fbpx

スマホのデジタル終活「誰にとっても待ったなし!」の切実な理由

よほどご年配の方を除いて、誰もが「もはやスマホのない生活というのは考えられない」時代になった今日、スマホなしでは、重要情報も、かけがえのない思い出も、手が届きません。
あらためてスマホの役割と、万一の際にスマホに保管されているデジタル遺品やデジタル遺産を後世に伝える重要さを考え直して、「スマホのデジタル終活の重要性」を再認識しましょう。

今や何もかもスマホで解決する時代

今やスマホは誰にとっても「最も重要なデシタル機器」

スマホは、普及して15年も経たないのに、生活全般を支えるツールに進歩した

 

私個人の話で恐縮ですが、携帯電話をはじめて手に入れたのは1994年。山手線の内側でも通話できない場所があるような不完全な代物でした。メールはテキスト文字だけ。カメラも何も付いていません。
それでも1995年頃から爆発的に普及するようになり、生活は随分変わりました。

そして初めてのスマホは2008年のiPhone3G。発売日にはソフトバンクの孫さんが「今日はケータイがインターネットマシンになる、歴史的な記念すべき日」と高らかに宣言なさいました。

iPhoneは画面が大きくて、通話もメールも、さらには地図までも使える圧倒的な便利さは、想像以上のインパクトを与えてくれました。しかし最初のスマホは見た目は斬新でも「遅くてしばしばフリーズする」ような不完全な機器でしたから、15年も経たないうちにここまで進歩して、子供からお年寄りまで、全世界の人が自由に使いこなすまで普及するとは夢にも思いませんでした。

今では、よほどご年配の方を除いて、誰もが「もはやスマホのない生活というのは考えられない」時代になってしまいました。結果、スマホには私たちが生きてきた証のほとんどすべて、デジタル遺品やデジタル遺産が詰まっているのです。

今のスマホの果たしている役割~生活のかなりの部分がスマホに関わってきた

① コミュニケーションツールとして

音声通話こそあまり使わなくなりましたが、メール、チャット、メッセンジャーとコミュニケーションツールとしてのスマホは単に連絡手段を超えて、もはや「ネット上でのバーチャルな自分の分身」といって良い存在になりつつあります。

スマホが無いと「なにもない、不毛の砂漠の真ん中に放り出された」ような感覚に襲われてしまいます。またその記録は生きた証そののであり、デジタル遺品として最も大切な物だと言えます。

 

② ライフログ(人生そのものの記録)ツールとして

スマホは写真、動画、音声などどこでもいつでも好きな方法で記録が取れます。「誰もが動画まで自由に撮影でき、リアルタイムで全世界と共有できる!」 そんな時代は10年前までは考えもしませんでした。
さらにスマホが刻々と生み出す位置情報と、音声やメールなどのコミュニケーション情報が掛け合わされて、私たちの行動の大部分がスマホに記録されているといって間違いありません。
私たちが健在で活動している記録のほとんどがスマホにライフログ(人生の記録)として残されているのです。これも重要なデジタル遺品です。

 

③ 決済、金融など重要な情報や個人情報の金庫や鍵のツールとして

近年急速に普及してきたのが重要情報を取り扱う金庫や鍵としてのスマホの役割です。

もはやスマホさえあれば、お金を持たなくとも生活できる環境が整ってきました。
銀行や証券など金融会社との取引はスマホのアプリを介して行われることが普通となりました。スマホは本人を確認する最大の鍵となりつつ有り、指紋や顔、虹彩といった各自の身体的な特徴をキーとして本人を認証し、ネット上の重要な情報や金銭までも扱える機器となっています。
最新型の機種が出る度に、セキュリティーと利便性を両立させる「本人認証の仕組み」の完成度が高まっています。

身近に持ち歩けるスマホ以外にこのような機能を代行できる機器は今のところ存在しておらず、今後も当分の間、スマホが「大切な物を預かってくれる鍵」としての役割はますます高まると思われます。
また、後世に伝えるべき資産「デジタル遺産」の鍵としてもスマホは需要となります。

関連記事

デジタル終活は「終活」という言葉のイメージのため、とかく年配者向けと思いがちですが、デジタルへの依存が高い若者は、年配者に比べてデジタル遺品につながるデジタル資産を多数お持ちです。すでに若い方にご不幸が会った際、デジタル遺品の整理で困ってし[…]

 

万一の際に遺族がスマホ関連の手続をするのは大変

亡くなった後に、ロックされたスマホに直面した遺族の苦労は、、、

まず、旦木 瑞穂さんによる、次の非常に深刻な記事をご覧下さい。

スマホが、金融や決済の手段としての役割まで果たすようになったため、スマホにはますます厳重な管理を求められるようになってきました。
スマホの機器としても、機器本体やOSの各種セキュリティーが強化されて、他人には絶対に試用されないような防護策が講じられ、内部のデータは厳重に暗号化されて、仮に部品レベルに分解されても情報が取り出せなくなっています。

またスマホを使う契約上も厳密なルールが適応されるようになりました。
たとえばスマホの持ち主の死後、「契約を解約」したり、「継承」することは手続上は可能ですが、相続関係がわかる書類や、葬儀の案内状や死亡診断書が必要となります。

契約については、各社ともほぼ同様ですが、以下のドコモのサイトをご覧ください。

また詳細な死後のスマホの事情については、死生とデジタルがご専門のライター・古田雄介さんの記事が大変参考になります。

 

注意!スマホ会社はスマホの中の情報については何もしてくれません!

