fbpx

今すぐFacebookに「追悼アカウント」を設定すべき理由とは?

/ins>

追悼アカウント管理人とは?

生前に追悼アカウント管理人を指名していれば、追悼アカウントのカスタマイズや管理ができるようになる

追悼アカウント管理人のできること

会員本人が生前にFacebook友達の中から「追悼アカウント管理人」を指名しておけば、本人の死後、Facebookが承認を経て、指名された人は「追悼アカウント管理人」として以下のような「追悼アカウント管理」ができるようになります。

  • 追悼アカウントの管理人として、元の会員本人アカウントとは別の「追悼タイムライン」に訃報の書き込み、プロフィール写真、カバーのデザイン変更ができる。
  • 追悼タイムラインの投稿の管理(選択、削除など)する。
  • 故人の投稿、アップロードした写真や動画、プロフィールと連絡先情報、イベント、友達リストのダウンロード
  • 故人がタグ付けされた投稿を閲覧できる人を変更する。他の利用者の投稿に付けられた故人のタグを削除する。
  • 会員の生前にFacebookの利用をしていなかった新規の友人や家族に限り、新しい友達リクエストを受け付ける。
  • 追悼アカウントの削除ができる。

追悼アカウント管理人でもできないことがある

以上のように追悼アカウント管理人を指定しておけば、個人の遺志をかなり反映させることができます。

しかし追悼アカウント管理人と言えども、Facebookの定める制約は厳しく、編集できるのはあくまで「追悼アカウントに移行して以降の内容」に限られます。例えば以下の事はできません。

  • 会員本人の元々のアカウントにログインはできない。したがってMessageの読み書きは一切できない。
  • 生前の会員本人の投稿は非公開分も含めて閲覧はできるが、削除や編集はできない

■参考:Facebookヘルプページ
  追悼アカウント管理人ができること

追悼アカウント管理人の指定だけは絶対に必要です。

「追悼アカウント管理人」さえ指定されていれば、会員死後の処理はほぼ完全にやりきることができる

追悼アカウント管理人は、会員本人の過去の投稿などを削除編集こそできませんが、追悼アカウントの円滑な管理ができるほか、思い出として貴重な会員本人のアカウントの主なデータをダウンロードすることはできます。

おそらく多くの方が希望されるのは

  • 会員本人の死後しばらくは「追悼アカウント」として存続させ、「関係者や友達の追悼の場」として活用する。
  • 何回忌かの「区切りの時」に、写真やデータを記録としてダウンロードして保管した後に、アカウントを閉鎖する。

事だと思いますが、「追悼アカウント管理人」が指定されていれば、実現できます

しかし追悼アカウント管理人は会員本人が生前に指定しておかなければ後から追加はできません。家族か信頼できる人を必ず「追悼アカウント管理人」に指定しておくことにしましょう!

投稿もコンテンツも残したくない人も、生前の指定が必ず必要!

ご自分の死後は全てのデータを削除して欲しい方は、「追悼アカウント管理人の指定」ではなく「全削除」の指定をお忘れなく。こうしておけば、Facebookが死亡判定した時点で、家族の意向に左右されることなく、すべてのデータは自動的に削除されます。

しかし、残される課題、、やはり備えが必要では?

投稿内容の編集やMessageの閲覧ができるのは、「本人のアカウント」だけです

繰り返しますが、追悼アカウントに移行されると、会員本人の過去の投稿は凍結され一切編集・削除はできません。Facebookが会員本人の意思を何より大切にしているかが分かります

しかし家族や友人からすると、故人の人生や事情、さらに本人の名誉などを考えて「削除したい投稿」もあるかもしれません。
またデジタル資産の処理をめぐって過去のMessageのやりとりを確認したいこともあるでしょう。

しかしルール上も追悼アカウントの仕組み上もこれは完全に不可能です。しかたなく投稿を全て削除してしまう遺族も多いことでしょう。

一身専属の制約を超えるには自ら備えておくしかないのか?!

最初にお話しした通り、SNSに限らずオンラインサービスのほとんどのアカウントは「一身専属」の規約で守られており、本人以外が使用することを固く禁じています。

その是非や法律論をここで議論するつもりはありませんが、個人の人生の証であるネット上の情報は「いかなる場合でも一切手が加えられない」というのはあまりに非人間的な気がします。

本人にとっても、遺族にとっても公開したくない投稿もあって当然です。人の人生で、ある時期は良かったことも後になると「消してしまいたい」事はいくらでもあるでしょう。本人にも遺族にも「消したい」「忘れてもらいたい」自由も権利もあるはずです。


また、コミュニケーションのほとんどがデジタルに移行した現在、権利や財産、思い出を守るために、どうしても確認しなければならないMessageもあるはずです

それらをすべて「規約を盾に否定する」のはあまりに不親切であり、かつ「サービスとしては著しく不十分であり、まさに欠陥だと思います

少なくとも、今のようにユーザーに一方的に不利益を押しつけるのであれば、サービスを使用する時に「ここに記載されたメッセージは家族と言えども後で読むことはできません。
大切なメッセージはコピーを残しておいてください」と記載すべき
でしょう。

 

「デジタル終活」を知るための4冊の本のおすすめ

「デジタル終活」については、当サイトでもいろいろな側面からご説明していますが、デジタル終活の必要性や、「もしデジタル終活をしていなかった、どんな被害につながるか」「法律から見たデジタル遺品」などのテーマで詳しく解説された4冊の良書をご紹介します。

特にデジタル遺品問題に長く真剣に取り組んでこられた古田雄介氏の3冊の著作は、どなたにもご一読をお薦めいたします。「スマホの中身~」と「個人サイト」の2冊をご覧になるとデジタル終活の必要性が痛感いただけるでしょう。
また北川祥一氏の「デジタル遺産の法律知識」はアカウントから仮想通貨まで幅広い内容を専門家がQ&A方式でわかりやすく解説してくれます。

まとめ:
アカウントを「デジタル終活」して信頼できる人に託しておくことができれば解決します

例えば規約上は違反となりますが、アカウント自体を本当に信頼できる人に託しておけば「削除や編集も含めて」対応を依頼するができます。
例えば、デジタルに詳しい親友に
「お前と私との長い友情に免じて、私のSNSの管理と編集を一任したい。できれば家族とも相談して面倒を見てやってくれ」
と依頼することです。
そして託された友人はご家族と相談して、あなたのIDとパスワードを使って、不要な投稿を削除し、必要なMessageを確認した上で、追悼アカウントに移行する手続をすれば、本人にとっても家族にとっても、安心できる形でFacebookを残すことができます。

こうすれば本人の記録もずっと残すことができるでしょう。

Facebookにそのまま残されている故人の痛ましいページを見るにつけ「安全な方法でご自身との意志とアカウントを後世に託す、デジタル終活」はやはり必要だと痛感しました。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

いよいよ当社が開発を進めてきた新サービス Digital Keeper ® をリリースさせていただきました。当社創立者が長い間悩んでいた「各種クラウドサービスやアプリを自由に安全に使いながら、どうやってデジタル資産を確実に継承しよう?」[…]