「JAPAN知恵袋」「ASK ME知恵袋」は偽サイト!~怪しいサブスクを誘う偽知恵袋、偽サブスク詐欺の手口と対策は?

偽「ヤフー知恵袋」に注意
グーグルの検索結果上位に偽のYahoo!知恵袋の「JAPAN知恵袋」また「ASK ME知恵袋」などが表示され、lucentfunやMuzic247、Nixxweb、MOVIEFLIXのようなストリーミングサービスに誘導されてサブスク契約してしまう被害が多発しています。
表示内容も次第に巧妙になってきていて、動画や電子書籍などのコンテンツを探しダウンロードしようとして、だまされれて契約してしまうと大変な事になります。同じ手口で東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のライプ配信の偽サイトも出現しました。
なぜこのような偽知恵袋や偽サブスクが表示されてしまうのか、その理由と対策をまとめました。

特にネットに不慣れな方が被害にあわないよう、十分にご注意ください。
/ins>

検索で上位ヒットする偽知恵袋サイトはなんだ?

検索上位に表示される、一見正しい検索結果をクリックすると、、、

この頃検索結果の中に、偽のヤフー知恵袋サイトに誘導するような、不正なサイトをしばしば目にするようになりました。

偽知恵袋サイトはいろいろな検索結果に登場しますが、「高額のストリーミングサイトに契約」させることが目的なので、「映画名」や「書籍名」でヒットするよう作られているようです。

たとえば当ブログのテーマのひとつである、「デジタル終活」に関連する「デジタル終活完全ガイド」との言葉でGoogle検索すると、日経BPの書籍「おひとりさまの親と私の終活完全ガイド」の次、4位と5位に以下のような結果が表示されます。

価格や発売日や概要も表示され、一見すると「正規の電子書籍の販売やPDF配布サイト」か?と思ってしまいます。

 ※検索する方は十分に注意して行ってください。

 

検索結果を開くとYahoo!知恵袋に似たサイト「JAPAN知恵袋」または「ASK ME知恵袋」が出現

検索結果をクリックするとしても、「Yahoo!知恵袋」に似た「JAPAN知恵袋」サイトが開きます。

タイミングによっては「ASK ME知恵袋」と表示されることもあります。

ばっと見は良くあるQ&Aサイトですが、よく見ると不自然な日本語や表現が目立ちます。

検索でヒットする「Yahoo!知恵袋」に似せた「JAPAN知恵袋」サイト

ページ内のリンクをクリックすると?

ページ内には多数のリンクや「ダウンロード」のボタンがありますが、どれをクリックしても以下の

  • 「メール」と「パスワード」を登録する画面 または
  • 「Download now(今すぐダウンロード」)

の画面が表示されます。

もしも探していた映画や電子書籍だったら「無料だし、申し込もう!」と思ってしまうかもしれません。

 

次はクレジッカード登録の画面が開く

適当なメールアドレスを入れるか「ダウンロード」のボタンクリックすると、以下のようなアカウントとクレジッカード情報を登録する画面が開きます。

以下のページでは「MUZIC247.com」という電子書籍のサイトで、会員資格は無料「$0.00」と書かれています。

しかし下の方に小さい文字で、「7日間の無料試用」と、試用後は「1ヶ月49.95ドルの会費がかかる」旨が記載されています。サイト名は「MUZIC247.com」でしたが、条件では「playzpop.com」となっている点が不審です。

詳細な会社案内や問合せ先は掲示されていませんし、何を販売しているのかも説明されていません。

この取引を完了すると、お客様はの契約条件に同意し、当社のプライバシーポリシーを読んだと見なされます この特典には、playzpop.comの 7 日間の無料お試しが含まれます。7 日が経過すると、キャンセルされるまで、playzpop.com会員資格は30日ごとに$49.95ドルで自動更新されます。 以降に使用を希望されない場合は、お試し期間の終了前にメンバーシップをキャンセルしてください。これで以降に課金されるのを防ぐことができます。

 

 

 

偽知恵袋サイト「JAPAN知恵袋」「ASK ME知恵袋」で誘導されたストリーミングサービスはどんなものか?

