fbpx

サポート詐欺の偽警告にだまされない!手口と正しい対処方法

画面にマイクロソフトやマカフィーなどを名乗る「不審なアクティビティをWindowsがブロックしました」「インターネットセキュリティの警告」などの警告が出てけたたましい警告音が鳴り、「この警告を無視しないで」と問合せ電話番号が表示されることがあります。
これらはすべて「サポート詐欺」で、電話してしまうと不要なサービスへ契約させられてしまい、不慣れな方や高齢者の被害が増えています。

本物の警告では警告音や「今すぐ」とあおったり電話番号を掲示することはありません。
サポート詐欺の手口とや犯行の仕組み、見分け方、警告の消し方など対処方法をやさしくご説明します。
/ins>

サポート詐欺とは?

いきなりセキュリティ警告の画面がポップアップ、あるいは全画面に表示される

スマホやパソコンを使っている時、いきなり、セキュリティ警告のような警告表示が、画面に重ねて表示される(ポップアップ)されて、ピーピーと警告音まで流れることがあります。

特徴としては、

  • マイクロソフト(Microsoft)やマカフィー(McAfee)のような、有名ITセキュリティ会社の名称とロゴが表示されている
  • 「画面を閉じる」ボタンが見当たらず、閉じることができない。クリックもできない。
  • 次々にいろいろな画面が開いて、危険性をあおられる
  • 「至急」「○分以内」にサポートに電話するよう求められる。

マイクロソフトからの警告をよそおうサポート詐欺

パソコンのブラウザーに表示される警告詐欺

パソコンやスマホに詳しい方はすぐに見破ることができますが、不慣れな初心者や高齢者は、有名会社に偽装されたロゴを信じて本物の警告と勘違いし、テクニカルサポートに電話してしまいます。

これらは「サポート詐欺」または「テクニカルサポート(テクサポ)詐欺」と言われる古典的な偽警告詐欺で、この頃また増加しています。

何も異常はないのに、危険をあおって、言葉巧みに、高価で信頼性の低いセキュリティサービスを売りつけようとする詐欺です。

会社名やロゴは偽装ですので、決して信じてはいけません!

危機感をあおるメッセージをが表示された時は、まず「詐欺だ!」と冷静になってください。

消費者庁からも注意喚起が発表されています。

 

サポート詐欺は「サポート契約」を狙っている!

サポート詐欺の目的は、「ユーザーを不安にさせて、冷静な判断できないようにし、高額なセキュリティソフトやサポートサービスの契約をさせる」ことです。

ここで注意が必要なのは、あくまで契約の形を取っていることです。

いかにだまされた結果とは言え、ユーザーも同意して締結してしまっては、解約には手間も時間もかかります。

警告だけでは被害はないので、「犯人の手口に載せられて、うっかり契約しない」ことが、何より大切です。

 

 

サポート詐欺の具体的な犯行の手口

1.突然、いろいろな警告メッセージが表示される

多くの場合、次々と複数のウインドウが開き、いろいろな警告を重ねて表示することで、あなたを焦らせて追い込もうとします。

中には下記のように、マウスが勝手に動き回るものもあります。

※下記の例では、「ユーザー名」と「パスワード」を入れる画面でパスワード入力を要求されますが、何を入力しても画面は決して消えません。

また画面上の「更新/インストール/次へ」といった偽装ボタンを押させて不正なソフトやアプリをユーザーにインストールさせるケースもあります。

こうしてインストールされた不正なソフトやアブリが、さらに偽の警告や、偽の障害を起こして、ユーザーの不安をますますあおります。

画面上の「ボタン」やURL(リンク)は決して触れてはいけない!