スマホのSIMカード

スマホ会社の手続はスマホの契約についてだけ。中のデータについては何もしてくれません。

ここで注意いただきたいのは、スマホ会社が手続きしてくれるのは通信の契約についてだけという事です。契約はスマホ本体ではなく、付属のSIMカードに紐付いています。
スマホに保存されている写真やデータ、パスワードなどはすべて保有者の管理物とされており、いかに重要なデジタル遺品やデジタル遺産だったとしても、スマホ会社はいっさい面倒を見てくれません

スマホのロック解除やパスワードは絶対に教えてもらえません

スマホとのロックの解除や各種のパスワードは教えてもらえません。というよりも「教えたくともスマホ会社にはそれを知る方法がない」のです。
スマホ会社が唯一データについてできることは、「初期化(データをすべて削除して購入時の状態に戻すこと)」だけです。

スマホ販売店の店頭にデータをコピーできる機械が置いてありますが、ロックが解除できて機器のパスワードがわからなければ、いっさい使えません。

スマホの契約の後始末はできても、データは引き継げません

改めて繰り返します。「ロック解除ができてパスワードがわからなければ、たとえ遺族であってもスマホは使えません」。
遺族にとっては困ったことにも思えますが、スマホの重要性を考えると当然のことです。

プライバシー保護の観点でも本人の同意し無しに、スマホのデータを他人が見ることは憲法違反です。また店頭で容易に解除できるようであれば、必ず不正使用や犯罪の温床になってしまうでしょう。

まとめ:
「スマホのデジタル終活」は、誰にとっても緊急の課題です

自分のスマホだけが残されたら、どうなるか考えましょう。

音声通話だけの時代から、金融資産の管理までスマホでできるようになった今日、「スマホが本人以外には使えない機器」になっている現実をしっかり認識し、「私のスマホが使えないと、残された人はどうするのかなあ?困るかな?」と考えて見ましょう。

・私が誰と友達だったか?どんな生活をしていたか?あらゆるコミュニケーションの記録。

・写真や私の言葉~私の生きていた証

・大切な物、貴重な物、お金など後世に伝えたいもの。

つまりデジタル遺品やデジタル遺産のすべてがスマホに入っています

消えてしまって良いのでしょうか?大切な人に伝えなくて平気ですか?

スマホのデジタル終活を当サイトと一緒に考えましょう。

 

当社の「デジタル終活サポートサービス~Digital Keeper」を、ぜひお試し下さい!

当社代表の冨田の長年の構想を元に、2019年9月11日にスタートした「オンラインデジタル終活サービスDigital Keeper」は、わずか390円の会費で、どなたでもお手軽にデシタルキーピングやデジタル終活が実行できる、新しいコンセプトのオンラインサービスです。

Digital Keeperにご入会いただきますと、当ブログにあるような「デジタルの安全にタイムリーに役に立つ情報」「デジタルキーピングの方法」などをメールマガジンでお届けしながら、会員にまさかの事態が起きたときには、しっかりと会員のデジタル終活をサポートさせていただきます。

※Digital Keeperは、多要素分散保管の考え方に基づき、アカウントやデジタル資産の本体はお客様側に保存いただき、管理情報(保管場所や鍵となるパスワードなどの情報)だけをお預かりするサービスですので、機密情報も安全に預けることができます。

今なら1ヶ月無料で全機能を自由にお使いいただけます。この機会にぜひお試し下さい。(詳細は下記バナーをクリックすると新しいウィンドウでご覧いただけます)。

Digital Keeperバナー

 

関連記事

ある日突然家族が急死してしまったら、遺族には悲しみだけでなく、大きな苦労がかかってしまいます。 その中で近年表面化してきたのが「デジタル遺品整理」の苦労。果たしてどのくらいの手間がかかるのか?シミュレーションしてみました。「どうしてデジタ[…]

デジタル遺品管理の大変さに悩む遺族
関連記事

もしもスマホがデジタル遺品として残されたとき、パスワードを知らない家族がデータを見ることができるのでしょうか?「デジタル遺品整理」「データ復旧」業者に駆け込む家族が多いのはどうしてか? デジタルデータ復旧の専門家の見解と最新事情を元に「今[…]

大切なスマホをデジタル終活しようとする女性
プッシュ通知を
>

「このブログとデジタルキーパー社」
このブログはデジタルキーパー株式会社が「デジタルの安全な使用と継承~デジタルキーピング」をテーマに、「スマホ、PCの安全な使用方」から「正しいパスワード」「不正アクセスの防ぎ方」「デジタル遺品管理などデジタル終活の方法」まで、様々なノウハウをご紹介するブログです。
さらに当社は2019年夏からは「コーヒー1杯分の代金でデジタル終活支援サービス~Digital Keeper」をリリースしました。
誰にも必要なデジタルキービングをサポートします。

CTR IMG