなる大切な機器です。普段使いのPCも同じです。

注意しなければならないのは、特定の機器と紐づけられていて、機器がないと再生や閲覧ができなくなるデジタルデータについてです。

例えばテレビやレコーダーに取り付けた外付けハードディスクは、SeeQVault規格に対応したハードディスク以外は録画した元の機器に接続しないと全く再生できません。

また、現在では使われなくなってしまったビデオテープ、DATやMDといったメディアも、専用の再生機器がなければ二度と聴くことができません。

現在は普通に使われているDVDやBlu-rayといったメディアも、今後どんどんオンラインやオンデマンドのメディアが発達していくことを考えると「10年後、はたして存続しているのか?」怪しいです。VHSのビデオレコーダーが製造中止になったことを忘れてはいけません。

これらの特定の機器に依存するデジタルデータは、機器を使える状態で保管するか、将来も使えるであろう汎用的な形式やメディアにコピー/ダビングして保管する必要があります。

そうしないと将来せっかくのデジタル遺品やデジタル遺産にアクセスできなくなる可能性もあります。

デジタル機器の種別データの保管先アカウントの内容
個人のスマホ、タブレット本体内またはメモリーカード
クラウドサービス
機器のパスワード
個人のPC本体、外付けハードディスク、DVDなど各種メディア
クラウドサービス
Windows,MAC OSなどOSのIDパスワード
デジカメ、デジタルレコーダー、デジタルプレイヤー、ゲーム機本体内、クラウドサービス機器やサービスのパスワード
ハードディスクの録画は通常は「録画した機器でしか再生できない」制限がかかっています。しかし元の機器以外の機器でも再生できる特殊なハードディスク規格のSeeQVault対応ハードディスクも発売されています。詳しくは以下のリンクをご参照ください。
SeeQVault(シーキューボルト)公式サイト
http://jp.seeqvault.com/

まとめ:
身の回りのデジタル資産は意外に多いです。活用のため、ぜひ棚おろしをしましょう

すぐに気がつくもの以外にも無形のアカウントから、デジタルを利用するために必須の機器まで、実に多様なデジタル資産があることがお分かりいただけたと思います。

存在を忘れてしまったデジタル資産の中には、家族にとっては欠かすことのできないデジタル遺品、活用できる貴重なもの(デジタル遺産)も、逆に放置したままだと損害につながるもの(負のデジタル遺産)もあります。

ぜひ一度、皆さまのお持ちのデジタル資産の棚おろしをされて、ご自身がお持ちのデジタル資産を「デジタル遺品とデジタル遺産」に分けて、これからどうするかご検討なさるようお薦めします。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

当サイトは「デジタル終活」とはお年寄りの終活とは異なり、「日頃からIDやパスワードなどデジタル資産を管理し、不要な物は断捨離し、デジタルを安全に使いながら継承も準備しておく」といった一連の作業と考えています。これが完成すれば、自身も安心[…]

デジタル終活を終えて幸せそうなシニアカップル

 

「このブログより役に立って、デジタル終活もできるサービスがあるって?」

Digital Keeperバナーそれは日経新聞やテレビで「独創的でこれから必要」と取り上げられたDigital Keeper®です!
週3回「スマホの安全」「不正ログインを防ぎ方」「OSやアプリのアップデート情報」など、役立つセキュリティ情報が届き、さらに「わかっていてもやってない、スマホやアカウントのデジタル終活」も実現できるオンラインサービスです。

会費は月々わずか167円(年2000円)。1ヶ月無料で試用できます。アフターコロナにそなえ、ぜひご体験下さい。

詳しくはこちら