警告詐欺のリアル画面

 

2.けたたましい警告音が鳴ることもある

「ブッブー」とか「ピーポーピーポー」といった警告音が鳴るケースがあります。

音を消そうとしても、「止める」ボタンはありません。

不快な音が鳴り続けるため、一層ユーザーは心理的に追い込まれてしまいます。

 

3.警告を閉じることができない

あなたを追い詰めるために、警告窓がいくつも開くうえ、ブラウザーを閉じようとしても、閉じられないことが普通です。

 

4.ユーザにサポートセンター宛と問い合わせさせようとする

表示や警告音でユーザーをあわてさせて、マイクロソフトなど有名企業をよそおうサポート電話番号に電話するようすすめられます。

またチャットの問合せをすすめられる場合もあります。

犯人は、メールや入力フォームと異なり、「電話だとだまされることはないだろう」と思い込むユーザー心理を突いて、偽のサポートセンターを用意しているのです。

警告詐欺で表示される偽のサポート電話番号「050-5809-6206」は決して電話してはいけない!

警告詐欺で表示される偽のサポート電話番号「050-5539-7732」は決して電話してはいけない!

「050-5809-6209」「050-5809-8805」「050-3196-5337」「050-5539-7732」「050-5809-9799」などはサポート詐欺で使われている電話番号ですので、十分にご注意ください。

サポートセンターへは決して電話やメールしてはいけない!

5.高額なサポート契約や不正なセキュリティソフトを勧誘される

電話をしてしまったら、サポートセンターにつながり、担当者が対応します。
サポート担当者は日本語を話す外国人がほとんどです。

言葉巧みに「今すぐ対応しないと、取り返しのつかないことになる」などと脅し、「サポートソフトのインストール」や「サポートサービスの契約」を強くすすめてきます。

しかしこのような方法で販売されるサポートサービスや、ソフトやアプリは、

  • 一般的なものよりも高価で、信頼性も低い。
  • 感染を偽装して、より高価な契約に誘導する。
  • キャンセル、退会の方法が分かりにくい

ような悪質なものがほとんどです。

IPA(情報処理推進機構)からも「パソコンがウイルスに感染している」と偽の警告画面から電話をかけさせて、高額な遠隔操作による有償サポート契約に誘導する手口について注意が出ています。

「契約を断ったら、パソコンが再起動しなくなった」

「パソコンがロックされて使えなくなった」

という被害も確認されています。

サポート契約やセキュリティソフトは決して契約しない!

「遠隔サポートサービス」は絶対に契約してはいけない!

なおサポートのためと、サポートセンターがあなたのパソコンを直接操作できる「遠隔サポートサービス」を提案されることがあります。

これはパソコンの内部が外に筒抜けとなり、相手のどんな操作も許してしまうことになるため、絶対に契約してはいけません

特に外部からパソコンを操作されてしまう「遠隔サポートサービス」は絶対に契約してはいけない!

なおいったん契約して代金を支払ってしまうと、売買契約が成立した以上、取り消しは大変で、消費者保護センターなどに相談して、辛抱強く交渉し解決を目指すしかなくなります。

よく似た「クリーナー詐欺」にも注意!

また「あなたのパソコンにウイルスが検出されました」「システムが過負荷です」「システムのクリーニングが必要です」などのポップアップ画面が表示され、システムクリーナーのようなアプリをすすめられることがあります。

マカフィー社を名乗るサポート詐欺

これも警告詐欺の一種で、広告代目当てで不要なアプリをしつこくすすめてきます。

決して相手にしないで下さい。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

Androidのスマホを使っていると「アンドロイドクリーナーのアップデートをおすすめします」とか「システムが過負荷です」「システムのクリーニング(クリーンアップ)が必要です」などのポップアップ画面が表示され、システムやメモリーのクリーナーア[…]

クリーナー広告詐欺に注意

 

その他のサポート詐欺

セキュリティ会社のトレンドマイクロより新種のサポート詐欺について注意が出されました。

勧誘ではなく、請求に見せかけたメールでサポート詐欺に問い合わせさせようとする手口です。

  1. セキュリティ会社より、見に覚えのない請求書メールが送られてくる。
  2. 不審に思いメール記載の電話番号に連絡すると、サポート詐欺へ誘導される。

 

 

サポート詐欺を見分けるポイントは?