実在のサービスでサイトも存在した

上記の例でご紹介した「muzic247.com」はキプロス、「lucentfun.com」イギリスの組織であり、共に映画や音楽のストリーミングや電子書籍の読み放題などを提供するサブスクサービスです。

しかし1ヶ月で48.95~49.95ドルとサブスクにしては会費が高額ですし、一般的な配信サービスでは、必ずサイト上に目立つように記載されている「配信映画や音楽などの具体的なコンテンツ紹介」が全く見当たりません。

またこの動画配信サイトは元ZOZO前澤氏の「お金配り」を偽装したFacebookの偽広告でも誘導先に使われているようです。

レビューには「詐欺サイト」など苦情が多数

また海外のレビューを見ると、

  • 試用期間注意にサブスクリプションをキャンセルしても、カードに請求された。
  • 何度キャンセルしても請求が止まらないので、カード会社に依頼して支払いを停止した。

といった非難や苦情のレビューが多数見受けられます。

悪質な「お試し商法」だと断言できます。

また勧誘方法が「偽の知恵袋」を使っている事からも、とてもおすすめできるサービスとは思えません。

また他にも「geeker.com」「lilplay.com」「Nixxweb」および「tzarmedia.com」「MOVIEFLIX」といった、サービス実体のない怪しいストリーミングサービスが、同じような宣伝を多数流しています。十分にご注意ください。

不正なストリーミングサービスMOVIEFLIX

 

偽知恵袋サイト「JAPAN知恵袋」「ASK ME知恵袋」は広告収入目的の詐欺広告サイト

上記の「デジタル終活完全ガイド」で検索してヒットしたサイトのURLを調べると

http://○○.airdate.info/forumn3.php?key=デジタル 終 活 完全 ガイド

となっており、「デジタル終活完全ガイド」の検索文字列を含んでいます。

試しにこのURL文字列を当社名の「デジタルキーパー完全ガイド」に書き換えてブラウザーに入力すると、なんと!以下のように、今度は「ASK ME知恵袋」の回答として「デジタルキーパー完全ガイド」が表示されていまいました。

検索でヒットする「Yahoo!知恵袋」に似せた「ASK ME」サイト

本文はどんな題名にも合うようにシンブルに作られています。

犯人はこのシンプルな方法で、大量の偽知恵袋サイトを作り、ネット上に公開して検索にヒットさせ、ユーザーがクリックしてサブスク契約をしたアフィリエイト収入を目的にネット上に多数公開しているものと思われます。

こんなくだらない手口にだまされないよう、十分にご注意ください!

 

 

偽知恵袋サイトの被害にあわないために

偽知惠袋「JAPAN知恵袋」「ASK ME知恵袋」サイトを見てしまったが大丈夫?

上でご紹介した偽知恵袋「JAPAN知恵袋」サイトにも、クリックした先のサイトにも、不正なプログラムをインストールさせるような不正は見つかりませんでした。

クレジットカード番号やメールアドレスなどの個人情報を入力していない限りは、心配はなさそうです。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

個人情報を盗んだり、ウイルスを感染させようする詐欺メール(フィッシングメール)や詐欺SMS(スミッシング)、そして「SNSのメッセンジャーで友達から届く詐欺動画」など、あなたをだますメッセージが毎日たくさん飛んできます。変な日本語もなく[…]

 

もしも偽知惠袋「JAPAN知恵袋」「ASK ME知恵袋」を信じてクレジットカードを登録してしまった場合は?

サービスが架空ではなく存在しているため、代金を引き落としされないように至急手続が必要です。

  • サブスクリプションを解除する。
  • クレジットカード会社に連絡して、「詐欺サイトにだまされて登録してしまった旨」を説明し、カードの引き落としを停止してもらう。
ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

Withコロナでデジタルへの依存度が急速に高まった今日、ネット詐欺やサイバー犯罪に家族が巻き込まれるリスクはますます高まっています。せっかくのお休みも自宅に籠もり、ネット三昧という方も多いことでしょう。しかしネット詐欺やサイバー攻撃[…]

年末年始に気をつけたいネット詐欺やサイバー攻撃

おもわぬ被害を防ぐための対策は?