「本物のセキュリティ警告」には感情的な「あおり表現」はない

下記の例のように、本物のセキュリティー警告では、

「具体的に脅威の内容を説明し、事実だけを伝え」ユーザーの冷静な対応と判断を求めています。

ユーザーを脅したり、「至急」「○○秒以内」のようにあわてさせるような感情的な表現はありません。

また電話番号を掲載するような営業的な要素や誘導は一切ありません。

※万一の際に備えて、自分がインストールしているセキュリティソフトやアプリの名称は覚えておきましょう。

警告詐欺でない、本物の警告例

 

サポート詐欺の表示は不自然に不安をあおり、あわてさせる

それに比べて、サポート詐欺のメッセージは、すぐに次の動作にあなたを引き込もうと、露骨に感情的な広告です。

  • 次々にマイクロソフトなどの実在会社のロゴを使った画面を開き、切迫感を与えてユーザーの冷静な判断力を奪う
  • 「今すぐ」とか「制限時間」を表示し、ユーザーに「すぐに次の行動するよう」求める。
  • 「まず問い合わせ」させようと電話番号などの問合せ先を目立つように見せる

上記の本物のセキュリティソフトからのメッセージと比べると、ゴテゴテしていて不自然さが感じられます。

 

ユーザーを追い込もうとするサポート詐欺の偽警告画面

 

サポート詐欺の消し方は?対策は?

表示されただけでは被害はない。あわてずに冷静に対処しよう

昔と異なり、サポート詐欺などの詐欺画面が表示されただけでスマホやパソコンに不正なものが入り込むことはありません。

画面の消し方が分からないので、あわててしまいますが、画面はただ表示されているだけで実害はありません。

あわてずに以下の「画面の消し方」など対処方法を行ってください。

1.ブラウザを閉じる

ほとんどの場合、不正なサイトは表示されているだけですので、ChromeやSafariなどPCスマホのブラウザーを閉じればサポート詐欺は消えてしまいます。

ブラウザーが閉じないときは、Windows 10の場合は、「[Ctrl]+[Shift]+[Esc]キーを押す」などの方法でタスクタスクマネージャーを起動し、Chromeやedgeなど警告が止まらないブラウザーを選択して、終了してください。

2.再起動する

パソコンもスマホも再起動は不具合を修正するための基本的な操作です。

警告詐欺の表示が消えない場合は、再起動を試みましょう。

どうしても再起動できない場合は「電源ボタンを3~4秒以上長押し」すると、電源を落とすことができます。

3.ブラウザーの通知機能を確認する。

サポート詐欺の中には、ブラウザーの「PUSH通知」に自らを勝手に登録し、ブラウザー経由で不正な広告を表示させるものもあります

ブラウザーの「設定」から、不正な広告サイトの通知を受け取らないような作業が必要です。

簡単にできますので、あわてず対処してください。

詳しくは以下の当プログ記事をご覧ください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

Androidスマホやパソコンの使用中「ウイルスに感染している可能性があります」「マカフィー(McAfee)の警告」などのしつこい警告のブッシュ通知やポップアップ、デスクトップ通知に悩まされている方。それはブラウザーのWEBプッシュ通知を悪[…]

プッシュ通知を消す方法

4.ブラウザーのキャッシュを削除する

ブラウザーはサイトの読込時間を短くするために、読み込んだサイトのデータを一時的に保存し、再度同じサイトを訪問したときには保存したデータを優先して読み込むようになっています。

この保存されたデータをキャッシュといいます。

もしも上記の対策を試したあとも、同じサポート詐欺の画面が表示されて消えない場合は、1度表示されたサポート詐欺のデータキャッシュがブラウザー内に残っているからかもしれません。

お使いのブラウザーのキャッシュを削除しましょう!

■GoogleのChromeのキャッシュを削除する方法(PC、スマホ)・・Googleのヘルプ「キャッシュと Cookie の消去」

■AppleのSafariのキャッシュを削除する方法・・Appleのヘルプ「iPhone、iPad、iPod touch で Safari から閲覧履歴と Cookie を消去する」

 

もしもクリックして何かダウンロードして入れてしまった時は!?

マルウェアか不正ソフト/アプリをインストールされてしまった可能性があります!!

至急以下のような無料で使える大手の定評あるセキュリティ対策ソフトを導入して対応しましょう。

※どの製品も30日程度の無料試用ができますので、試用版を入れて不正なアプリやマルウェアがインストールされていないかスキャンして調査・駆除してください。

※セキュリティ対策ソフトはあなたを守ります。無料試用後も引き続きお使いになるよう強くお薦めします

また同時にスマホのキャリア決済やクレジットカードの利用履歴などを不正利用されていないかも調べてください。不審な場合はすぐに発行元に届け出て取引を停止してもらいましょう

 

 

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

Androidスマホやパソコンの使用中「ウイルスに感染している可能性があります」「マカフィー(McAfee)の警告」などのしつこい警告のブッシュ通知やポップアップ、デスクトップ通知に悩まされている方。それはブラウザーのWEBプッシュ通知を悪[…]

プッシュ通知を消す方法

 

詳しい対応方法が解説されているサイト

詳しくは以下のIPA(独立行政法人情報処理推進機構)様のサイト

「スマートフォンで  偽のセキュリティ警告からアプリのインストールへ誘導する手口に注意~ 意図せずアプリの自動継続課金の契約をしていないか、確認を 」

をご覧ください。具体的なサポート詐欺の画面や、「詐欺画面の消し方」などの対応方法が詳しく記載されています。

 

 

サポート詐欺を見分けるポイントは?

「本物のセキュリティ警告」には感情的な「あおり表現」はない

下記の例のように、本物のセキュリティー警告には、

「具体的に脅威の内容を説明し、事実だけを伝え」

ユーザーの冷静な対応と判断を求めています。

ユーザーを脅したり、「至急」「○○秒以内」「今すぐ電話を」といったユーザーを感情的にあわてさせるような感情的な表現はありません。

※万一の際に備えて、自分がインストールしているセキュリティソフトやアプリの名称は覚えておきましょう。

警告詐欺でない、本物の警告例

 

 

サポート詐欺はどうして表示されるのか?その仕組みは?

今では広告配信の仕組みを悪用して詐欺メッセージが表示される。

サポート詐欺は「サイトに表示される広告」を悪用して表示されます

皆さんがサイトやプログを訪問すると、さまざまな広告が表示されます。

ほとんどの広告は固定されたものでなく、訪問者の趣味や嗜好にあわせてふさわしいと思われるものが配信されます。

サポート詐欺や警告詐欺の犯人は、この配信される広告に不正なものを紛れ込ませ、ユーザーを不正なページに転送させるような細工をしています

もちろん広告配信会社もサイト側も対策は進めていますが、広告があまりに多く、犯人側も偽装して簡単にばれないようにしているため、完全に防ぐことができていません

また他にも、「使われずに放置されているサイトの情報(DNS設定)を悪用する、サブドメインテイクオーバー」という手口や、検索結果に表示される偽の検索結果を悪用するものもあります。

この手口を使われると、検索の上の方に出てくる有名な企業サイトのURLに不正な広告が表示されてしまうこと(SEOポイズニング)すら起きてしまいます。

どちらの方法でも、アクセスしたユーザー側は何も落ち度がなくても、偽サイトが表示されてしまうのです

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

グーグルの検索結果上位に偽のYahoo!知恵袋の「JAPAN知恵袋」また「ASK ME知恵袋」などが表示され、lucentfunやMuzic247、Nixxweb、MOVIEFLIXのようなストリーミングサービスに誘導されてサブスク契約して[…]

偽「ヤフー知恵袋」に注意

 

サポート詐欺に似た詐欺の手口は?