今回紹介したサイトは大丈夫でしたが、この手の詐欺サイトでは、不正なプログラムをインストールされる心配があります。

防御策としては以下の2点が大切です。

パソコン、スマホのOSやブラウザーアプリなどを常に最新版にしておく

マルウェアや不正プログラムはOS(Windows10、Android、iOS)やブラウザーのぜい弱性を探して侵入してきます。

OSやソフトウェア、アプリは常に最新版にアップデートしてください。

信頼できるセキュリティソフトを導入しておくことはとても重要

セキュリティ対策ソフトやアプリを入れておくと、不正なプログラムのアプリなどがインストールされることを確実に食い止めて削除してくれます。

Androidスマホやパソコンには必ずセキュリティソフト/アプリを導入しましょう。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

「今ではスマホもパソコンもセキュリティが強化されているのでセキュリティアプリやウイルス対策アプリは不要」との意見があります。スマホの安全性は高まっていますが、犯罪の手口も変化し高度化しており、被害をあわないためには「セキュリティアプリは必要[…]

Androidにセキュリティアプリは必要か?~弱点を強化する設定や対策とは?

 

コンテンツの購入、アプリやソフトのインストールするときは慎重に

ネット上で見つかる、「無料のコンテンツ」をや、ソフト、アプリはインストール時に密かに不正婦グラムやマルウェアを入れようとするものが多いです。

  • 無料のコンテンツには手を出さず、正規の提供元から購入する。
  • アプリは必ず公式ストアから入手する。
  • インストールする際は、「カスタム」「詳細」インストールを選択し、勝手に不正なものを入れられないように注意する。

 

 

まとめ:
偽知恵袋サイトは非常に多い、十分な注意が必要。

残念ながら「Googleで上位に表示される検索結果にも、こんな簡単な方法で偽サイトが表示されてしまう」ことが現実です。

今回はコンテンツの押し売りでしたが、偽ネット販売や偽警告など同様の手口は多数確認されています。

検索結果で上位に表示されたコンテンツはつい信じてしまいがちになりますが、少しでも不審な点があれば、購買や個人情報を提供することは控え、定評のあるサービスだけをご利用ください。

 

 

Digital Keeperお薦めのセキュリティソフト

やはりセキュリティ対策ソフトは必要です

現在のデジタル機器はセキュリティが強化され、昔のようにウイルスは簡単に感染しません。
そこで攻撃方法はユーザーをだます「フィッシング」によって、不正プログラムをインストールさせたり、偽サイトに誘導し個人情報を盗み取る手法に移行しています。

Windows10のセキュリティ機能(Windows Defender)は、ウイルスの侵入は防ぎますが、フィッシング対策はありません。

セキュリティ専門ソフトは、より強力な防御力と以下のような追加機能で、あなたとご家族の危険を確実に減らしてくれます。

  • フィッシングサイト等、ネット上の危険なコンテンツへのアクセスを止める。
  • フィッシングメールにだまされてURLをクリックしても「警告」して止める。
  • 感染しても重要な個人情報の流出や不正送金を食い止める。
  • ネット上にあなたの個人情報が流出していないか調査する。
  • お子様のネットの利用時間や不健全なサイト利用を制限する。
  • 紛失したスマホを探したり、データを削除する。
  • 外出時に使う公衆wifiをVPNを使って安全に使用する。

※iPhoneは強固な構造のためセキュリティアプリは不要とされています。Androidスマホにはセキュリティアプリは絶対に必要です。

セキュリティソフトの選び方、買い方

セキュリティソフトの選択は、価格や広告で選んではいけません!無料なアプリはかえって危険につながることもあります。

  • 世界各国で使用実績が豊富で、要求が厳しい企業向け製品にも実績のある
  • 運営会社が信頼でき、国家からの干渉がなく、個人情報やデータの秘密が守られる
  • 動作が軽く、機器使用の障害にならない
  • ご自身だけでなく、ご家族のスマートフォン、タブレットもすべてカバーできる

製品ををおすすめします。

また、タブレットやスマホまで、トータルでカバーできて「子供が無くしたスマホを探す」など家中の機器すべてをまとめてセキュリティ管理でき、費用も大幅に安くできます。

購入は、店頭販売より、ダウンロード販売の方が安く、使用環境に併せて、数や機能を選択できるため、はるかに便利です。
家庭のパソコンやスマホの数(1台~10台)や使用期間(1年~3年)にあったものをお選びください。

お奨めのセキュリティソフトは?

Digital Keeperがおすすめしているのは「ノートン(Norton)」の製品です。

ノートンは1990年から販売されている世界でも指折りのセキュリティ対策ツールです。防御力は世界各地の第三者機関のテストで常に「最上」の評価で、しかも軽量です。

またノートン セキュア VPNという、wifiを安全に使えるVPN機能が標準で含まれているのも高評価です。

ノートンストア