政府や警察をかたる警告詐欺「ポリスランサム」

海外で広まっているため、これから広まると予想される新しい警告詐欺として、「ポリスランサム」という「警察や政府機関をかたった」詐欺手法をご説明します

ポリスランサムの手口

アダルトサイトなど見ていると、突然サイレン音の警告音が鳴り「あなたが見ているサイトは違法だ。罰金を支払え」と脅迫し、下記のサイトのように公的機関を装って、ituneカードのような金券やクレジッカードの引き落としに誘導します。

 

ポリスランサムの画面    ■画像:トレンドマイクロ社様のサイト(https://blog.trendmicro.co.jp/archives/22425)より引用

冷静に考えると「警察がその場でカード決済で罰金支払い」「電子マネーで罰金支払」などあり得ない事ですが、サイトのデザインや掲示がもっともらしくできているため、引っかかってしまう人もいるのでしょう。

ポリスランサムは、海外ではポビュラーな詐欺となっていますが、表示の言語やロゴを変えて多国籍化が進められていて、日本向けの攻撃も準備されています。

詳しくは以下のトレンドマイクロ社のサイトをご覧ください。

 

喜ばせてだます「当選詐欺」

サイトを見ていると突然「おめでとうございます。iPhoneが当たりました!」との通知を出して個人情報を盗み取る「当選詐欺」も同じ手口の詐欺です。

両者は「契約狙いのサポート詐欺」と「個人情報狙いの当選詐欺」と目的こそ異なりますが、手法や手口には共通点が多いため、併せてしっかりとご理解ください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

ネットをしていると「iPhoneが当選しました」「おめでとうございます」「ラッキービジターです」のような画面が出てアンケートが表示され「アンケートに答えて最新型のiPhoneを獲得」とあおられることがあります。日本郵便や「NTTdocomo[…]

「スマホが当たった!」当選詐欺の仕組みや手口、対処方法は?
ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

iPhoneのブラウザを乗っ取って「ハッカーに追跡されています」「ハッキングされている可能性があります」などの偽警告を出す不正広告詐欺が多発しています。結論から言うと、iPhoneではiOSの厳重なセキュリティのおかげで、大きな危険はあ[…]

iPhoneの偽警告詐欺「あなたのiPhoneはハッキングされています」に注意

 

 

サポート詐欺を防ぐには?

今のパソコンやスマホは簡単に不正侵入されることはない。

サポート詐欺への対処の心構えは「オレオレ詐欺(特殊詐欺)」の電話を受けたときと同じです。

まず冷静になりましょう!

現在のパソコンやスマホはセキュリティが強化されているため、ユーザーがだまされて「不正な行動を自ら取らない限り」ウイルスに感染することはありません。

したがって、「何もしていないのに、いきなり危険と警告してくるのは詐欺」として対処しましょう!

画面の警告はいったん無視して、

  1. 「警告の文面・内容」や、「インストールを求められたアプリ名」などで検索する。
  2. すぐに「それは詐欺です」という記事がヒットし、警告を解除する方法も見つかるはず。
  3. 解除したら信頼できるセキュリティソフトを導入して、スマホ・パソコンを完全にスキャンして安全を確認する。

のが利口な対応方法です。

必ずセキュリティ対策ソフト/アプリを導入しましょう

定評あるセキュリティソフトやアプリは、

  • 詐欺の表示を止める
  • 警告画面から詐欺サイトへ誘導されることを防ぐ
  • 万一不正ソフトやアプリをインストールされたときに除去する

などの優れた安全対策を進めてくれます。

必ずインストールするようおすすめします。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

「デジタル遺品やデジタル遺産の継承~デジタル終活」のために「パスワードマネージャー(パスワード管理ツール)などアプリやサービスを使いたいが、いろんなサービスがありすぎで、選択に迷ってしまう」という方のため、「アプリやオンラインサービスを選ぶ[…]

デジタル終活のためにアプリやサービスを使いたいが、いろんなサービスがありすぎで選択に迷ってしまう

 

まとめ:
サポート詐欺は冷静に対応すれば、何の心配もいらない

ご説明のとおり、サポート詐欺は、表示されたとしてもなにも被害はありません。

被害が生じるのはユーザーがあわてて、不正な表示を信じ「問い合わせて、不正なサポートサービスを契約する」「あやしいソフト/アプリを入れる」「個人情報を提供する」といった不用意な行動を取ってしまったときだけです。

突然警告が表示されても決してあわてず「どうせ詐欺だな」と冷静に対応しましょう。

詐欺と気がつかず信じてしまいがちなシニア・高齢者の皆さんにぜひお伝えください。

ブログ内の関連記事(新しいウィンドウで開きます)

家にこもってスマホやパソコンを使う時間が増えましたが、その「隙を狙おうとするネット詐欺」も激増しています。特にネットに不慣れなシニア、高齢者の皆さんは大きなリスクにさらされます。シニア・高齢者の皆様が直面しがちな、いろいろな[…]

ネット犯罪に巻き込まれて驚くsenior・中高年のイメージ

 

Digital Keeperお薦めのセキュリティソフト

やはりセキュリティ専門ソフトは必要です

現在のデジタル機器はセキュリティが強化され、昔のようにウイルスには簡単に感染させることができなくなりました。

そこで攻撃方法はユーザーをだます「フィッシング」によって、不正プログラムを感染させたり、偽サイトで個人情報を盗み取る手法に移行しています。

Windows10のセキュリティ機能(Windows Defender)は、ウイルスの侵入は防ぎますが、フィッシング対策はありません。

セキュリティ専門ソフトは、より強力な防御力と以下のような追加機能で、あなたとご家族がだまされてしまうリスクも低減し、万一の時も、被害低減してくれます。

  • フィッシングサイト等、ネット上の危険なコンテンツへのアクセスを止める。
  • フィッシングメールにだまされてうっかりURLをクリックしても「警告」して止める。
  • 仮に感染しても重要な個人情報の流出や不正送金を食い止める。
  • ネット上にあなたの個人情報が流出していないか調査する。
  • お子様のネットの利用時間や不健全なサイト利用を制限する。
  • 紛失したスマホを探したり、データを削除する。
  • 外出時に使う公衆wifiをVPNを使って安全に使用する。

といった機能です。

※iPhoneは強固な構造のためセキュリティアプリは不要とされています。Androidスマホにはセキュリティアプリは絶対に必要です。

セキュリティソフトの選び方、買い方

セキュリティソフトの選択は、価格や広告で選んではいけません!まして無料なアプリはかえって危険につながることもあります。

  • 世界各国で使用実績が豊富で、要求が厳しい企業向け製品にも実績のある
  • 運営会社が信頼でき、国家からの干渉がなく、個人情報やデータの秘密が守られる
  • 動作が軽く、機器使用の障害にならない
  • ご自身だけでなく、ご家族のスマートフォン、タブレットもすべてカバーできる

製品ををおすすめします。

また、タブレットやスマホまで、トータルでカバーできる製品では「子供が紛失したスマホを探し出す」事など家中の機器をもれなく一括してセキュリティ管理でき、個別に揃えるより費用も大幅に安くなります。

購入に当たっては、店頭販売のパッケージ版より、ダウンロード販売の方が価格が安く、使用環境に併せて、使用機器の数や機能を選択できるため、はるかに便利です。
家庭のパソコンやスマホの数(1台~10台)や使用期間(1年~3年)にあったものをお選びください。

お奨めのセキュリティソフトは?

Digital Keeperが社内でも使用し、おすすめしているのは「Kaspersky」の製品です。

世界でも指折りのセキュリティ技術の先進国ロシア発祥のセキュリティ会社ですが、今では国家からの干渉を避けるため、本拠をスイスに移し、世界各国の開発拠点で活動しています。

もっとも大切な防御力は世界各地の第三者機関のテストで常に「最上」の評価を受けるなど間違いなくNo.1です。

また付属する機能も豊富で「これだけ入れておけば他のセキュリティ製品は不要」なほどですが、それでいて動作も重くないのがすばらしいです。

下記のバナーから無料の30日間体験版がダウンロードできますので、使ってみて性能を実感してみてください。